外観検査 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/5更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


外観検査 セミナー

外観検査実務・運用上の押さえるべきポイントはここ!
 「見た目」重視時代の高要求・高品質に対応する

”曖昧さをなくし、バラツキのない検査を行うための”

外観目視検査

進め方具体的実施手順

〜精度向上に向けた基本及びポイント理解とその実際適用法〜

講師

KPIマネジメント(株) 代表  根本 隆吉 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する


 講師も執筆!「外観検査の実務とAI活用最前線」2018年12月発刊!

日時・会場・受講料

●日時 2019年1月18日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・御茶ノ水]中央大学駿河台記念館4階480 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

○講座のポイント:
 ・人に目による外観検査を機器測定に近づける
 ・限度見本は現物か写真か
 ・検査員の適性判断はどのように考えるか
 ・外観検査は検査員の教育が最重要ポイント

○受講対象:
 ・製造業で外観検査を実施している・またはこれから外観検査の実施を計画している企業の管理者・担当者の方
 ・品質管理の基礎から学びたい品管部門の方や現場で検査を担当されている方
 ・外観検査漏れで困っている・外観検査精度を向上させたいとお考えの方
 ・検査時の判断基準を統一化・標準化したいとお考えの方
 など
 *自動車・機械部品、半導体・電子部品、医薬品・食品等々、業種は問わず役立つ内容です。

○受講後、習得できること:

 ・外観検査の基本的な要点を知ることができる
 ・検査漏れの少ない外観検査の実施手順を把握できる
 ・検査に適した環境の作り方・最適な休憩時間の取り方等々、実際の運用法がわかる
 ・検査員ごとのバラツキを少なくする手法を習得できる
 ・検査員の適性判断の考え方・教育法や認定方法などがわかる
 ・製品の特徴に応じた限度見本の作成法や、その工夫・運用法がわかる
 ・現状の改善点・チェックポイントを把握できる
 ・外観クレームへの社内外の対応法を知ることができる
 など

セミナー内容

1.品質保証における外観検査の役割
 1)現在の外観品質のあり方(外観に求められる品質)
 2)顧客要求と設計品質・製造品質
 3)外観検査の役割
 4)外観検査の選択-抜取り検査か全数検査か
 5)外観品質の確保には全社的取り組みが必要
 6)検査終了時の品質をそのまま顧客へ
 7)目視検査と自動機検査

2.官能検査のあいまいさとその対応
 1)官能検査とは
 2)官能検査の基礎知識
 3)官能検査を機器測定に近づけるために必要な要素

3.外観検査の実施手順と留意点
 1)検査基準の設定と明確化

  ・良否判断の線引きのポイント
  ・基準の設定法とその手順
 2)現場で役立つ限度見本の作り方
  ・見本の種類と作成方法
  ・良い限度見本・悪い限度見本とは?
  ・限度見本の作成が難しいケース
  ・限度見本の工夫
 3)バラツキを減らすための検査手順の標準化
  ・検査の動作手順の標準化
  ・検査のスピード
 4)精度を上げる、効率を高める検査環境の作り方
  ・検査環境の作り方及び検査環境設定の考え方
  ・効率的に疲労回復させる休憩時間の取り方
 5)バラツキの少ない検査員の選び方と教育、訓練の進め方
  ・検査員の適性とその有無の判断・選び方
  ・判断基準の統一化を図る教育の仕方
  ・教育カリキュラム例
  ・検査員認定
  ・検査精度の劣化と定期認定及び定期教育

4.検査のすり抜け防止・精度を上げるためには?(事例紹介)
 1)検査基準のビジュアル化
 2)心理的要因の排除
 3)検査した品物を再検査できる体制
 4)不良品による刺激を与える
 5)検査と作業は分離する
 6)検査は単純化する
 7)判断区分の追加

5.外観検査の管理システム
 1)必要なルール・システム
 2)顧客から信頼される検査員を作れ
 3)検査結果のフィードバック

6.外観クレームの対応法
 1)顧客から信頼される検査員を作れ
 2)顧客とのコミュニケーション
 3)不良流出時の対応と検査への反映法


   <質疑応答>

セミナー番号:AC190166

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.