因子分析 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/1/9更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


因子分析 セミナー

*毎回好評を博しているセミナーです*
「初めて学んだのですが、理解しやすかったです」(化学品メーカー・研究開発)
「基礎から教えて頂きありがとうございました」(看護・教育)
「因子分析についての疑問が解消されました。ありがとうございます」(食品・研究)


<実務で使える>

因子分析の基礎と留意点

〜数式を使わずに解説〜

講師

北九州市立大学 文学部 人間関係学科 教授 博士(心理学) 松尾 太加志 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年3月18日(月) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第3グループ活動室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講師より
因子分析がどのようなことに使えるのか,因子分析のやり方,結果の見方,注意すべき点を解説します.因子分析を数学的に理解しようとすると難しいのですが,因子分析された結果を見たり,自分で因子分析をしようとしたりする場合,厳密な数学的な理解は必要ではありません.ツールとして因子分析を使う場合,どのような理解が必要なのかをお話します.今回は統計のフリーソフトRを使った解説になります.因子分析について,何となくしかわかっていない方,少しはわかっているけどもっと詳しく知りたい方,歓迎です.また業種・業界は不問とします.

■受講して得られること
・因子分析の基礎知識、仕組みと用途
・因子分析の具体的なやり方
・因子分析によって得られた結果の読み方・解釈のコツ

◆過去の同講師セミナー受講者の声(終了後のアンケートより)
「因子分析に興味があり、初めて学んだのですが、理解しやすかったです」(化学品メーカー・研究開発)
「質問に丁寧に答えて頂き、ありがとうございます」(基礎研究)
「レベル的にちょうどよく大変参考になりました。ありがとうございます」(教員)
「因子分析の考え方、実際の分析方法、解釈の方法までわかりやすく講義して下さり、ありがとうございました」(統計処理担当)
「因子分析についての疑問が解消されました。ありがとうございます」(食品・研究)
「有益な1日でした。自分の研究に因子分析は使えそうだと思いました」(漢方・臨床)
「基礎から教えて頂きありがとうございました」(看護・教育)
「研究を進める上で因子分析を用いたデータ整理・評価を行いたかったため参加しました。大変有益でした」(騒音分析・評価)
「因子の解釈、のところがとてもためになりました」(教員)
「統計だけでなく解釈(するための専門知識)が必要という所が重要だと思いました」(楽器の音評価)

セミナー内容

1 因子分析とは?
 1.1 潜在共通因子とは?
 1.2 因子負荷量とは何か?
 1.3 どんなときに使うか?
 1.4 因子分析に必要な知識は?

2 因子分析を行う
 2.1 フリー統計ソフトR を使う
 2.2 データの適切性
 2.3 因子分析の流れ
 2.4 因子を抽出する
 2.5 因子数の決め方
  2.5.1 固有値で決める
  2.5.2 統計的な基準
  2.5.3 解釈の可能性
 2.6 因子軸の回転
  2.6.1 何のために回転するのか?
  2.6.2 直交回転
  2.6.3 斜交回転
 2.7 因子の解釈
  2.7.1 因子負荷量の見方
  2.7.2 バイアスの排除
  2.7.3 解釈の専門的観点からの妥当性
 2.8 変数の取捨選択と分析の試行錯誤
  2.8.1 変数の削除
  2.8.2 単純構造を目指すのが目的ではない

3 因子分析の結果をどう使うか?
 3.1 尺度得点
  3.1.1 単純構造の基準をどう決めるか?
  3.1.2 変数の確保と削除
 3.2 因子得点
 3.3 因子得点と尺度得点のどちらを使うか?

4 他の分析との違い
 4.1 主成分分析との違い
 4.2 共分散構造分析との違い

5 因子分析を過信しない
 5.1 変数がすべてを決める
 5.2 統計だけ厳密ではダメ

<質疑応答・名刺交換・個別相談>

セミナー番号:AC190311

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

全固体電池開発

RoHS指令・整合規格 徹底理解

高分子劣化・加速試験

2019カメラモジュール

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.