食品包装規制 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
3月
4月
5月
6月〜

化学・電気系 その他各分野
3月
4月
5月
6月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/3/6更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


食品包装規制 セミナー

最新情報を追加して再開催!2020年6月に施行されるポジティブリスト制度について、
改正内容、具体的な制度案について解説します。

国内外における

食品包装規制の最新動向

―日本、欧州、米国の容器包装規制について―

講師

藤井包装技術事務所 所長 藤井 均 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

2010年6月まで大日本印刷株式会社にて包装材料の開発、包装設計に従事。
2016年7月に藤井包装技術事務所を開設
・2016年6月まで、紙製容器包装リサイクル推進協議会
・2018年12月まで、プラスチック容器包装リサイクル推進協議会

■専門:高分子材料・包装関連の法律、規制

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

2019年5月28日 <食品廃棄物の再資源化処理を踏まえた>生分解性プラスチックの基礎・最新動向と食品容器・包装への応用展開

日時・会場・受講料

●日時 2019年5月23日(木) 10:30-16:30
●会場  [東京・東新宿]新宿文化センター4階 第1会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに
昨年(2018年6月)食品衛生法の改正が公布された。食品用器具・容器包装の安全性の確保や規制の国際的整合性の確保のため、人の健康を損なうおそれがない場合を除き、合成樹脂等を対象として、規格が定められていない原材料を使用した器具・容器包装を販売等してはならないこととするとともに、製造者は、適正製造管理規範を遵守しなければならないこととなった。改正法公布後、食品用器具及び容器包装の規制のあり方に関する技術検討会にて、ポジティブリスト制度の具体的な仕組みとして、ポジティブリストの対象となる物質、リスク管理、事業者間での情報伝達の検討、食品安全委員会にて、食品用器具及び容器包装に関する健康評価指針として、溶出試験、食事中濃度、毒性試験、リスク判定(安全性評価)案が検討されている。ポジティブリスト制度は、2020年6月に施行される。改正内容、具体的な制度案について説明する。

また本講座では、日本、欧州、米国の容器包装規制、および安全性試験・評価について説明し、その違いについて述べる。欧州では、食品用器具・容器包装の3つのEU指令が統合されEU規則(通称プラスチック規則)へと強化され、ポジティブリスト、疑似溶媒、適合性テスト(成分移行試験)などが刷新されている。このプラスチック規則を説明し、この欧州規則への適合性の確認手順について概説する。米国での容器包装の衛生法規(容器包装の連邦規則集)における、プラスチック個別規格、紙・板紙、添加剤等の規格、安全性試験について概説する。また、欧州、米国は、ポジティブリスト制を採用していることから、日本にはない新規物質申請制度を制定している。申請制度及び安全性に関する考え方について説明する。最後に、日本・欧州・米国の法規の違いについて概説し、今後の食品衛生法の動向について述べる。

■本セミナーに参加して修得できること
・日本:食品衛生法及び食品・添加物等の規格基準及び自主基準食品衛生法の改正内容及び制度設計
・欧州:食品に接触することを意図した食品包装規制(プラスチック規則)、プラスチック規則ガイドライン
・米国:食品包装規制(FFDCA、連邦規則集)、米国新規物質登録制度

セミナー内容

1.日本の容器包装規制・自主基準

  1-1.現行食品衛生法の容器包装の法規制
     1-1-1.食品衛生法概要
     1-1-2.容器包装の法規制
     1-1-3.容器包装の規格基準および試験方法
     1-1-4.乳および乳製品の成分規格
  1-2.業界自主基準
     1-2-1.合成樹脂および添加剤に関する自主基準
     1-2-2.乳容器、印刷インキ、接着剤、石油ワックスに関する自主基準
  1-3.食品衛生法改正
      1)食品衛生法改正内容(ポジティブリスト制度、その他)
      2)改正法条文
      3)ポジティブリスト制度の具体的な仕組みの検討
       (1)ポジティブリストの対象となる物質
       (2)リスク管理
       (3)事業者間の情報伝達
       (4)食品用器具及び容器包装に関する健康評価指針(案)
         ・溶出試験(案) 食事中濃度(案)
         ・毒性試験(案) 
         ・リスク判定
 
2.欧州における容器包装の法規制

  2-1.EUにおける法規制
     2-1-1.総括的規則
         ・アクティブ、インテリジェント材料、トレーサビリティ等
     2-1-2.食品に接触することを意図するプラスチック材料及び製品の欧州規則
      1)化学物質ポジティブリスト
         a.認可されたモノマー、他の出発物質、微生物醗酵高分子、添加剤及び重合助剤
         b.化学物質のグループ規制
      2) 材料及び製品への規制 
      3)食品疑似溶媒
      4)適合宣言
      5)適合試験(特殊移行量試験、総移行量試験、換算係数(FRF))
      6)多層材料及び製品のEU規則
     2-1-3.プラスチック規則のガイドライン
      1)プラスチック規則の全般的なガイドライン
      2)サプライ・チェーンにおける情報に関するガイドライン
  2-2.新規物質の申請ガイドライン

3.米国における法規制と安全性試験・評価

  3-1.米国における法規制
     3-1-1.連邦食品医薬品化粧品法(FFDCA)
     3-1-2.容器包装関連の連邦規則集
      1)ポジティブリスト
         a.間接食品添加物:接着剤、缶コーティングなど
         b.間接食品添加物:紙および板紙の成分
         c.間接食品添加物:ポリマー
           ・オレフィンポリマー、ナイロン、PET、ポリスチレン等の概説
         d.間接食品添加物:添加物、製造助剤、殺菌剤
  3-2.FDA認可申請制度
         ・FCN制度(食品接触物質上市前届出制度)
  3-3.安全性評価

4.日・米・欧の比較
  4-1.ポジティブリスト制度
  4-2.溶出試験基準
  4-3.新規物質申請制度
  4-4.安全性評価
  4-5.器具・容器包装の安全性を確保するための規制・基準


セミナー番号:AC190542

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理


三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.