セミナー 陸上養殖 閉鎖循環式陸上養殖 循環飼育 システム 水質浄化

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/12更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー 陸上養殖 閉鎖循環式陸上養殖 循環飼育 システム 水質浄化

※都合により会場が変更となりました。詳しくは下記にてご確認下さい(2018/12/3)。

★これから陸上養殖に参入したい方から、すでに参入しているが改善・レベルアップを図りたい方まで!
★陸上養殖の最新動向から、アンモニア等の処理・濾過・疾病防除・酸素供給など養殖システムの解説、様々な魚種の飼育事例と飼育メリット、実務での注意点など。知っておくべき知識を包括的に解説!

<飼育現場の担当者が語る>

循環式陸上養殖の基礎と飼育事例

講師

国立研究開発法人水産研究・教育機構
瀬戸内海区水産研究所 資源生産部養殖生産グループ(屋島庁舎) 主任研究員
森田 哲男 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 平成7年度旧(社)日本栽培漁業協会入社、本部勤務を経て、小浜事業場(福井県小浜市)に配属。主に、ヒラメの省力型種苗生産手法である「ほっとけ飼育」の技術開発や技術普及、冷水性甲殻類の種苗生産、餌料培養等に従事。平成15年に組織解散で退職、同年、旧水産総合研究センター(現、水産研究・教育機構)に採用。水産庁栽培養殖課出向を経て、平成21年度に現職の屋島庁舎に配属。主に循環式飼育に関する研究に従事。新規養殖種として有望なキジハタやクエなどを研究対象魚種としている。

■ご専門および得意な分野・研究:
 ・魚類・甲殻類の種苗生産
 ・ほっとけ飼育や閉鎖循環飼育に代表される省力型飼育・止水飼育に関わる研究

■本テーマ関連学協会でのご活動:
 水産学会や関連会議、学会誌、都道府県の勉強会等で多数成果公表しているほか、水産研究・教育機構主催の成果発表会や栽培漁業関連の研修会等でも講演。一般企業家や陸上養殖従事者向けには陸上養殖をテーマに、ジャパンインターナショナルシーフードショー、アグリビジネス創出フェア、科学技術振興機構(JST)、瀬戸内海研究フォーラムなどで講演を行い、情報提供している。
 また業界紙等における陸上養殖の連載などを通じて、研究成果の普及を行っているほか、都道府県の閉鎖循環飼育関連委員として施設設計等の助言を行っている。昨年3月、循環式陸上養殖(共著)の書籍を出版(緑書房)。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

 ※都合により会場が変更となりました(2018/12/3)。

●日時 2018年12月18日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階 研修室[神奈川・川崎]川崎市産業振興会館9階第3研修室 
→「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 魚介類飼育における基礎や留意事項、陸上養殖の特徴や注意点、水質浄化、システム設計の基本的な考え方、飼育事例、販売などこれから起業する方や飼育初心者の視点で陸上養殖について解説します。
 異分野から陸上養殖に新規参入される方は不安が大きく、経験者にとっての常識もなかなか理解できないものです。そのような些細な疑問にも飼育現場の担当者としてアドバイスできればと考えています。

■受講対象者:
 ・陸上養殖参入に向けた情報収集や企画等を行っている方、
  または陸上養殖を開始したがシステム設計の基礎を学んでより省力化や省コスト化をお考えの方。
 ・陸上養殖で水質浄化や飼育方法に問題がありお困りの方、新しい対象種を模索されている方。
 ・水族館での飼育、ペットショップでの飼育など
  取水環境に制限があるため循環飼育を検討されている方。
 ・循環飼育による餌料培養や種苗生産・中間育成にご興味のある研究者や技術者。
 ・低塩分飼育にご興味のある方。
 ・育種など貴重な遺伝子資源を守るため閉鎖循環飼育を取り入れたい研究者。
 ・その他、本テーマにご興味がある方なら、どなたでも受講可能です。

■必要な予備知識:
 ・テーマにご興味のある方なら、特に知識は必要ありません。
 ・魚の飼育をされたことがない方でも大丈夫です。

■本セミナーで習得できること(一例):
 魚介類飼育の基礎、陸上養殖の基礎と利点、システム設計の考え方。現場担当者向けの技術的解説を中心としたセミナーです。

セミナー内容

【第1部 システム設計における基礎】
 飼育水槽の洗浄方法や殺菌、ろ材の熟成方法まで飼育技術を習得したい現場担当者向けの内容です。

1.循環飼育の特徴
 1)なぜ循環飼育(陸上養殖なのか)
  ・世界、日本における養殖の推移を紹介
  ・今後の養殖はどのようになるか解説
  ・循環飼育の導入にいたる背景を解説
 2)循環飼育と流水飼育の違い、循環飼育のメリットやデメリット
  ・循環飼育と流水飼育の違いを解説
  ・半循環飼育と閉鎖循環飼育(完全循環)の特徴を解説
  ・半循環飼育と閉鎖循環飼育のメリット・デメリットを簡単に解説
  ・立地条件について紹介
 3)基本システムを紹介
  ・システム開発の歴史
  ・循環飼育の基本的なシステムを紹介

2.システムの基礎
 1)循環飼育における物理ろ過方法
  ・システムにはどのような物理ろ過方法があるのか解説
  ・泡沫分離装置など循環飼育特有の物理ろ過装置を解説
 2)循環飼育で発生するアンモニアの毒性と適切な処理方法・ろ材の選定方法
  ・循環飼育で発生するアンモニア、亜硝酸、硝酸の毒性を解説
  ・生物ろ過水槽に用いるろ材の種類やろ過方法を紹介
  ・硝化細菌の活性に関わる因子を解説
  ・硝化細菌の入手、ろ材熟成方法、熟成度合いの判定方法を解説
  ・生物ろ過水槽の基本設計について解説
  ・ろ材の洗浄方法や保管方法について解説
 3)循環システムにおける疾病防除方法
  ・使用する海水の殺菌方法を紹介
  ・循環システム系内の殺菌方法を解説
 4)循環システムにおける酸素供給方法
  ・水中の酸素(DO)の重要性を解説
  ・循環システムにおける酸素供給方法を紹介
 5)その他飼育上の留意事項

【第2部 実証事例】
 我々が提唱するシステムの実証事例の紹介を通して、循環飼育のメリットなどを解説します。これから起業や陸上養殖部門への参入を考えられている方のヒントになる内容です。

1.飼育事例

 1)養殖対象種の選定
  ・国内外での最近の動向
  ・循環飼育による養殖等の対象となる魚種を講演者の視点で紹介
 2)ハタ類(キジハタ・ヤイトハタ・クエ)における事例
  ・新規養殖対象種として取り組み状況などを紹介
  ・システム導入のメリットについて解説
  ・親魚、種苗生産、養殖について事例の紹介
  ・低塩分飼育について解説
  ・コスト試算
 3)トラフグにおける事例
  ・システム導入のメリットについて解説
  ・親魚、種苗生産事例の紹介
  ・簡単に設置できるシステムの紹介
 4)カンパチ中間育成における導入事例
  ・導入のメリットについて経費削減効果を中心に解説
  ・既存の水槽を利用したシステムを紹介
 5)カサゴ種苗生産における導入事例 ※講演希望があった場合
  ・既存の水槽を利用したシステムを紹介
  ・導入のメリットやイニシャルコストについて解説
 6)餌料培養(ワムシ)における導入事例 ※講演希望があった場合
  ・餌料培養に導入するメリットを解説
  ・培養事例を紹介
 7)その他
  ・すぐに開始できる簡易システムの紹介(マダイの事例)
  ・サケマス類における陸上養殖の現状について簡単に紹介

【第3部 質疑応答】
 講演内容の質疑応答だけでなく、陸上養殖での疑問点などについて可能な限りおこたえします。

※よりよい講習会実現のため、当日はセミナー参加者のご要望をお聞きし、ご講演内容や順序などの流れが多少変更になる可能性がございます(大枠の変更はございません)。また、事前のアンケートや受講前のご要望により講演内容の一部を省略し質疑応答に時間配分する場合もございます。

■ご講演中のキーワード:
 魚介類飼育の基礎、循環飼育、陸上養殖、システム設計、飼育事例、低塩分飼育、ハタ類

セミナー番号:AC181223

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.