生体情報センシング セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
4月
5月
6月
7月〜

化学・電気系 その他各分野
4月
5月
6月
7月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/4/5更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


生体情報センシング セミナー

生体情報センシング(5月22日)のみ参加↓

ウェアラブル生体計測(5月23日)/生体情報センシング(5月22日)両日参加↓

ウェアラブル・非ウエアラブルにとらわれず、今後有望と考えられる生体情報センシングの技術トレンドを把握できる!
★必要となるセンシングデバイス技術、得られるデータをどのように製品開発に活かしていけば良いのか?等々について、様々な応用事例を通じて解説!

心豊かな生活環境実現に向けた

生体情報センシング技術及び

製品応用への考え方

講師

東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授 博士(工学)  割澤 伸一 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

5月23日 『ウェアラブルデバイス開発に必要となる生体計測の基礎と設計技術〜回路設計、生体信号及び計測の基礎からデータの見方、ノイズ対策まで〜』とセットで受講が可能です。
講義内容はこちら→


日時・会場・受講料

●日時 2019年5月22日(水) 10:30-16:30
●会場 [東京・御茶ノ水]中央大学駿河台記念館 5階560→「セミナー会場へのアクセス」
●受講料
『生体情報センシング(5月22日)』のみのお申込みの場合
  1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円

『ウェアラブル生体計測(5月23日)』と合わせてお申込みの場合
 (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
  1名65,880円(税込(消費税8%)、資料・昼食(22日のみ)付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき55,080円 ⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 ウェアラブル,非ウエアラブルにとらわれず,豊かな生活環境を実現するために有用と考える生体情報センシング技術を紹介する.
 冒頭では,生体情報にかかわるセンシングテクノロジトレンドとして,講演者の研究以外において興味深いものを集めて紹介する.
 次に,講演者の研究室で取り扱っている豊かな生活環境を実現する生体情報センシングの考え方を紹介する.
 残りの時間で,研究室で実施してきた生体情報センシングとして,カフレス血圧センシング,ストレスセンシング,感情センシング等を取り上げ、センサのウェアラブル化や各種生体情報・生活環境情報のセンシングおよび、得られたデータの処理・評価の取組みなどについて、事例をもとに解説する。

○受講対象:
 ・センシングデバイス技術はあるが製品応用へのヒントを得たい方
 ・センサデータの一次情報から高次情報を得るための情報処理技術のヒントを得たい方
 ・現場のニーズは理解しているがどのような技術が適用可能なのか知りたい方

○受講後、習得できること:
 ・生体情報センシングの技術トレンド(技術シーズと実装例)
 ・生活環境をターゲットとしたセンシング技術基盤の考え方
 ・生体情報の一次情報から高次情報への変換に必要な情報技術

セミナー内容

1.生体情報にかかわる様々なセンシングテクノロジトレンド
 a) indirect sensing
  (間接的センシング技術)
 b) non-wearable sensing
  (非ウェアラブルセンシング技術)
 c) sensing by flexible device without power supply
  (非給電フレキシブルデバイスによるセンシング技術)
 d) semantic sensing
  (セマンティック・センシング技術)
 e) cross modal sensing
  (クロスモーダル・センシング技術)
 f) augmented sensing
  (拡張センシング技術)

2.生体情報センシング及びデータ応用への考え方
 a) 心豊かな生活環境を実現するシステムプラットフォーム
 b) さりげないセンシングの重要性
 c) 環境側からのセンシング

  ・センシングシステムの設計
  ・センサ配置とその個数オーダー
  ・環境側からのセンシングシステム事例
 d)生体情報センシングのための要素基盤技術
  ・ナノ・マイクロセンシングデバイス
  ・生活環境のモニタリング手法
  ・人間の行動や思考プロセスの分析・可視化手法
  ・人の感情や周囲環境の伝達・表現手法
 e)生体情報の一次情報から高次情報への変換に必要な情報技術
 f)センシングデバイス技術の製品応用への考え方


3.生体情報センシングの研究事例
 a) カフレス血圧センシング

  ・連続血圧測定
  ・ウェアラブル血圧センサ
  ・血圧センシングの課題
  ・パラメータの算出方法
  ・血圧関連行動の識別方法
 b) ストレスセンシング
  ・ストレス発生の仕組みと種類
  ・ストレスをセンシングするための生体情報
  ・複数のセンサ情報(生理指標)による高精度評価
  ・ストレスの種類推定方法
 c) 感情センシング
  ・感情判断のための生体情報・環境データ
  ・特徴量抽出・判別方法
  ・脳波電極選択の影響及び選択方法

  <質疑応答>

生体情報センシング(5月22日)のみ参加↓

ウェアラブル生体計測(5月23日)/生体情報センシング(5月22日)両日参加↓

セミナー番号:AC190572

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理


半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.