バリアフィルム ハイバリア ガスバリア セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
5月
6月
7月
8月〜

  ・7月大阪開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/5/10更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


バリアフィルム ハイバリア ガスバリア セミナー

電気・電子機器、医療、輸送機器など活用の拡大が進むバリアフィルム。
バリアフィルムのメカニズムから実務で必要な測定技術、製造方法、最近の動向まで詳しく解説します!

バリアフィルムの基礎と応用技術
 
〜バリアメカニズム・測定技術・要素技術・応用の動向〜

講師

ソメイテック 代表 技術士(金属部門) 大薗 剣吾 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

大手印刷会社にて液晶デバイス、半導体、機能性フィルムの各分野の技術開発に携わり、スパッタリング、蒸着、ウェットコーティング、リソグラフィなどの薄膜・コンバーティング関連技術を幅広く経験。デバイス向けハイバリアフィルムの開発・量産化に携わる。現在はソメイテックにて化学・薄膜の技術開発の支援を行なう。
加飾技術研究会理事、アイアール技術者教育研究所所長、赤門技術士会幹事。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年6月14日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階D会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 バリアフィルムは、食品の包装用途から始まり、現在では包装の高機能化に加えて、電気・電子機器、医療、輸送機器など、様々な分野で活用が進んでいます。バリアフィルムの開発と応用が進むことで、様々な産業分野の発展につながると期待されます。
 バリアフィルムを技術的に扱うには、ガスバリア性の発現メカニズムと測定技術を理解しておくことが重要です。また、各種材料の理解、フィルムプロセスのノウハウ、機能性フィルムとしての各種機能の複合化、密着性や信頼性の確保など、幅広い技術的知見が求められます。
本講座では、バリアフィルムの技術に関わる方を対象として、@バリアフィルムの概要、Aガスバリア測定、Bバリアフィルム製造実務、C技術応用、について解説します。バリアフィルムに関わる技術者が押さえておくべき基礎知識を身につけることができます。

■この講座を受講して得られる情報・知見:
・ガスバリア性メカニズムと評価技術を理解できる
・バリアフィルムの開発・生産の基礎知識を身につけることができる
・バリアフィルム技術活用のヒントを得ることができる

セミナー内容

1 バリアフィルムの概要
 1.1 ガスバリア技術の用途と市場
  (1)食品包装・一般包装関連の用途と市場
  (2)ボトル容器関連の用途と市場
  (3)電気・電子機器関連の用途と市場
 1.2 各種バリアフィルム技術の方式
  (1)バルク(均質材)型
  (2)ラミネート型
  (3)薄膜・ウェットコーティング型
  (4)コンポジット型
 1.3 ガスバリア性の発現メカニズム
 1.4 バリアフィルムに要求される性能
 1.5 今後のバリアフィルム活用の展望

2 ガスバリア性の測定技術
 2.1 ガスバリア性測定の基本的用語と各種評価技術
 2.2 差圧法の原理と測定方法
 2.3 Mocon等圧法の原理と測定方法
  (1)赤外線センサー法
  (2)電解質センサー法
  (3)電解電極法
 2.4 各種等圧法の原理と測定方法
  (1)カップ法
  (2)ガスクロマトグラフ法
  (3)質量分析法
  (4)露点法
  (5)Lyssy法
  (6)カルシウム腐食法
 2.5 ガスバリア性測定の精度・信頼性向上のポイント

3 バリアフィルムの製造方法と要素技術
 3.1 バリアフィルムの開発から量産化まで
 3.2 基材及び均質バリア材料の種類と特徴
  (1)PET、PEN
  (2)液晶ポリマー
  (3)PI
  (4)COP
  (5)フッ素樹脂
 3.3 薄膜バリア材料の特徴
  (1)Al薄膜
  (2)アルミナ薄膜
  (3)シリカ薄膜
  (4)SiCN薄膜 等
 3.4 PVD(物理的気相成長法)の原理と特徴
  (1)真空蒸着
  (2)スパッタリング
  (3)イオンプレーティング
 3.5 CVD(化学的気相成長法)の原理と特徴
  (1)プラズマCVD
  (2)Cat-CVD
  (3)大気圧CVD
 3.6 ウェット系バリア材料の特徴
  (1)ゾルゲル法
  (2)ガスバリア性接着剤
  (3)コンポジット材料
 3.7 ウェット系プロセスの原理と特徴
  (1)グラビアコーティング
  (2)ラミネーション
 3.8 バリアフィルム応用製品

4 バリアフィルム応用の動向と課題
 4.1 バリアフィルム応用製品における課題と対応
  (1)ハイバリア、スポットバリア
  (2)光電磁気特性、各種特性・機能との複合
  (3)信頼性、生産性、コスト
 4.2 バリアコーティングかバリアフィルムか
 4.3 食品・医療の包装高機能化の動向
 4.4 フレキシブル太陽電池への適用の動向
 4.5 ディスプレイへの適用の動向
  (1)電子ペーパー
  (2)液晶ディスプレイ
  (3)有機ELディスプレイ
 4.6 工業用途の活用事例
 4.7 電気自動車関連のガスバリアニーズ

<質疑応答>

セミナー番号:AC190683

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.