生分解性プラスチック セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/5更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


生分解性プラスチック セミナー

海洋プラスチック汚染・マイクロプラスチック問題から注目を集める生分解性プラスチック
 話題先行でなく、関係する幾多の誤解や偏見を解消し、正しい理解を身に付けるセミナー
★技術・市場開発・法規制等の現状から将来を展望しながら、具体的な製品設計・成形加工や用途展開の指針を提示します!

プラスチック廃棄物処理問題を踏まえた>

生分解性プラスチック

基礎から製品設計まで

講師

元 京都工芸繊維大学 特任教授
高分子学会フェロー 工学博士  望月 政嗣 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

【ご略歴・ご活動】
1968年京都大学工学部高分子化学科卒。京都大学工学部助手を経て
1969年ユニチカ(株)入社、中央研究所から大阪本社技術開発企画室を経て
2003年理事、テラマック事業開発部長。
この間、山形大学と京都工芸繊維大学客員教授、京都工芸繊維大学バイオベースマテリアル研究センター特任教授兼務、
2007年ユニチカ(株)退職後、京都工芸繊維大学繊維科学センター特任教授(常勤)として5年間勤務。
この間、日経BP技術賞他受賞、日本バイオプラスチック協会(JBPA)識別表示委員会委員長、(社)繊繊学会理事関西支部長等を歴任。
著書に「バイオプラスチックの素材・技術最前線」、「生分解性ポリマーのはなし」、その他多数

【ご専門】
高分子材料科学、特にバイオプラスチックや生分解性高分子、高分子の高性能・高機能化材料設計と成形加工技術、繊維・不織布の構造と物性

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年1月16日(水) 10:00-17:00
●会場 [東京・浜松町]太陽化学(株)東京本社内 おいしさ科学館8階ホール →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名48,600円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき37,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 石油由来の非生分解性プラスチックが本格的に使用され始めて60有余年、その生産量は開発途上国を含めて年々増大し、今やその廃棄物物処理能力は限界に達する一方、自然生態系を破壊する海洋プラスチック汚染などの深刻な事態を招来している。
 しかるに、生分解性プラスチックは1980年代の黎明期から40年近くが経過しているにもかかわらず、その普及は遅々としているかのように見受けられる。
 その主たる要因の一つに、生分解性プラスチックが関係する地球環境・資源・廃棄物問題における幾多の誤解や偏見、偽善や虚偽等々が未だ巷に横行していることが背景にあるように思われる。
 今後、いよいよ本格的な生分解性プラスチック実用化時代を迎える中で、本講では先ず地球環境・資源・廃棄物問題における正しい理解を出発点とし、その上で生分解性プラスチックの意義と果たす役割を再確認し、今後期待される応用展開を技術・市場開発の現状と将来を展望しながら実際の具体的な製品設計の指針を提示する。
 産学両分野で30年間、基礎研究から技術・事業開発までの実績を有する世界的第一人者による渾身のセミナーである。

<受講対象者>
生分解性プラスチックの基礎知識を習得したい初級者から
最先端技術技術を駆使して製品開発に繋げたい上級者まで

<得られる知識>
・海洋プラ汚染の実態と地球環境保全・資源循環型社会に向けての法規制動向
・生分解性プラスチックの分類、基本特性と様々な環境下における生分解挙動/機構
・生分解性プラスチックの高性能・高機能化材料設計と成形加工技術
・生分解性プラスチックの製品設計と用途・市場開発動向

セミナー内容

1.地球環境・資源・廃棄物問題と生分解性プラスチック
 1.1 地球環境・資源・廃棄物問題の抜本的解決のために

  1) 海洋プラスチック汚染の実態と生分解性プラスチックの役割
   ・国連環境計画「生分解性プラスチックは役に立たない」、それウソ?orホント?
   ・海水中の分解速度が速い生分解性素材ほど海洋資材に適していない!?
  2) 地球上に生命が誕生して38億年、地球はなぜ廃棄物で埋もれなかったのか?
  3) 自然界が有する真のリサイクルシステムである炭素循環へのリンク
   ・目先のPETボトルのリサイクルより地球的規模での物質循環に目を向けよ!
 1.2 生分解性プラスチックの識別表示と環境負荷低減効果
  1) グリーンプラ・マーク―日本バイオプラスチック協会(JBPA)識別表示制度
  2) カーボン・フットプリント―LCAによる環境負荷の客観的・定量的評価
   ・LCAに基づかない感覚的・恣意的な「環境に優しい」はもはや通用しない!
 1.3 持続的な資源循環型社会の建設のために
  1) 欧米グリーンガイド指針
   ・欧米の環境先進諸国では、ポイ捨てを助長する生分解性表示は禁止!?
  2) 再資源化(バイオリサイクル)―堆肥化又はバイオガス化
  3) プラスチックのCompostable(堆肥化可能)認証基準
    ―EN13432 by OK Compost or Din Certco, ASTM D6400 by BPI
   ・生分解性プラスチックは廃棄物処理ではなくて、再資源化処理である!
 1.4 欧州その他の法規制動向
  1) 欧州―イタリア、フランス、ドイツ
   ・欧州ではごみ袋やレジ袋は生分解性が主流、仏は2020年に使い捨てプラ器具の50%を生分解性に切り替える法規制を制定!
  2) アジア…日本、インド、台湾
 1.5 プラスチック廃棄物処理問題の基本的な考え方
   ・ごみ問題の原点は発生源抑制、生分解性プラも使用環境下での製品寿命(使用・奉仕期間)の確保が第一義的に重要、分解速度の速いものはごみの拡大再生産!

2.生分解性プラスチックの基本特性と生分解挙動/機構から導かれる製品設計
 2.1 代表的な生分解性プラスチックの分類と基本特性

  1) 硬質タイプ―ポリ乳酸(PLA):Tg/Tm=57℃/175℃
   ・生分解性が求められるバイオリサイクル材と長期耐久性構造材料の両面展開が可能な唯一のバイオプラスチック
  2) 軟質タイプ
   @ポリブチレンアジペート・テレフタレート(PBAT):Tg/Tm=-35℃/115℃
   Aポリブチレンサクシネート(PBS, PBSA):Tg/Tm=-47〜-35℃/84〜115℃
  3)その他…微生物ポリエステル(PHBV, PHBH)、PGA、デンプン系
   ・過去40年間、数多くの企業が微生物ポリエステルへの参入と撤退を繰り返し、未だ本格的に工業化されない核心的理由とは?
 2.2 生分解機構
  1) 酵素分解型―surface erosion(表面から溶かされていく)
  2) 非酵素分解型―bulk degradation(全体的に壊されていく)
   ・PLAが生分解性と耐久性の両面展開が可能な理由を生分解機構から理解する!
 2.3 様々な環境下における生分解挙動
  1) 自然環境下―土壌中、海水中
  2) 再資源化(バイオリサイクル)工程…堆肥化(好気性下)又はバイオガス化(嫌気性下)
   ・理想の分解速度は使用過程の自然環境下では遅く再資源化工程では速いこと!
 2.4 目的・用途別の製品設計―素材の選択と材料設計
  1) 自然環境下で短期間(1年前後)使用の農林・園芸資材
  2) 自然環境下で長期間(3〜5年)使用の農林・園芸・土木・水産資材
  3) 使い捨て食器具、食品容器・包装材、生活雑貨・衛生資材
  4) 通常環境下で長期間(3〜5年)使用の生活雑貨、産業資材
  5) 通常環境下で超長期間(5〜10年)使用の耐久性構造材料
   ・先ず、製品寿命(使用・奉仕期間)の確保が第一義的に重要、その上で・・・。

3.生分解性プラスチックの高性能・高機能化材料設計技術
 3.1 基幹素材としての第二世代ポリ乳酸―高L組成PLA (high %L PLA), %D<0.5%

  1) D体共重合比(%D)が結晶化速度や熱的・機械的特性に及ぼす影響
  2) 高L組成PLAの改良効果―耐熱性、寸法安定性、強度、成形加工性
   ・ステレオコンプレックス型ポリ乳酸(sc-PLA)が実用化されない理由とは?
 3.2 高性能・高機能化材料設計技術の進展
  1) 耐衝撃性―可塑剤又は耐衝撃性改良剤、PLA+PBAT又はPBSブレンド体
  2) 耐熱性(透明耐熱性)―分散型核剤(溶解型核剤)、結晶化促進剤
  3) 耐久性(耐湿熱性)―加水分解抑制剤
  4) 成形加工性―マルチ機能改質剤ほか
   ・PLAの熱的・機械的特性は既に汎用プラスチックと同等以上のレベルを達成!

4.生分解性プラスチックの成形加工技術と用途・製品・市場開発動向
 4.1 成形加工分野

   ―繊維・不織布・モノフィラメント、フィルム・シート、真空成形、射出成形、発泡成形(押出発泡、ビーズ発泡)、ブロー成形
 4.2 用途・製品・市場開発動向<多数の製品写真で説明>
  1) 食品容器・包装材
    ―青果物容器、使い捨て食器具、インスタントラーメン容器、紙コップ、ティバッグ、生ゴミ袋、生ごみ水切りネット
  2) 農林・土木・園芸・水産分野
    ―農業用マルチフィルム、防草・植栽シート、バーチカルドレインシート、植樹ポット、シェ−ルガス採掘目止材、養殖筏浮き
  3) 生活雑貨分野
    ―レジ袋、エコバッグ、タオル、ワイパー、インテリア、シュリンク包装・ラベル、封筒窓貼り、ブリスターパック
  4) 耐久性構造材料
    ―電子機器筐体・部品、自動車内装材、リターナブル食器具、ヘルメットライナー、3Dプリンター用モノフィラメント

5.質疑応答(名刺交換)

セミナー番号:AC190161

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.