セミナー,ポカミス,ヒューマンエラー,製造業,工場,人工知能,ai

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/12更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー,ポカミス,ヒューマンエラー,製造業,工場,人工知能,ai

★人がやる事である以上ポカミスは無くならない・・・と諦めていませんか?
★本講座では、まずポカミス要因と対策を解き明かし、それを基にした標準や作業環境の構築、教育の仕組み作りと運用、人工知能との連携、モラルアップや監督者育成など。あくまで“ゼロ”にする為のアプローチを徹底解説!
★長年の現場コンサル経験を基に作り上げた、これからの時代のポカミス対策を学びましょう!

ポカミスはゼロにできる!

26の要因、15の対策、モラルアップ、AIの活用で実現する

ポカミスゼロ

講師

株式会社ロンド・アプリウェアサービス 代表取締役社長 中崎 勝 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 1981年 慶應義塾大学・工学部卒業
     同日 株式会社ブリヂストン入社
 1987年 日本デジタルイクイップメント株式会社入社
 1992年 株式会社ロンド・アプリウェアサービス 代表取締役社長
現在に至る。

■ご専門および得意な分野・研究:
 Zero-Defect/ロスコストマネジメント/SCM/IT(IoT/AI)コンサルティング/現場改善(作業改善/設備改善/不良改善)/物流改善(2S)/モラルマネジメント

■本テーマ関連書籍・雑誌:
(書籍)
 ・やりたくなる5S新書(2016年2月24日)
 ・ポカミス「ゼロ」徹底対策ガイド(2018年3月20日)
 ・これから始める!生産現場のIoT(2018年8月31日)

(雑誌)
 ・工場管理 2016年2月、4月、5月、6月、7月(ものづくりIoT)連載
 ・2017年4月臨時増刊号(品質管理とIoT)執筆
 ・2017年9月(はじめてのものづくりAI)特集

 ※上記は全て日刊工業新聞社

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2018年12月11日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階 第4講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

◆受講者特典:講師著書を進呈!
 「ポカミス「ゼロ」徹底対策ガイド モラルアップとAIですぐできる、すぐ変わる」(中崎 勝 著・日刊工業新聞・2018/3)を無料で差し上げます。本書はセミナー中にサブテキストとしても使用します。

■はじめに:
 ものづくり現場において「ポカミス」は永遠のテーマです。誰もが「ゼロ」にできない、とあきらめているポカミスを要因と対策を定義し、作業者のモラルを上げ、最終的にAIを活用することでゼロにします。
 本ツールは、講師が27年間のコンサルティングの経験(実際の成功事例、失敗事例)から導き出した経験則を更に現場で磨き上げたものです。本ツールを使うことで必ずポカミスはゼロになります。

■ご講演中のキーワード:
 ・ポカミスの要因は26、ポカミスの対策は15
 ・ポカミスの80%はNG/OKシートでなくなる
 ・ルールを守らないことによるポカミスは、新たな教育・訓練のしくみで解決できる
 ・うっかりは人の性。4つの疲労、ストレス対策で極限(0.5%)まで減らせる
 ・検査ミス、入力ミス、判断ミスは、AIの活用でゼロ(極小)にできる

■受講対象者:
 ・ポカミスがゼロにならないと悩んでいる方
 ・ポカミスをゼロにする方法論を体系的に学びたい方
 ・部下がルールを守らないと悩んでいる方
 ・ポカミスに対してAIの活用を知りたい方
 ・新人教育したい方

■必要な予備知識:
 特にございません。

■本セミナーで習得できること(一例):
 ・ポカミスを確実に効率的にゼロにする方法
 ・標準の作り方、整備の仕方、ビデオ標準の作り方
 ・新しい教育・訓練のしくみの構築と運用法
 ・現場作業者のモラルを上げる方法
 ・これからの監督者のあるべき姿と育成法

セミナー内容

1.ポカミスゼロへのアプローチ
 1-1 基本的な考え方
  ・ポカミスの特徴となくならない理由
  ・26の要因と15の対策
  ・ポカミスゼロへのアプローチ
 1-2 具体的な進め方
  ステップ−1:ポカミス教育
       2:ポカミス対策における整理・整頓の意味
       3:標準を作る→整備する→ビデオ化する
       4:これからの時代にふさわしい新たな教育・訓練のしくみづくり
       5:NG/OKシートで初期ポカミスの80%をなくす
       6:作業者思いのうっかり対策
       7:AIの活用により検査ミス、入力ミス、判断ミスをゼロにする
 1-3 ポカミスゼロで理想の職場を実現する

2.実践2Sへのアプローチ
 2-1 2Sでポカミスの遠因を対策する
 2-2 2Sを短時間で効果的に実践する:更地化
 2-3 変化に対応できるしくみづくり

3.標準整備へのアプローチ
 3-1 標準の実態
 3-2 標準を改善する
 3-3 標準整備の7ステップ

4.ビデオ標準作成へのアプローチ
 4-1 教育・訓練の実態:新たな教育・訓練のしくみづくりの必要性
 4-2 ビデオ標準で標準遵守、多能工化、技能伝承をスピーディーかつ確実に
 4-3 ビデオ標準作成の7つのポイント
 4-4 ビデオ標準による教育・訓練の運用ポイント

5.モラルアップへのアプローチ
 5-1 モラルとは、実態:日本人は意外と低いという事実
 5-2 モラルアップの5原則、モラルを上げるには(動機付け)
 5-3 やる気にさせる8つの施策
 5-4 尊敬される上司になる
 5-5 人は環境の生き物

<質疑応答・個別質問・講師との名刺交換>

セミナー番号:AC181213

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.