セミナー 3次元培養 3次元組織化 3d培養 細胞培養 細胞積層法 細胞集積法

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/12更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー 3次元培養 3次元組織化 3d培養 細胞培養 細胞積層法 細胞集積法

★わかりやすいと毎回大好評!阪大 松崎准教授のセミナーを大阪でも開講。皆様の「なぜ?」にお答えします。
★3次元培養・3次元組織化の知っておくべき基礎知識から、細胞の品質管理、最新動向や応用、松崎先生が研究中の細胞積層法・集積法に至るまで体系的に解説!

3次元培養および組織化の基礎から最新の応用まで

【大阪開催】

講師

大阪大学 大学院 工学研究科 応用化学専攻 准教授 松崎 典弥 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 平成15年9月 鹿児島大学大学院理工学研究科 物質生産工学専攻博士後期課程 短期修了
        博士(工学)(鹿児島大学)
 平成15年4月〜平成17年3月 日本学術振興会 特別研究員
 平成16年1月〜平成16年3月 スウェーデン ルンド大学大学院免疫工学専攻
              (Prof. Carl A.K. Borrebaeck) 客員研究員
 平成17年4月〜平成18年7月 大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 特任助手(常勤)
 平成18年8月〜平成19年3月 大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 助手
 平成19年4月〜平成27年9月 大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 助教
 平成20年10月〜平成23年3月 科学技術振興機構さきがけ「界面の構造と制御」 領域研究者(ご兼任)
 平成27年10月〜現在 大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 准教授
 平成27年10月〜現在 科学技術振興機構さきがけ「統合1細胞解析のための革新的技術基盤」領域研究者(ご兼任)

■学会等でのご活動:
 ・日本バイオマテリアル学会 評議員(平成24年4月〜)
 ・近畿化学協会バイオ部会 幹事(平成26年4月1日)
 ・高分子学会 高分子論文集編集委員(平成28年6月〜)
 ・日本学術振興会分子ナノテクノロジー 第174委員会委員(平成29年6月〜)
 ・高分子学会 医用高分子研究会運営委員会 運営委員(平成30年4月〜)
 ・文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP) 科学技術専門調査員(平成30年4月〜平成31年3月31日)
 ・新化学技術推進協会JACI-ライフサイエンス技術部会材料分科会 技術顧問(平成30年7月1日〜平成31年6月30日)

■ご表彰歴(過去5年の代表的なもの):

1.平成30年5月8日 高分子学会広報委員会パブリシティ賞 受賞

2.平成28年5月18日 The Award for Young Investigator of Japanese Society for Biomaterials

3.平成27年11月 Best Paper Award in 2015 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science (MHS2015)

4.平成27年11月 平成27年度日本バイオマテリアル学会科学奨励賞 受賞

5.平成27年7月 大阪大学総長奨励賞 受賞

6.平成27年3月 第一回野口遵賞 受賞
  受賞テーマ:ヒト三次元生体組織モデルが先導する予測医療・創薬研究

7.平成26年8月 高分子学会Wiley賞 受賞
  受賞テーマ:高分子による細胞機能制御と三次元生体組織構築

8.平成26年7月 大阪大学総長奨励賞 受賞

9.平成26年4月 平成26年度文部科学大臣表彰若手科学者賞 受賞
  受賞テーマ:脈管構造を有する三次元ヒト生体組織モデルの研究

10.平成25年8月 大阪大学総長奨励賞 受賞

他多数のご表彰歴あり。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2018年12月20日(木) 12:30-16:30
●会場 [大阪・天満橋]エル・おおさか10階 研修室5 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 今や細胞培養は、医療・創薬研究だけでなく、材料開発や表面制御など、工学・理学の分野でも幅広く用いられております。一般的には、TCPSというプラスチックシャーレでの2次元培養が用いられております。ところが、2次元培養では、生体に存在している時の細胞本来の機能・性質が反映されていないのではないか、ということが漠然と知られております。また、3次元培養は、2次元培養よりも細胞の機能が向上する、ということも漠然と知られております。なぜ2次元はダメで3次元なら良いのでしょうか?3次元だと生体内の細胞と同じ機能・性質をどこまで反映しているのでしょうか?これらは、実はあまり詳しくは知られておりません。
 本講座では、その「なぜ」について解説いたします。

■ご講演中のキーワード:
 2次元培養、3次元培養、スフェロイド、細胞積層法、細胞集積法、細胞プリント、薬剤評価、組織構築、再生医療

■受講対象者:
 本テーマに興味のある方でしたら、どなたでも受講可能です。

■必要な予備知識:
 特に必要ございません。

■本セミナーで習得できること(一例):
 細胞培養の意味、2次元培養と3次元培養の違い、最新の3次元培養技術など

セミナー内容

1.なぜ今、3次元培養・組織化が必要か?
  −医療・医薬品、ヘルスケア分野の現状

2.3次元培養・組織化の最新動向とメリット
 1)3次元培養・組織化の目的とメリット
 2)2次元培養と3次元培養の違い
 3)3次元培養の分類・種類
 4)使われている主な足場材料・培地
 5)主な材料加工技術
 6)世の中で研究されている様々な培養技術
   −印刷法、MEMS、細胞積層、細胞集合体など
 7)代表的な応用用途・製品化事例

3.3次元培養における細胞の品質管理・トラブル対策

4.細胞積層法

 1)本手法のメリット
 2)使用する材料、機材、環境などの概要
 3)細胞表面への薄膜形成による細胞制御(交互積層法)
 4)積層のメカニズム
 5)本手法を行う際のポイント

5.細胞集積法−より短期間で積層構造を構築
 1)本手法のメリット
 2)使用する材料、機材、環境などの概要
 3)集積のメカニズム
 4)本手法を行う際のポイント

6.細胞積層法、細胞集積法を用いた応用事例
 1)インクジェットプリントを用いた3次元肝組織チップの作製
 2)細胞集積法による3次元癌浸潤組織の作製−創薬研究などに向けて
 3)附属器を有するヒト皮膚モデルの構築
 4)創薬研究において重要なヒト動脈壁モデルの構築
 5)細胞積層培養キット「CellFeuilleR」の開発
 6)人体への移植の可能性

7.まとめ・今後の展望

<質疑応答・個別質問・講師との名刺交換>

セミナー番号:AC181226

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.