異種材料接着 電子レポート

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/12更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


お申込は下記ボタンをクリック

樹脂モールド構造における
異種材料との接着界面強度評価


著者

株式会社日立製作所 日立研究所 主任研究員 博士(工学) 山崎 美稀 先生

株式会社日立製作所 日立研究所 主幹研究員 岩崎 富生 先生

発刊・体裁・価格

発刊  2013年2月27日  定価  5,000円 + 税
体裁  A4判変 34ページ オールカラー
※書籍 または PDF(CD-ROM)版を送付(申込時にご選択下さい)
※本品はレターパックライト(日本郵便)による発送となります。
※原則、お申込翌営業日の投函となります。到着まで数日かかりますのでご了承下さい。

ISBN 978-4-86502-009-0(書籍)
ISBN 978-4-86502-010-6(PDF)

※複写・配布、無断転載は固くお断り致します。

本書のポイント

電力機器で大きな役割を持つ樹脂モールド構造、その安定性・信頼性向上の要となる、樹脂と異種材料(金属・セラミック)との接着界面の強度を如何に評価するか、そのポイントに迫る1冊。

●樹脂/金属
 …はく離試験方法、金属表面粗さ測定、金属表面の有効表面積の算出、表面粗さと最大せん断力の関係、表面粗さと最大摩擦力の関係
 …分子動力学法による、界面固有の接着強度の定性的な予測

●樹脂/セラミック
 …セラミックスと樹脂間のせん断強度、クラックやはく離の発生を防止するための界面接着強度の向上、界面処理の有効性と界面処理後の界面構造、分子動力学法によるナノスケールの観点からの界面接着強度の定性的な予測

目次


→掲載見本

1. 金属表面粗さの変動を考慮した界面接着強度の評価
1.1 試験体の形状および実験方法
1.2 金属表面粗さ測定と金属表面の有効表面積
1.3 樹脂モールド構造のはく離試験
1.4 表面粗さと最大せん断力との関係
1.5 表面粗さと最大摩擦力との関係

2. 分子動力学法による界面接着強度の評価
2.1 分子動力学法による界面結合のモデリング
2.2 界面破壊エネルギーと接着係数との比較

3. セラミックスと樹脂の界面強度の評価
3.1 せん断力の測定結果
3.2 セラミックス表面の界面処理による内部界面構造
3.3 分子動力学法による接着特性評価
3.4 界面処理後の接着強度

番号:BC130204

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.