ディスプレイ セミナー 有機EL マイクロLED 量子ドット 車載ディスプレイ OLED

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/12更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


ディスプレイ セミナー 有機EL マイクロLED 量子ドット 車載ディスプレイ OLED

★実用化に向けて動き出している有機ELやマイクロLED、量子ドットの構成材料や要素技術などを全てお伝えします!
★自動運転時代に求められる車載ディスプレイの特性や今後の動向まで

有機EL・量子ドット・μ-LED・タッチパネルの最新動向と
車載ディスプレイへ向けた高信頼性化技術

講師

MirasoLab 代表 竹田 諭司 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
1992年旭硝子株式会社入社.中央研究所にて複数の新商品・新技術開発に従事.2002年より米国イリノイ大学留学,新材料開発に従事.2007年よりエレクトロニクス事業部の新事業プロジェクトリーダー, 複数の新ビジネスの企画・立ち上げ・事業化に従事. 2017年9月旭硝子を退職.同年10月MirasoLab代表就任.

■専門および得意な分野・研究:
技術の専門は,有機EL, LED, 太陽電池, エレクトロニクス&バイオサイエンス部品等の素材表面研究 (薄膜コーティング&表面改質技術, 表面解析)およびレーザー封止技術.
ビジネスの専門は,新商品・新規事業創出のための効果的な戦略構築, イノベーションマネージメント&マーケティング.

■本テーマ関連学協会での活動:
・社団法人日本セラミックス協会ガラス部会役員 2004-2007.
・国際ガラス委員会技術委員 2000-2007.
(International Commission on Glass, Technical Committee 19)

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2018年12月19日(水) 12:30-16:30
●会場 [東京・王子]北とぴあ701会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに:
 スマートフォン, 4K/8Kテレビ, 車載パネル, AR/VRへ、液晶・有機EL・量子ドット・マイクロLED等の様々なディスプレイの搭載が検討されているが、用途と目的により最適ディスプレイは異なる。例えば、車載パネルにおいては、民生用途に比べ格段に高い信頼性が要求され、これを実現するためには、構成材料そのものの更なる高耐久化, デバイス構造の安定化に加え, 長期信頼性が極めて重要となる。特に、有機ELや量子ドット液晶を本用途へ用いるには、更なる高信頼性化が必須の状況である。
 本セミナーでは,まず各種ディスプレイの特徴・構成・材料について述べ、有機ELおよび量子ドットディスプレイを事例に、高信頼性化に必要な要素技術についてわかりやすく解説する (封止技術, 材料, デバイス)。また、今後のディスプレイTrendであるフレキシブル化&大型化の技術動向と展望についても触れ、大型タッチパネルに必要とされるITO代替透明導電材料についても高信頼性化の観点から考察する。

■受講対象者:
 本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

■必要な予備知識:
 この分野に興味のある方なら、特に必要無

■本セミナーで習得できること:
・ディスプレイおよびタッチパネルの最新市場動向・技術概要・現状課題
・スマホ・TV・車載用ディスプレイに必要な特性
・高信頼性化を実現する封止技術の概要
・フレキシブル有機ELの今後の展望
・大型タッチパネル用の最適透明導電材料動向

セミナー内容

1.ディスプレイおよびタッチパネル
 1. 1 市場動向
 1. 2 特徴と構成材料と要求される性能、および現状課題
    ・ディスプレイ;液晶, 有機EL, 量子ドット, μ-LED
    ・タッチパネル;スマホ用, 車載用

2.高信頼性化技術
  2. 1 封止技術
    ・樹脂封止・無機封止・薄膜封止のメリット・デメリット
    ・有機EL & 量子ドットディスプレイの最適封止技術
  2. 2 材料&デバイスの高耐久化・安定化技術
    ・車載ディスプレイ

3.ディスプレイのフレキシブル化&大型化
  3. 1 フレキシブル有機ELの現状課題と今後
  3. 2 Bendable, Foldable, Rollableディスプレイ実現へ向けた技術開発動向
  3. 3 大型タッチパネル
    ・ITO代替透明導電材料の現状と課題、今後の展開

4.まとめ

<質疑応答>

セミナー番号:AC181253

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.