加速試験 研修

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/12更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  



各種加速試験の特徴を押さえ、自社製品に活かす!

加速試験の考え方と国際標準化動向

講義の全スライドPDFデータ付き

演者

富士ゼロックスアドバンストテクノロジー(株)
  品質保証&安全環境評価部 部長 原田 文明 氏

発刊・体裁・価格

発刊  2013年5月2日  定価  19,000円 + 税
形式  CD-ROM 1枚、約95分 79スライド(PDFデータ付き)
媒体 電子学習ソフト 媒体特長はこちら→

※動作環境

1.動作環境・使用方法こちらのPDFを参照下さい。→

2.サンプルファイル:圧縮ファイルを下記リンクよりダウンロード下さい。(5分間)

 BE130503.zip(24.2M)

 ※使用方法については 1.のPDF内(サンプル版の起動方法)を参照下さい。
  (index MS-DOSバッチファイル→プラグインインストール(初回のみ)→タイトルクリック)
 ※OS環境、セキュリティー環境等により正常に動作しないことがございます。
  ご購入前にサンプルより動作確認をして下さい。
 ※容量が多いため、CD起動後、初回は解凍に数分要しますのでご注意下さい。


ポイント

□加速試験・信頼性試験の考え方と寿命予測‐耐用寿命と故障率考察‐
□具体的な加速の方法とは?
□加速試験の方法を決める具体的な7つの手順
□故障メカニズムに対応した加速試験
□サンプル数の決め方・考え方
□加速係数の算出の仕方
□各種加速試験の種類と特徴・加速試験のストレス増加法
 (定ストレス/ステップストレス法等)
□代表的な故障モデル‐式の算出例やその意味の詳細解説‐
-アレニウスモデル・アイリングモデル・Coffin Manson・累積損傷則・Power Low モデル等-
□HALT試験の条件例
□部品/機器の加速試験―進め方・部品と機器の違い・特徴・ポイント―
□加速試験の国際標準化動向とは?
□加速試験の設備は?
   加速試験の失敗要因と成功のためのポイントは?
   再加速試験の方法と判断基準・次ステップへの進み方は?
   等よくある質問とその回答・考察スライド付き!

★印刷可能な講義の全スライドPDFデータ付!
★どんな内容?⇒約5分間のサンプルを是非ご覧ください!

目次

・品質と信頼性

・品質保証と故障

・信頼性の要素

・不良品と故障の違い

・品質の劣化と不良率

・信頼性の基礎故障率と寿命

・考慮すべき故障パターン

・信頼性の特徴

・信頼性は何を扱う

・信頼性設計

・信頼性をどう作るか

・故障とは

・信頼性アセスメントと試験・評価の役割

・試験による主なアセスメント手法

・信頼性の評価と試験

・信頼性試験の種類

・サンプル数の決め方

・設計変更のコストと自由度

・設計フェーズと対応費用

・加速試験が必要とされる背景

・加速試験への期待と誤解

・加速試験

・加速試験の条件

・故障に至るメカニズムへの注目

・故障に関する知識ベースの整備

・加速試験の注意点

・加速試験の準備

・故障となる経過

・設計余裕の確保 ストレス強度モデル

・加速試験方法の決定に向けて

・加速試験の一般的な方法

・2つの加速試験

・加速試験による2つの改善プロセス

・加速の方法

・定型試験と非定型試験

・代表的な加速試験の例

・定型試験のメリットと注意

・代表的な定型試験

・定ストレスとステップストレス

・ステップストレス試験の考え方

・故障モデル

・故障物理モデル

・代表的なモデル

・信頼度予測 アレニウスモデル

・代表的な故障モデル アレニウスモデル

・アレニウスモデルの例

・アレニウスモデルと活性化エネルギー

・参考LSIの活性化エネルギー例

・代表的な故障モデル アイリングモデル

・代表的な故障モデル Coffin Manson

・代表的な故障モデル累積損傷則

・代表的な故障モデルPower Low モデル

・ステップストレスのモデル

・故障メカニズムに着目した加速

・HALTによる確認の範囲

・HALT条件の例

・HALTによる改善サイクル

・質的な加速試験での注意

・加速試験の限界

・部品の信頼性と機器の信頼性の違い

・部品・機器の加速試験の役割

・機器の信頼性試験

・機器の信頼性試験の特徴と注意点

・部品の加速試験

・部品の加速試験の展開

・部品の加速試験の注意点

・部品の加速試験のための支援情報

・Dependabilityの国際標準化

・TC 56 の規格構成

・IEC62506

・IEC62509の構成

・IEC62509の概要

・審議の動向

・効率的な加速試験のために

・推進上の注意点

・質問から

番号:BE130503

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.