におい分析入門 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
2019年1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
2019年1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2018/12/5更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


におい分析入門 セミナー

におい定量化されにくい要因とは?その克服方法とは?
官能評価法、分析機器による評価法、におい識別装置による評価法・・・
 それぞれの特徴とその相関、併用の際の留意点・使い分け方法等について!
★必要となる基礎知識の習得から分析・評価の実際まで、実例をもとにわかりやすく解説します!

におい分析:超入門セミナー

〜基礎知識から評価・改善のアプローチ手順まで〜

講師

(株)島津製作所 分析計測事業部 GCTABU マネージャー  喜多 純一 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年1月22日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・浜松町]太陽化学(株)東京本社内 おいしさ科学館8階ホール →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

○講座のねらい
 ・におい評価・改善の基本的なアプローチ手順の習得
 ・評価法の学習(官能評価、成分分析機器による評価、におい識別装置による評価、及びその相関と併用の際の留意点と使い分け)
 ・におい成分の抽出・特定法の基礎知識習得
 ・複合臭・複合香評価で知っておきたいこととその分析・評価ノウハウ

○受講対象:
 ・においを定量的に評価したいと考えておられる方。
 ・においについて官能評価はされているが、もう少し官能評価を信頼性のあるものにしたいとお考えの方。
 ・においの成分分析(GCやGCMS、におい嗅ぎGC)などを行っているが、今一つすっきりとして結果が得られず何が原因なのかを検討されたい方。
 ・においは、人でも簡単に評価できるのに、なぜ、人工的にはうまく評価できないのか不思議に思っておられる方。
 ・長年、においに対しての問題は抱えているが、ずっと迷宮入りになっている課題を抱えている方。
 ・納入先から風味やおいしさの定量化を要請されているが、どのように行っていけばよいか調査されている方。

○受講後、習得できること:
 ・においの定量化方法の歴史、種類、それぞれの方法の特長と欠点。
 ・官能評価の種類と、官能評価がばらつく原因とその対策。
 ・におい分析における成分分析の位置づけと、さらににおい定量化にむけて考慮したい項目。
 ・においが、定量化されにくい要因とその克服方法。
 ・においの強さの表現方法。
 ・においの種類とその表現。においの質とは?
 ・人がにおいを感じる仕組。
 ・においに原臭が存在しない問題。
 ・順応とは。
 ・におい評価方法の基準(ISO)
 ・異臭と悪臭と香り、どう違うのか?
 ・におい問題が、迷宮入りになりやすい原因とその対応策。
 ・風味やおいしさを定量化するのはどのように考えていけばよいのか?

セミナー内容

1.においとは何か?
 1)ガス分析と、におい分析の違い
 2)においの3つの側面
 3)ウエーバーヘフナーの法則

   (におい物質の濃度とにおいの強度の関係)
 4)においの強さの尺度
   ・臭気強度、臭気濃度、臭気指数とはどう違うのか?また計算方法。
 5)検知閾値、弁別閾値とは?
 6)におい質の尺度とは?

   ・におい物質の数
   ・においの種類
   ・基準臭は、存在するのか?
   ・フレーバーホイールとは
   ・官能評価のISO法であるQDA法による表現とにおい質の表現
 7)人がにおいを検出している仕組
  ・においの定量化を難しくしている要因とは。
 8)複合臭
   ・複合臭が実感できるいくつかの例
   ・複合臭とはどうなっているのか?
   ・におい成分が相互作用を起こしている可能性
   ・嗅覚的ホワイトとは、
   ・オミッション法を相乗効果が出てくる原因
   ・相乗・相殺効果
   ・マスキング現象
   ・順応とは
 9)異臭、悪臭、香気の違い

2.においの定量化方法
 1)においその定量化の歴史(国内外)

   ・日本における悪臭防止法
   ・悪臭22物質
   ・日本と海外のにおいの強さの決め方の違い
   ・オルファクトメトリー法とは
 2)においその定量化方法の種類
   ・官能評価法
   ・機器分析
   ・センサ方式
   ・それぞれの使い分

3.官能評価法の種類
 1)分析型官能評価と嗜好型官能評価
 2)官能評価の種類とばらつきを低減させる工夫

   ・3点比較法
   ・SD法
   ・QDA法
   ・臭気指数測定方法
   ・オルファクトメトリー法
   ・建材、室内臭のにおい強度の決め方(ISO)
   ・嗅覚感度の測定方法
   ・パネルの選定方法
 3)希釈混合装置を用いた官能評価
   ・検知閾値の測定方法
   ・弁別閾値の測定方法
   ・マスキングの定量化方法
   ・嗅ぎ方の違いによる誤差を低減する方法

4.機器分析の種類と特徴
 1)成分分析(GC,GCMS)装置

   ・その原理と応用
   ・2次元GC,GCMSとは?
   ・GCMSの結果を導き出す方法
   ・GCMSの結果とにおい嗅ぎGCの結果の比較
   ・におい嗅ぎGCでの注意点
 2)機器分析のサンプリング方法
   ・ヘッドスペース測定
   ・捕集管による加熱脱着
   ・捕集管へのサンプリング方法
   ・捕集管の種類
   ・ダイレクト加熱法
   ・モノトラップ法
   ・SPME法
 3)においの単離精製方法
   ・複合臭・複合香における成分の単離・同定方法
   ・沸点、吸着剤、蒸留、抽出
 4)においセンサ法
   ・においセンサの種類
   ・においセンサ利用上の注意点
 5)におい識別装置法
   ・複合臭とにおい識別装置の存在理由
   ・原理
   ・解析方法と主な応用
    ユーザーモードとダイレクトモード
    偏位臭マップ

5.おいしさ、風味の定量、快・不快度の定量にむけて
 1)口中香(レトロネーザルアロマ)とは?
 2)味とにおいを切り分けるとすると

   ・フレーバーホイールとQDA法
 3)他の5感と嗅覚感覚は、どこまで干渉しているのか?
 4)おいしさを定量化するには

   ・におい、風味の位置付け
   ・異臭と風味劣化
   ・多変量解析とその有効利用法
 5)快・不快度を客観化できるか?

6.臭気・悪臭の定量にむけて
 1)異臭の場合 異臭分析システム(GCMS)の利用による異臭物質特定

   ・希釈混合装置による、異臭の混入実験
 2)悪臭の場合 希釈混合装置を用いた臭気指数測定
   ・におい識別装置を用いた臭気指数測定
   ・自動車室内臭の測定

7.マスキングの定量化方法

8.自動オミッション法とは


  <質疑応答>

セミナー番号:AC190170

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.