セミナー emc 医療機器 iec 60601 電磁両立性 リスクマネジメント

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
2月
3月
4月
5月〜

化学・電気系 その他各分野
2月
3月
4月
5月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/2/6更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー emc 医療機器 iec 60601 電磁両立性 リスクマネジメント

医療電気機器EMC規格(4月23日)のみ参加↓

設計者のためのEMC(4月22日)/医療電気機器EMC規格(4月23日)両日参加↓

★設計〜試験・対策までの企業で幅広いご経験、およびわかりやすい講義で大好評!倉西氏のセミナーを大阪でも開催。
★医療機器EMC規格 IEC 60601-1-2の内容理解からリスクマネジメント、各種試験法およびそれに対応するためのノイズ対策、設計技術まで。
★複雑で難度の高い対応が求められる本分野を掴む!

医療電気機器EMC規格

-IEC 60601-1-2と規格対応技術-

【大阪開催】

講師

倉西技術士事務所 所長 倉西 英明 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
1990年4月-2016年5月 富士フイルムにて
 ・印刷機器のアナログ回路設計
 ・医療画像診断機器のEMC設計・試験実施
 ・医療施設の装置不具合解析及び対策
2016年6月- 倉西技術士事務所 開業
2017年4月- 横浜国立大学にて産学官連携コーディネーター(兼業)
現在に至る。

■ご専門および得意な分野・研究:
・電子機器(特に医療画像診断機器)のEMC設計及び対策
・アナログ回路設計(特にA/D,D/A変換、基板実装技術)

■本テーマ関連学協会でのご活動:
・電子情報通信学会 EMCJ
・エレクトロニクス実装学会 低ノイズ実装研究会
・iNARTE EMC Engineer, iNARTE/KEC EMC Design Engineer

→このセミナーを知人に紹介する

4月22日『設計者のためのEMCの基礎と設計・対策のポイント(大阪)』とセットで受講可能です。
講義内容はこちら→

日時・会場・受講料

●日時 2019年4月23日(火) 10:30-16:30
●会場 [大阪・本町]おおきに御堂筋瓦町ビル2階 大会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料:
 『医療電気機器EMC規格(4月23日)』のみのお申込みの場合
  1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円

 『設計者のためのEMC(4月22日)』と合わせてお申込みの場合
 (同じ会社の違う方でも可。※参加される方のお名前を備考欄に記載下さい。)
  1名71,280円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき60,480円

 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 医用電気機器のEMCは、規格そのものも、それに適合する技術も複雑で難度の高いものとなっています。また、近年、改訂があり、欧州(EN)・米国(FDA)では最新版が強制化されました。国内薬機法も強制化が2023/3/31と決まり、対応が課題となってきています。
 本講座では、医用電気機器EMC規格の改訂版であるIEC 60601-1-2 4版を元に、規格の基礎的な理解から、強化されたリスクマネジメントや作成ドキュメントの内容、試験に対応する技術まで、医療機器メーカーで設計から試験・対策まで担当した講師が解説します。

■受講対象者:
・医療機器EMC規格について、より詳しく知りたい方
・IEC 60601-1-2:2014(最新版)の情報を得たい方
・EMCに求められるリスクマネジメントでお困りの方
・EMC試験に設計段階から対処する技術を得たい方
・開発装置がEMC試験に合格せず、対策にお困りの方

■必要な予備知識:
・医療電気機器の電気的な基礎知識
・EMC一般の基礎知識

■本セミナーで習得できること(一例):
・医療機器EMC規格 IEC 60601-1-2の内容
・IEC 60601-1-2 4版と旧版の差異
・IEC 60601-1-2で新たに求められるリスクマネジメントの内容
・厳しくなった試験レベルに対応するノイズ対策・設計技術

■過去、倉西先生の医療電子機器EMCセミナーを受講された方の声(一例):
・規格/技術の両面からお話頂いたので、視野が広がりました。
・配布テキストの完成度が高く、理解の助けになりました。
・IEC 60601-1-2.の要点や、リスクマネジメント方法についてよくわかりました。
・メカ設計の立場からの参加でしたが、分かりやすい内容でした。
・ご質問にも丁寧に回答頂き助かります。本日は大変勉強になりました。

などなど……各回ご好評の声を多数頂いております!

セミナー内容

1.医用電気機器EMC規格
 1.1 EMC規格の基礎
  1.1.1 規格・規制の関係
  1.1.2 規格の相互関係
  1.1.3 QMSとEMC試験の関係
  1.1.4 医療EMC規格の変遷
  1.1.5 基礎安全と基本性能
 1.2 IEC 60601-1-2.の要点
  1.2.1 EMC試験の流れ
  1.2.2 旧規格との差異
 1.3 要点1 使用環境と電磁妨害
  1.3.1 使用を意図する場所と電磁妨害
  1.3.2 使用場所の3類型
  1.3.3 予見可能な最大の電磁妨害
 1.4 要点2 リスクマネジメント
  1.4.1 リスクマネジメントの導入
  1.4.2 リスクマネジメントとは
  1.4.3 リスク分析
  1.4.4 リスク評価
  1.4.5 リスクコントロール
  1.4.6 リスクマネジメントファイル
  1.4.7 リスクマネジメント8つの要求
 1.5 要点3 イミュニティ試験
  1.5.1 イミュニティ合否基準
  1.5.2 イミュニティ試験レベル
  1.5.3 近接電磁界試験の追加
 1.6 要点4 ドキュメント作成
  1.6.1 試験計画書の作成
  1.6.2 試験報告書の記載項目

2.IEC 60601-1-2.試験と対応法
 2.1 エミッション
  2.1.1 雑音端子電圧
  2.1.2 雑音電界強度
  2.1.3 電源高調波
  2.1.4 フリッカ
 2.2 イミュニティ
  2.2.1 静電気放電
  2.2.2 無線周波電磁界放射
  2.2.3 ファーストトランジェント/バースト
  2.2.4 雷サージ
  2.2.5 無線周波電磁界伝導
  2.2.6 電源周波数磁界
  2.2.7 電源電圧ディップ・瞬停
  2.2.8 イミュニティ試験レベル

3.医療機器のノイズ設計技術
 3.1 「ノイズ設計」という考え方
  3.1.1 医療機器特有の事情
  3.1.2 基本的な考え方
  3.1.3 購入品・外部設計品の問題
  3.1.4 ノイズ問題のコスト感覚
 3.2 ノイズ設計の実際
  3.2.1 基本はGNDの強化から
  3.2.2 基板の設計
  3.2.3 ケーブルの設計
  3.2.4 対策部品の適材適所
 3.3 個別対策設計
  3.3.1 静電気対策設計
  3.3.2 放射対策設計
  3.3.3 伝導対策設計
  3.3.4 電源関係対策

<質疑応答・個別質問・講師との名刺交換>

■ご講演中のキーワード:

医用電気機器、電磁両立性(EMC)試験、IEC 60601-1-2、ノイズ設計、リスクマネジメント、イミュニティ試験

セミナー番号:AC190424

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

  雑誌発・各社の事例セミナー3/19

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

量子コンピュータ

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.