新規事業におけるテーマ探索 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
7月
8月
9月
10月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


新規事業におけるテーマ探索 セミナー

新規事業テーマ(7月26日)のみ参加↓

技術マーケティング(7月25日)/新規事業テーマ(7月26日)両日参加↓

※都合により会場が変更となりました。詳しくは下記にてご確認下さい(2019/7/9)。

新規事業を成功に導くための、テーマ探索・創出の7つのポイントとは?
★1日目「研究開発・技術部門における技術マーケティングのすすめ方」セミナーも併せてご受講いただけますと、より理解が深まります。
 (いずれか1日のみの受講も可能です)。

【エンジニア(技術者)のためのマーケティング・新規事業開発入門:2日目】

新規事業開発における

テーマ探索・創出とその評価法

講師

アイマーケ(株) 代表取締役
大阪成蹊大学 非常勤講師 MBA  石川 憲昭 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

 大学卒業後、オムロン(株)にて産業機器の事業企画、商品企画に従事しヒット商品を創出。2004年アイマーケを創業、大企業から中小企業まで様々な業界の新規事業開発、製品開発、マーケティング等のコンサルティングや研修を実施。これまで関わった企業は1000社以上。
 その他、大学の講師や経済産業省の産業施策に関する委員を務める。

→このセミナーを知人に紹介する

7月25日 『【エンジニア(技術者)のためのマーケティング・新規事業開発入門:1日目】研究開発・技術部門における技術マーケティングのすすめ方』とセットで受講が可能です。
講義内容はこちら→


日時・会場・受講料

  ※都合により会場が変更となりました(2019/7/9)。

●日時 2019年7月26日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階E会議室
        ↓
      [東京・御茶ノ水]中央大学駿河台記念館 3階 320 →「セミナー会場へのアクセス」

●受講料
『新規事業テーマ(7月26日)』のみのお申込みの場合
  1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円

『技術マーケティング(7月25日)』と合わせてお申込みの場合
 (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
  1名71,280円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき60,480円 ⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります

      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 マーケットが成熟し、ヒット商品の創出が困難な時代だと言われているが、そのような中でも社会から支持される商品は生み出されている。
 新規事業を確立させるためには、市場から「使用したい」と思われるような価値ある商品を開発する必要がある。そのためにはマーケティングの考え方に基づいたテーマの探索・創出が必要不可欠であるが、他にも競合他社との関係や、自社技術の分析・把握、ビジネスモデル・コンセプトを見据えた構想など、重要となるポイントがいくつか存在する。
 本セミナーでは、新規事業として確立するためのテーマの発想・創出から自社に相応しいテーマの選択までの実践的な手法についてわかりやすく解説する。
 また、新規事業を成功に導くための組織体制や、近年新規事業開発手法として注目・活用され始めているエフェクチュエーション(市場創造の実効理論:優れた起業家の思考プロセスを分析・パターン化したもの)についても触れる。

○受講対象:
 ・新規事業や新商品開発に携わる研究・開発・技術企画部門等の方
 ・新規事業開発の仕組みや手法の導入を検討している部門の方
 ・開発マーケティングについて学びたい研究・開発・技術企画部門等の方
 ・事前にマーケティングの知識は必要ありません。

○受講後、習得できること:
 ・新規事業・商品テーマの発想から選択まで実践的な手法
 ・開発マーケティングの基礎知識
 ・新規事業のビジネス構想の考え方、手法

セミナー内容

1.新規事業開発に必要な視点と成功要因
 1) 事業成立の3要素 「市場」「商品」「技術」
 2)ビジネスの構造と事業の拡大
 3)事業拡大と新規事業創造の類型
 4)ビジネス構造の見える化

   ・商品属性と市場構造

2.新規事業を成功に導くためのテーマ探索・創出の7つのポイント
 1)ポイント1 自社の技術の棚卸し

  a) 連関図を活用した自社の技術の整理
  b) 市場・競合視点での自社の技術・強みの分析
  c) 個人演習@(自社の技術の棚卸し)
 2)ポイント2 自社の技術の外部からの評価
  a) 学会・展示会を活用し外部の声を収集
  b) 技術交流会によるキーマンインタビュー
 3)ポイント3 新規事業・商品テーマの発想
  a) アイディア創造の要件
  b) 主な発想法:ブレーンストーミング/KJ法
   ・デザイン思考の活用(意味的価値の視点)
   ・類似しているものから推しはかるアナロジー発想法
   ・ミニ個人演習A(発想法によるアイディア創造)
 4)ポイント4 ターゲット市場の設定
  a) 外部環境分析
  b) 市場のセグメンテーション
  c) セグメンテーション事例紹介
 5)ポイント5 新規事業・商品テーマ選択のための評価方法
  a) 自社の上位目標・経営資源からの評価
  b) 市場の魅力度からの評価
 6)ポイント6 事業・商品コンセプトの創出
  a) 社内の一体感を醸成する事業コンセプト
  b) 市場・顧客に提供する価値の定義
  c) 競合優位性・独自性の明確化
  d) 戦略キャンバス・ポジショニングマップによるコンセプトの見える化
  e) 個人演習B(ポジショニングマップの作成)
 7) ポイント7 商品コンセプトの表現
  a) コンセプトの表現方法
  b) プレカタログの作成
  c) 個人演習C(コンセプトの表現)

3.新規事業創造を牽引する組織としくみ
 1) 市場開発・技術開発の推進
 2) 組織体制とプロジェクトマネジメント
 3) エフェクチュエーション(effectuation 市場創造の実効理論)とは?
 4) エフェクチュエーションによる新規事業創造事例

4.まとめ

  本日のまとめと質疑応答

新規事業テーマ(7月26日)のみ参加↓

技術マーケティング(7月25日)/新規事業テーマ(7月26日)両日参加↓

セミナー番号:AC190783

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.