ディープラーニング TensorFlow セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/12更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


ディープラーニング TensorFlow セミナー

*その他 機械学習・ディープラーニング・人工知能: 関連セミナー、書籍はこちら:

画像処理をビジネスに応用したい方に向けた、PC演習セミナーです。
ディープラーニングの構造を体験することで、より深い理解を得ることができます。

ディープラーニングによる

画像処理・一般物体認識


TensorFlow PC演習セミナー

講師

株式会社 計数技研 代表取締役 早石 直広 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

【略歴】
ロボットベンチャーにてロボット開発に従事。平成19年に独立、株式会社計数技研の代表取締役としてロボット、AI関連の開発を手掛ける。また、AI、AR関係のメキシコ法人Mirai Innovation S.de R. L. de C. V. にてCTO。大阪大学工学部電子情報工学科 非常勤講師。

【専門】ソフトウェア、電子回路設計、機械設計、FPGA

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年1月18日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階F会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

◎ご受講に際し

*各自にてWindows10(64bit)搭載のノートPCをお持ちください。
【必要なPCのスペック】
------------------------------
・OS:Windows10(64bit)
・メモリ:4G以上(8G以上推奨)
・CPU: Core i3以上
------------------------------

*事前にAnaconda(64bit用、Python3)のインストールをお願い致します。
https://www.anaconda.com/download/#windows

AnacondaとTensorFlow、その他パッケージのインストール手順をまとめた資料を
セミナー開催日の1週間前頃にお送りする予定です。

上記ノートPC(必要なスペックおよびAnacondaのインストール)の持ち込みが難しい場合は、
お申込み時に選択欄から『PC貸出』を選択して下さい。7,560円(税込)にて貸出いたします。
※PCの貸出は原則として1週間前までにお申し出ください。
※PC貸出代には、学校法人割引は適用されません。

セミナーポイント

■はじめに
2012年にディープラーニングが登場してから、AI分野は発展著しいです。現在では一般物体認識において、その性能は人間より高いと言われています。本講義では、Googleが公開したTensorFlowというディープラーニングのライブラリを使って、2つのテーマで画像認識を行います。前半は一般物体認識の課題で定番のCIFER-10というデータセットを使って画像の分類にチャレンジします。後半には歩行者の画像を使って性別判定にチャレンジします。2つのテーマでディープラーニングの構造を体験することで、より深い理解を得ることができます。

■受講対象
・AIに興味がある方
・TensorFlowで手書き文字認識まではやってみて、次にステップに進みたい方
・ディープラーニングによる画像処理をビジネスに応用したい方

■必要な予備知識
・Pythonを使ったプログラミングの経験
・機械学習についての知識

■本セミナーに参加して修得できること
・AIについての概要理解
・ディープラーニングの仕組みの理解

セミナー内容

1. AIとは?
  1.1 ルールベースの人工知能
  1.2 機械学習の登場、その限界
  1.3 Deep Learningによる識別率の向上と発展
  1.4 Deep Learningのメカニズム
  1.5 最近の研究動向
  1.6 AIの応用例

2. TensorFlowとは
  2.1 TensorFlowでの計算の考え方
  2.2 畳み込みニューラルネットワークとは
  2.3 畳み込みとプーリング
  2.4 活性化関数
  2.5 Dropout

3. ディープラーニングによる一般物体認識
  3.1 一般物体認識データセット CIFAR-10
  3.2 CIFAR-10をPythonで扱う
  3.3 畳み込みニューラルネットワークの構築
  3.4 ミニバッチ学習について
  3.5 CIFAR-10の学習と識別

4. ディープラーニングによる歩行者の性別判定
  4.1 歩行者データセットの紹介
  4.2 畳み込みニューラルネットワークの構築
  4.3 歩行者データセットの学習と識別

セミナー番号:AC190140

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.