晶析 化学工学 結晶 セミナー 研修 講義

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
4月
5月
6月
7月〜

化学・電気系 その他各分野
4月
5月
6月
7月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/4/5更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


*その他 化学物質関連セミナー 開催予定はこちら:
   ・各国法規制、SDS、GHS他、最新動向を反映。

晶析 化学工学 結晶 セミナー 研修 講義

★理解が難しいといわれている晶析について基礎理論から操作のポイント、
 品質改善に向けたアプローチまで、解説と演習を交えて学べるセミナーです。
★晶析操作の際に注意が必要な事項からスケールアップなど詳細に解説。

晶析操作の基礎と実践
―晶析操作による結晶粒子群への品質作り込みの基礎から
連続フロー製造まで―

講師

東京農工大学 大学院 工学研究院 教授 滝山 博志 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 平成 4年3月 東京工業大学 総合理工学研究科 修了 博士(工学)
 平成14年8月 東京農工大学 工学部 化学システム工学科 助教授
 平成18年4月 東京農工大学 大学院 生物システム応用科学府 准教授
 平成23年4月 東京農工大学 大学院 工学研究院 教授

■専門および得意な分野・研究:
 結晶粒子群の粒径分布、結晶形態、結晶多形など、品質を改善するための晶析法
 結晶粒子群の連続フロー製造
 非溶媒(貧溶媒)添加晶析の操作設計(有機・無機結晶)
 回分晶析の冷却温度設計
 簡易的固液平衡測定

■本テーマ関連学協会での活動:
 平成27年度−現在 化学工学会・材料界面部会・晶析技術分科会代表幹事
 平成21−27年度 日本海水学会 総務理事
 平成20年度−現在 化学工学会材料界面部会幹事
 平成26−27年度 分離技術会編集委員長
 平成27年度−現在 分離技術会企画委員長

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年6月13日(木) 10:30-16:30
●会場 [東京・東新宿]新宿文化センター4階 第2会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに:
 結晶を取り扱う分野は化成品や医薬品をはじめとして、機能性材料やスマートマテリアル関連素材など多岐にわたっています。そして、これらの分野の製造現場やラボ研究では、分離精製や粒子製造の目的で、「再沈」「晶出」「沈殿」や「再結晶」と呼ばれる操作が行われています。この操作は「晶析操作」と呼ばれており専門の学術分野も存在しています。しかし、応用範囲が広いため合成技術者などが晶析操作を系統的に理解することは難しくなってきています。
 そこで、本講座では、結晶化現象が起きるメカニズムの理解、晶析操作に必須な基礎データの取得方法、そして結晶品質の作り込み戦略までを紹介しながら、どうやれば結晶粒子群の品質を改善できるのかについて、分かり易く解説します。そして、結晶化に関わる操作の設計と、操作指針について演習を含めて講義します。
 また、最近関心が高まっている晶析の連続化あるいは連続フロー製造についても解説します。

■ご講演中のキーワード:
 結晶純度向上、結晶形態改善、結晶多形制御、粒径分布改善、
 連続フロー製造、核化制御、濾過性改善、晶析のスケールアップ

■受講対象者:
 ”何を知れば、結晶化現象を理解できるのか?”
 ”晶析操作のコツは何なのか?”
 ”どうやれば結晶粒子群の品質を上手に制御できるのか?”
 ”最近話題の連続フロー製造とは?”
 …など晶析を基礎から学びたい技術・研究者の方。

■必要な予備知識:
 特に必要無し。

■本セミナーで習得できること:
 ・晶析装置内で起きている結晶化現象の把握
 ・結晶純度、結晶形態、結晶多形、粒径分布改善法のコツ
 ・結晶品質制御の具体的戦略
 ・回分冷却晶析、非(貧)溶媒添加晶析法の理解
 ・結晶粒子群の連続フロー製造の最新動向
 ・オイルアウト現象の回避方法
 ・DSC、XRD、FT-IRデータの活用法

★過去、本セミナーを受講された方の声(一例):
 ・講義がとてもわかりやすかった。
 ・晶析を系統的に学べるセミナーに参加できてよかった。全体的にすべて興味深かった。
 ・晶析安定化に向けた自動化のヒントになりました
 ・とてもわかりやすく、貴重な講義でした。ありがとうございました。
 ・晶析理論を読んでもおくわからなかったところが、わかりやすい表現で説明していただき、自分の経験と結びついてよく理解できました。
 ・専門知識があまりない中での参加でしたが、画像を用いて視覚的に認識できてイメージしやすかったです。
 ・大変勉強になりました。日々の検討で行って出た結果や、上司・先輩から聞いていた晶析のノウハウ・原理・なんでこうなるのか、を理解できました。ありがとうございました。
 ・身近な例もあり、理解しやすかった
 ・今までほとんど晶析を実施したことがなかったが、内容は理解できた
 ・相図などから結晶の制御についてわかりやすく説明していただき勉強になった

セミナー内容

1.晶析操作入門
 −結晶化を応用した晶析とは何かを理解する−
 (1)晶析とは
 (2)晶析操作の目的
 (3)晶析の原理
 (4)各種晶析の操作法
    ・冷却法
    ・濃縮法
 (5)結晶粒子群品質
    ・純度
    ・不純物
    ・結晶外観(晶癖)
    ・粒径
    ・粒径分布
    ・結晶形(多形)
    ・濾過性
 (6)晶析における問題事例

2.晶析操作におけるポイント
 −晶析の基礎を徹底的に理解する−
 (1)固液平衡
    ・相図の具体例
    ・溶解度
    ・結晶化の推進力
    ・過飽和度の設計指針
 (2)核化
    ・一次核化
    ・二次核化
 (3)成長
 (4)演習で理解する晶析速度論

3.現場で役立つ結晶品質の測定法
  −マニュアルにない実践的使い方とコツ−
 (1)マニュアルには載っていない熱分析データを読み取るコツ
    ・DSC(示差走査熱量計)でわかること
    ・DSC測定データの解釈とその応用
 (2)マニュアルには載っていないX線分析データを読み取るコツ
    ・XRD(粉末X線回折)測定データの意味
    ・XRD測定データと結晶形態・結晶子径との関連性

4. 晶析操作におけるポイント
 −品質を損なう問題の具体的な解決法−
 (1)品質が安定しない理由
    ・結晶多形変化
    ・結晶多形に及ぼす晶析操作因子とは
    ・結晶多形制御
 (2)形が変化する理由
    ・結晶形態(晶癖)変化
    ・結晶形態に及ぼす晶析操作因子とは
    ・結晶形態制御
 (3)分布が悪くなる理由を探る
    ・結晶粒径分布変化
 (4)結晶純度低下の要因を探る
 (5)オイルアウトと晶析の因果関係
 (6)連続フロー製造の最新動向
 (7)演習で理解する結晶品質の制御

5.晶析操作の基礎を応用した結晶品質改善アプローチ
 −結晶品質を晶析装置で作り込むためのポイント−
 (1)冷却晶析法のポイント
 (2)非(貧)溶媒添加晶析法のポイント
 (3)反応を伴う晶析操作の実際
 (4)晶析と撹拌との関係
 (5)晶析のスケールアップに関わる最近トレンド

6.最新トピックス紹介
  −最先端研究から品質制御のヒントを読み取る−
 (1)回分から連続フロー製造への展開
 (2)オンラインセンサー利用技術

7.まとめ

セミナー番号:AC190644

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理


半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

外観検査

生物学的同等性試験

最新の医療機器薬事入門

積層セラミックコンデンサ

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.