セミナー パテントマップ 特許情報 マーケティング 新商品開発 新規事業 販路開拓

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
2月
3月
4月
5月〜

化学・電気系 その他各分野
2月
3月
4月
5月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/2/6更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー パテントマップ 特許情報 マーケティング 新商品開発 新規事業 販路開拓

*その他 知財・特許 セミナー、書籍一覧はこちら:

★パテントマップが特許状況の説明資料「だけ」になっていませんか?本講座では、パテントマップを商品開発やマーケティングに役立てるという視点で解説!
★特許情報・マップ作成の基礎や作成したマップからの情報の読み取り方、そして活用・展開の仕方までを詳解!
★パテントマップ作成演習(Excel使用)を交えた講義で実践力を身につける!

新商品開発のためのパテントマップ活用手法

〜特許情報とマーケティングを組合せて

新たな切り口から発想する〜

【Excel演習あり】

講師

株式会社アイピーアトモス 代表取締役 座間 正信 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 特許を活用した新商品開発に特化したコンサルタント。
 昭和電工株式会社、デュポン株式会社に在籍中、多数の新商品の立上げに従事。
独立後に100 社以上の製造業における新商品開発に関わった経験から「特許」「技術」「マーケティング」「経営戦略」を組み合わせた新たなスタイルの「戦略的新商品開発プログラム」を開発。現在「会社に眠っている特許・技術」や「活用されていない強み」を掘り起こして売れる新商品の開発、稼げる新事業立ち上げのための具体的な指導をしている。
株式会社アイピーアトモス代表取締役(弁理士、中小企業診断士)

■ご専門および得意な分野・研究:
・知的財産活用支援:特許等の知的財産の有効活用(ライセンス等)や効果的な特許取得支援、知的財産教育
・特許情報と市場情報を組合せた新商品開発や販路開拓と新規事業の立ち上げ支援
・新規事業計画策定:販売戦略、技術開発、財務シミュレーションを盛り込んだ新規事業における事業計画の策定

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年4月16日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階 C会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

■受講者の方へ:演習用PCご持参のお願い
 セミナー中に、Microsoft Excelを使用した演習を行います。予めExcelがインストールされているPCをご持参下さい。
 ・OSはWindows7以降、Excelは2007以降のPCをご持参ください。
 ・USBポートに接続可能なPCをご持参ください。(当日USBメモリにて追加データ等を配布する可能性があるため。)
 ・ご持参が難しい場合は、お申込み時に選択欄から『PC貸出』を選択ください。1講座あたり7,560円(税込)にて貸出致します。
 ・PCの貸出は原則として1週間前までにお申し出ください。

*尚、お申込み頂いた方へは、セミナー1週間前ごろを目途に当日必要な演習データのご案内を致します。

■はじめに:
 特許情報は技術情報のみならずマーケティング情報のリソースとして活用ができます。ただし、効果的な情報源として使用するためにはマップ化する必要があります。本講座では特許情報から効果的に情報を読み取るためのパテントマップ作成の基礎と、作成したマップからどのように情報を読み取り商品開発や販路開拓に役立てていくかを学んでいただきます。

■ご講演中のキーワード:
 特許情報、パテントマップ、マーケティング、商品開発、販路開拓

■受講対象者:
 ・特許情報の活用に興味のある方
 ・新しい商品や新規事業の立ち上げに関心のある方
 ・特許情報をマーケティングに活かすことに興味のある方
 ・技術部門や企画・開発部門の方

■必要な予備知識:
 Excelの基礎知識(グラフをかける程度)

■本セミナーで習得できること(一例):
 ・特許情報の基礎知識
 ・特許情報からマーケティング情報を見出す方法
 ・パテントマップの作成方法
 ・パテントマップから情報を読み取るノウハウ
 ・特許情報から商品開発や販路開拓へ結びつける手法

セミナー内容

イントロダクション

1.概要

 1)特許情報とは〜特許情報から世の中の動きをよむ〜
  @ 特許データベース・特許記号
  A 特許情報から見る世の中の動き
  B 市場情報との組合せ
 2)特許情報の活用とは〜特許情報の特徴を知る〜
  @ 自社の強み(マトリクス円グラフ2、コンパラマップ)
  A 競合の動向(バブルチャート、マトリクス円グラフ1)
  B 技術動向(バブルチャート、マトリクス円グラフ)
  C 新商品開発のアイデア(FI記号の特徴)
 3)特許情報とマーケティングとの組合せ〜マーケティングを知る〜
  @ マーケティングの基礎・考え方
  A 事例「機械装置」

2.パテントマップの特徴
 @ パテントマップとは
 A パテントマップの種類
 演習1【簡単なパテントマップの作成】

3.パテントマップの活用
 @ パテントマップの活用とは
  ・課題を検討する
  ・パテントマップを作成する
  ・パテントマップから情報を読み取る
  ・結論を導き出す
  演習2【パテントマップ活用演習】

4.まとめ

<質疑応答・個別質問・講師との名刺交換>

セミナー番号:AC190415

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

量子コンピュータ

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.