フードテック セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
3月
4月
5月
6月〜

化学・電気系 その他各分野
3月
4月
5月
6月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/3/6更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


フードテック セミナー

急拡大する食×テクノロジーの領域!
その実情をおさえる!


フードテックセミナー>

世界で起こる

食のイノベーションの概況と今後の展望

〜サイエンス (遺伝子・腸内細菌・バイタル・香り等)と

テクノロジー (デジタル・アナログ)による新たな食・料理の世界〜


講師

(株)シグマクシス ヒューリスティックシェルパ ディレクター 田中 宏隆 先生
(株)シグマクシス インサイトスペシャリスト/リサーチャー 岡田 亜希子 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

・田中 宏隆 先生
株式会社シグマクシス ディレクター
パナソニック株式会社、マッキンゼー等を経て、2017年1月よりシグマクシスに参画。ハイテク・製造・通信、成長戦略、新規事業開発、M&A実行・交渉等、多領域におけるコンサルティング実績を持つ。ここ数年は、テクノロジーとともに進化する生活・ビジネスに着目。“食・料理”という、人々の生活に大きな影響を与える領域で日本が進むべき道を明らかにし、新たな産業への進化を生み出すことを目指し、その活動の一つとして「Smart Kitchen Summit Japan」 を主催する。同テーマにおける新規事業開発に加え、直近では国内外での講演活動を実施。

・岡田 亜希子 先生
株式会社シグマクシス インサイトスペシャリスト/リサーチャー
マッキンゼーにおいてハイテク分野のリサーチエキスパートとして10年間従事し、現職。現在はインサイト・スペシャリストとして、食×テクノロジー・サイエンス×人間の未来を追求。高度なビジネスリサーチ力を駆使し、世界のイノベーターを繋ぐ。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年5月31日(金) 12:30-16:30
●会場 [神奈川・川崎]川崎市産業振興会館9階第2研修室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講師より/本セミナーのポイント
近年、欧米を中心に食・料理×サイエンス・テクノロジーの領域におけるベンチャー企業や新しいビジネスモデルが次々と生まれ、注目を集めている。なぜ今、食・料理の領域に注目が集まっているのか、消費者は何を求め、業界がどのように動いているのか。我々が世界中で、見て、聞いて、体験して培った急拡大する食・料理×サイエンス・テクノロジー領域における生の情報を、具体的な事例を交え、徹底解説します。

■参考リンク
ITmedia マーケティング「スマートキッチン」が切り開く、食と料理の700兆円市場」
TechCrunch 「スマートキッチン・サミット・ジャパン 2018開催 − デモスペースは大混雑、飛び入りプレゼンも」
Biz/Zin 「食の世界のイノベーション−イタリアンシェフと分子調理学者が語る、サイエンス視点で見る料理の楽しさ」
Biz/Zin 「石川善樹氏、若手官僚、外村仁氏が語る「未来の食とテクノロジー」 − 人生100年時代の食事は累計10万食」
LinekdIn 「シリコンバレーのお金が、食と料理の世界になだれ込んでいる理由」

■受講対象者
 各企業の企画・事業戦略担当者、技術者、研究者
 食・料理関連の新たな製品・サービスの開発を模索している方 (食品業界か否かは問わず)
 食を活用した新たなサービスの開発を模索している方
 新たな食品素材・食品原料にご関心のある方
 新たな調理器具の開発を模索している方 (家電業界の方やその関連業界の方)
 フードテック領域への投資をお考えの方 (短期的・長期的等、時期問わず)

■受講することで得られる知識/ノウハウは?
 世界中で起こる食・料理関連イノベーションの全体像
 食・料理の進化が進む背景
 注目すべき食・料理の進化キートレンド
 食のイノベーション創発に向けた、新たな価値創造の有り方
 産業構造へのインパクト&日本への意味合い

セミナー内容

■本セミナーのキーワード
 フードテック
 フードビジネス
 フードサービス
 スマートキッチン
 食・料理の未来
 食の価値の再定義
 食文化の見える化
 食の好みの見える化
 食とビッグデータ
 次世代調理家電
 植物工場、vertical farming
 代替肉、代替食
 人工肉、培養肉
 パーソナライズドフード、個人最適食
 腸内細菌


※当日は上記キーワードについて、国内外の具体事例や実情を紹介します。


■アジェンダ

1.食・料理の進化が進む背景
 1.1 成長領域としての高い可能性
 1.2 社会課題としての食

2.“食・料理×テック×サイエンス”という新潮流とその価値
 2.1 新潮流登場の背景
 2.2 グローバルに見る、新たな食・料理関連製品・サービス例とその価値

3.注目すべき食・料理の進化キートレンド
 3.1 食のイノベーションのベーストレンド
 3.2 食のイノベーションによる新たなアプリケーション
 3.3 新たな価値創造の有り方

4.産業構造へのインパクト&日本への意味合い
 ・ディスカッション・名刺交換

セミナー番号:AC190519

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理


三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.