磁石材料 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
3月
4月
5月
6月〜

化学・電気系 その他各分野
3月
4月
5月
6月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/3/6更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


磁石材料 セミナー

企業での実務経験豊富な講師が磁石の勘所を説く!
*以下の講師紹介とセミナー内容をご確認ください!


<現場を見据えた>

磁石・磁性材料

基礎と活用のための留意点

講師

公益財団法人 応用科学研究所 招聘研究員 工学博士  松浦 裕 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

1977年,住友特殊金属入社。研究開発センターにてNdFeB焼結磁石の開発等に従事(NdFeB磁石の最初の特許発明者の一人)。1986年4月世界初のNd-Fe-B焼結磁石生産工場立ち上げに参画。1990年-1992年 磁気回路開発および設計。1995年-2002年 米国住友特殊金属にてNd-Fe-B磁石新規市場開発(2001年電動パワーステアリング(EPS)量産)。2004年4月より(株)NEOMAX所属。2005年Nd-Fe-B磁石の世界最高特性59.5MGOe実現。2007年4月,(株)NEOMAX吸収合併により日立金属(株)NEOMAXカンパニー 磁性材料研究所所長。米国日立金属 Division Presidentを経て2009年12月-2014年9月,日立金属 技師長。2014年10月より2017年3月末まで,大阪府立大学 21世紀科学研究機構 産学協同高度人材育成センター 統括コーディネーター。2016年5月より応用科学研究所 招聘研究員。2016年10月より特別研究員。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年3月27日(水) 10:30-16:30
●会場 [東京・王子]北とぴあ8階802 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

▼過去の同講師セミナー受講者からの声(アンケートより)
「分かりやすく良かったと思います」(技術開発)
「とても興味深い内容でした」(生産技術)
「細かい質問にも答えていただき、ありがとうございました」(新製品開発)
「勉強すべきポイントを知るきっかけになり、非常に有意義だった」(営業)
「丁寧でわかりやすいお話でした」(永久磁石の分析)

■講師より
はじめに永久磁石の基礎知識、特性について説明した後、各種永久磁石の特徴・製法およびその用途について詳述する。次いでNdFeB焼結磁石およびフェライト磁石の材料開発の最新技術動向について解説する。また永久磁石応用時の注意点について概説する。特に問題となる減磁や経時変化についても言及する。また、名刺交換をした方には後日の個別相談にも応じる。

■受講対象者は?
・磁石について基礎から学びたい方
 ・磁石を購入し使用する立場の方
 ・自社製品(部品)に磁石を使っている方
 ・磁石(磁力)を研究開発に用いる/用いたい方
・モータ従事者
・磁石メーカーの初任者、若手担当者 など
 *業種、職種は不問です。

■受講して修得できる知見やノウハウは?
・磁石についての基礎知識
・各種磁石ごとの製造方法の概略、特徴、用途
・目的や用途に応じた、磁石の選定方法、使用方法、留意点
・磁石材料についての技術動向、今後の展望 など

セミナー内容

1. はじめに
 永久磁石の主な用途
 市場動向(主にNdFeB磁石の市場動向について)
 減磁曲線の見方
 各種永久磁石材料の製造工程および特徴・用途
 永久磁石に使われる元素の磁性
 良い磁石とは
 
2. 各種永久磁石の特徴と実際
 2.1 NdFeB焼結磁石
  NdFeB焼結磁石の製造プロセス
  NdFeB磁石の設計
  希土類資源の世界的現状と今後の展望
  NdFeB焼結磁石の保磁力について
   NdFeB焼結磁石の構成相概念図
   結晶配向度と残留磁束密度
   配向度と保磁力減少率
   NdFeB磁石の保磁力の支配要因・高保磁力化の手段
   Br、HcJ、異方性磁界のDy量依存性
   R2Fe14B 化合物の磁気特性
   NdFeB磁石の保磁力発現機構
   Dy拡散材の概念
  Dy拡散技術と保磁力傾斜磁石
   NdFeB焼結磁石の製造プロセス
   Dy拡散工程の概要
   Dy拡散による高保磁力化
   Dy拡散材の磁石特性
   Dy蒸着拡散による高Br・高Hcj化
   Dy拡散による傾斜保磁力磁石
   Dy拡散磁石の保磁力分布
   Dy拡散による傾斜保磁力磁石の減磁特性
   SPMモデル
   Dy拡散磁石の保磁力の粉砕粒径依存性
  NdFeB焼結磁石の表面処理と寿命
   各種表面処理とその特徴
   各種表面処理の特性
 2.2 フェライト磁石
  フェライト磁石の結晶構造
  フェライト磁石の特長
  フェライト磁石の製造工程
  フェライト新組成磁石の磁気特性
  フェライト磁石高性能化のポイント
  フェライト磁石の磁気特性分布
  ミクロ構造の適正化
  主相組成改良による磁気特性の向上
  磁気特性の温度依存性の改良
  高性能フェライト磁石を使用したDCモータ設計
  フェライト磁石の磁気特性の推移
 2.3 鋳造磁石
  鋳造磁石製造工程
  アルニコ磁石の長所・短所・用途
  アルニコ磁石の構造、組織写真
  FeCrCo磁石の長所・短所・用途
  FeCrCo系磁石の状態図と熱処理条件
 2.4 その他の磁石
  軟磁性材料および軟磁性材料に求められる特性

3. 磁石使用上の注意点
 3.1 着目すべき特性・注意点
  ヒステリシス曲線、減磁曲線の見方
  磁石単体のパーミアンス
  アンペールの法則、ガウスの法則
  パーミアンス係数決定因子
  最大エネルギー積とは
  永久磁石の安定性
  磁気回路設計上の注意点
 3.2 減磁への対応方法・注意点
  外部(コイル)からの減磁界(電機子反作用)
  低温減磁、高温減磁について
  永久磁石の不可逆減磁:高温減磁
  永久磁石の不可逆減磁:低温減磁
  経時変化:永久磁石の時間に対する磁化の変化
 3.3 着磁の方法と注意点
  着磁の具体的方法
  着磁磁界の目安
  着磁におけるトラブルとその対応
  着磁特性
  着磁パターン及び着磁ヨーク形状
  着磁磁場による減磁曲線の変化
  着磁の評価方法

<質疑応答・名刺交換・個別相談>

セミナー番号:AC190321

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.