ケモインフォマティクス実習,マテリアルインフォマティクス実習,R言語実習,セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
7月
8月
9月
10月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


*その他 化学物質関連セミナー 開催予定はこちら:
   ・各国法規制、SDS、GHS他、最新動向を反映。

ケモインフォマティクス実習,マテリアルインフォマティクス実習,R言語実習,セミナー

*その他 機械学習・ディープラーニング・人工知能: 関連セミナー、書籍はこちら:

奈良先端大 金谷重彦 先生の入門&実習セミナー
 化学データとRを用いて、実際の問題に対応できるように
 基本統計解析、多変量解析、機械学習、化学構造処理の基本を身につけよう!

さあはじめよう!
ケモインフォマティクス、
マテリアルインフォマティクス(入門)

:自社データからのマイニング

講師

奈良先端科学技術大学院大学
 先端科学研究科 データ駆動型サイエンス創造センター(兼務)
  教授 博士(工学) 金谷重彦 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

1985年3月、東京理科大学応用生物科学科卒業、1990年3月、豊橋技術科学大学院大学材料システム工学専攻修了 博士(工学)、1990年山形大学・情報工学・助手、1996年、国立遺伝学研究所・客員助教授、1999年山形大学・応用生命システム工学科・助教授、2001年、年奈良先端科学技術大学院大学・遺伝子教育センター・助教授、2002年、奈良先端科学技術大学院大学・情報科学研究科・比較ゲノム学分野・助教授・教授、2004年、理化学研究所・植物科学センター・主管研究員、2011年、奈良先端科学技術大学院大学・情報科学研究科・計算システムズ生物学研究室・教授、2018年 奈良先端科学技術大学院大学・奈良先端大データ駆動型サイエンス創造センター兼務、現在、バイオインフォマティクス、ケモインフォマティクスの融合研究に没頭し、マテリアルインフォマティクスにちょっかいを出している。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年7月8日(月) 10:30-16:30
●会場 [奈良県] 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科棟 1階 L1講義室→「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名48,600円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき37,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

■ポイント

 世の中ビッグデータ時代、データサイエンス真っ盛り、興味はあるけど、とっつきにくい、R言語も便利そうで、テキストのプログラムを実行はできるが、いざ実際の問題になると、どうしたらいいものかと悩む。また、日本の化学産業界には大量な情報が蓄積されいてる。さてこのような現状に対処するにはどうしたらいいだろうか(下図)?そんなかたに朗報!悩みを解消すべく、今回は、化学データを用いて、Rを用いて、基本統計解析、多変量解析、機械学習、化学構造処理の入門講座を開催いたします。テキストは後日配布いたします。さあ、はじめよう、さあはじめようケモインフォマティクス、マテリアルインフォマティクス!


■参加して得られる知識知識:

・レクチャー 1:R programingでできるケモ・マテリアルインフォマティクス入門
・レクチャー 2:各社の大量データを想定し、データ行列の作り方をマスターする。
・レクチャー 3:データ行列の特徴を、主成分分析、クラスター分析などを活用しマイニング
・レクチャー 4:機械学習を活用して物性などを予測する。
・レクチャー 5:化学構造の取り扱いとして、化学フィンガープリントなどについてプログラミングする。
・レクチャー 6:研究動向紹介

■参加に必要な知識(とくにありません!PCをご持参ください):

無線LAN経由でファイルのダウンロードとソフトウェアのインストール可能なパソコンを持参ください。当日、無線LANを経由でさまざまなRパッケージと、サンプルプログラムをダウンロードしながらケモ・マテリアルインフォマティクスを実感しながら実習します。
なお、事前知識は特に必要ありません。講演直前にテキストを配布いたします。これを予習してきてくれればなお助かります。

※PCをお持ちいただくことがお難しい場合は、開催前に情報機構までお問い合わせをください。

■事前にご準備ください:

インストール(事前インストール:Rと、Rstudio)
  R 3.5.2 for Windows (https://cran.r-project.org/bin/windows/base/)
  または R 3.5.1 binary for OS X (https://cran.r-project.org/bin/macosx/)
  をダウンロード、インストールする。
  R Studio Desktop 1.1.463 (Open Source Edition)
  (https://www.rstudio.com/products/rstudio/download/#download/)
  をダウンロード、インストールする。RStudioにてパッケージをインストールする。
  Rpackages.Rを実行する(後日配布)
  行列データをつくろう

※事前の準備がお難しい場合、当日受講前にお申しで頂ければインストールいたします。

■プログラム

1. R programingでできるケモ・マテリアルインフォマティクス入門
 1.0 はじめに:ケモ・マテリアルインフォマティクスとは
 1.1 ファイルからのデータの読み込み
 1.2 Rプログラミングの基礎
 1.3 統計検定
 (t検定、ウエルチ検定、相関解析、棒グラフ、ボックスプロット、スキャッタープロット図の書き方)

2.各社の大量データを想定し、データ行列の作り方をマスターする
 2.1正規化テーブル(物性名、化合物、物性値の三つ組みから、化合物と物性名の表をつくる)

3 データ行列の特徴をマイニングする
 3.1 主成分分析
 3.2 クラスター分析
 3.3 k平均法
 3.4グループ数の決定など

4.機械学習を活用して物性などを予測する
 4.0 回帰分析とは
 4.1 重回帰
 4.2 PLS回帰
 4.3 その他の回帰

5.化学構造の取り扱い
 5.0化学構造の計算機表記法
 5.1化学フィンガープリント
 5.2 化学構造からの物性予測
 6.最近のケモ・マテリアルインフォマティクスの動向

 〜質疑応答〜

セミナー番号:AC190796

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.