UV硬化 UVLED セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
5月
6月
7月
8月〜

  ・7月大阪開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/5/10更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


UV硬化 UVLED セミナー

UVLED、UVランプ、未来のUV光源までUV硬化光源の基本からこれからを徹底解説

UV硬化/乾燥技術の最新動向と未来像

講師

IST East Asia株式会社

Integration Technology Japan

代表取締役  勝田 康 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です
* ページ下部の講師紹介もご確認ください

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年7月17日(水) 12:30-16:30
●会場 [東京・駒込]滝野川会館4階401 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに
UV硬化技術は様々な印刷機や生産工程にてインク・材料の乾燥・硬化手段として使用され、設備のダウンサイジング・環境性・硬化条件の安定化など、様々な利点が存在する。本講義ではUV硬化光源として使用されるUVランプおよびUV-LEDの最新技術動向を紹介すると共に、用途毎に最適な乾燥・硬化手段および組み合わせ技術とその将来展望について議論する。

■本講座で得られる知識
UVランプ(水銀・メタハラ)の供給継続性、短波長素子を含めたUV-LEDの現状と将来像、および新技術によるUV発光デバイスの可能性。

■受講対象
印刷機メーカー(機械設計者、材料開発者、デザイン開発者)、インク/材料メーカー、各種製造メーカーにおける生産技術系従事者、技術開発専属者、UV乾燥手段導入・投資を検討中のマーケティング・営業・経営従属者、等

■特記事項
UV硬化に関する課題に取り組まれている方ならびに今後の導入に前向きなご計画がある方、さらにUV導入への懸念・疑問を抱えている関係者には大変参考になる講義です。

セミナー内容

1.UV硬化の基本

2.UV硬化インクの反応原理

3.インク硬化とUV各波長の関係

3-1 発光波長
3-2 UV各波長領域の役割と効果
3-3 UV-LED光源の発光波長
3-4 UVランプとUV-LEDの物理的相違
3-5 UVランプ/UV-LEDの使用目的

4.UV-LED硬化型インク
4-1 反応特性・吸光度
4-2 波長選択

5.UVランプ光源の特徴
5-1 UVランプシステムの特徴
5-2 UVランプシステムの動作
5-3 UVランプシステムの運用方法
5-4 各種アプリケーションでのUVランプシステム

6.UVランプ光源の現状と将来性
6-1 寿命性能
6-2 省電力性能
6-3 発熱特性
6-4 環境性能

7.UV-LED光源の特徴
7-1 UV-LED光源の特徴
7-2 UV-LEDの動作
7-3 UV-LEDシステムの運用方法
7-4 各種アプリケーションでのUV-LEDシステム

8. UV-LED光源の現状と将来性

8-1 最新UV-LED光源の技術動向
8-2 寿命性能
8-3 省電力性能
8-4 発熱特性
8-5 環境性能
8-6 短波長(UVC)UV-LEDの現状と商品への道筋

9.UVランプ/UV-LED光源の組み合わせによるメリット
9-1 UVランプの必要性・使用メリット
9-2 UV-LEDシステムの必要性・使用メリット
9-3 ハイブリッドUVシステムの優位性
9-4 ハイブリットUVシステムの導入によるリスク削減

10.エキシマランプ+UV光源
10-1 エキシマランプの目的
10-2 エキシマランプによる表面処理
10-3 エキシマランプ+UVランプによる実現可能な商品性
10-4 ラボユニット

11.UV-LEDに代わるUV光源の実現性

講師紹介

1997年〜 NOK(株)にて半導体電子部品の輸入販売・技術サポート業務に従事。
2006年〜 モノづくり工程おけるインクジェット技術開発プロジェクトに従事。
2008年〜 英国Xaar社インクジェットヘッドおよび
     英国Integration Technology社UV照射システムの国内販売・技術サポートに従事
2012年〜 英国Integration Technology社へ正式入社。
     日本国内拠点にてマーケティング・販売業務・技術サポートに従事。
2014年〜 国内インクジェット関連事業会社K-SOLUTION設立。英国Meteor Inkjet Ltd、Megnajet Ltdの代表窓口として展開開始。
2017年  ISTイーストアジア(株)代表取締役に就任。
2018年  K-SOLUTION法人化によるインクジェット事業拡大

セミナー番号:AC190799

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.