セミナー 電気化学 電気化学測定 インピーダンス 電池 腐食 センサ

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
5月
6月
7月
8月〜

  ・7月大阪開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/5/10更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー 電気化学 電気化学測定 インピーダンス 電池 腐食 センサ

★リチウムイオン電池、燃料電池、センサー、腐食などの反応が対象!ご自身の研究領域へ活かすために、電気化学を基礎から学ぶ。
★これから電気化学を学びたい方・学び始めたばかりの方から、学んでみたがつまずいてしまった方、包括的な知識を得ることで更なるレベルアップを目指したい方までおススメ!

はじめての電気化学

〜押さえておくべき基本から、

様々な電気化学反応の測定・解釈のポイントまで〜

講師

神奈川大学 工学部 物質生命化学科 教授 松本 太 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
1997年3月 東京工業大学大学院総合理工学研究科電子化学専攻 博士課程修了(理学博士)
1997年4月 日本学術振興会特別博士研究員
1999年4月 東京理科大学理工学部工業化学科助手
2002年9月 (財)神奈川科学技術アカデミー益田「ナノホールアレー」プロジェクト副研究室長
2005年4月 Cornell University, Dept. of Chem. and Chemical Biology, Research Associate (Ithaca, New York,USA)
2008年8月 Wildcat Discovery Technologies, Inc., (San Diego, California, USA)
2010年4月 神奈川大学工学部物質生命化学科 准教授 
2016年4月 神奈川大学工学部物質生命化学科 教授(在職中)

■ご専門および得意な分野・研究:
電気化学・材料化学・分析化学
Liイオン電池、燃料電池、めっき、光触媒

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年8月5日(月) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階 第3グループ活動室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 電気化学は電気と化学を扱う分野です。化学系の方は電気は苦手、電気系の方は化学が苦手という傾向もあり、始めるのに非常に敷居の高い分野と思われがちですが、応用範囲は広く、これからの研究開発には不可欠な分野であります。
 本セミナーでは、これから燃料電池、リチウムイオン電池、腐食、センサーなどの研究を始める方たちに十分に役に立つように電気化学の基礎の基礎から講義します。様々な研究に必要な電気化学測定法も解説し、押さえておくべき基本原理が身につけられるよう詳しく説明します。電気化学の基礎がわかれば様々な研究にスムーズに入ることができます。どうも電気化学が苦手だなと思っている方、是非ご参加ください。また一度、電気化学を志したが、つまずいてしまった方も、もう一度、このセミナーを通して再チャレンジしてみてください。とことん解説します。

■受講対象者:
・電気化学を用いた研究開発を始めたばかりの方から、ある程度の研究経験を積んだ方
・実験を行ってみて、いろいろ質問があり、電気化学者にその質問の答えを聞いてみたいという方
・何から手を付けてよいのかわからない方
・測定装置の使い方がよくわからない方

■必要な予備知識:
高校の化学の知識があれば大丈夫です。特に酸化還元反応式が書ければ、この講演は十分に理解できます。

■本セミナーで習得できること(一例):
・電気化学の基礎知識
・電気化学測定法のノウハウ、よくやる間違い、押さえるべきところ
・どの測定法を適用すべきかの判断方法
・測定結果の解釈方法

セミナー内容

1.電気化学の基礎
 1)電池・電気分解から始める電気化学の基礎の基礎
 2)電気化学反応の速度論/バトラー・ボルマーの式の中身を理解する
 3)電気化学反応の中身:電子移動過程と物質移動過程
 4)電極/溶液界面の構造:電気二重層の概念
 5)電気化学測定装置の基礎

2.定電流法・定電位法・サイクリックボルタンメトリー
 1)速度論の基礎の基礎:ターフェル式の利用
 2)定電位ステップで物質の拡散係数を見積もる
 3)定電流ステップで物質の濃度を測定する
 4)パルスボルタンメトリーで電極反応を詳しく解析する
 5)電気化学反応の可逆系と非可逆系でのボルタモグラムの違いを理解する
 6)電気化学反応の精密解析法の理解
 7)均一系化学反応が組み合わさった場合の電気化学反応がどのようなボルタモグラムを示すか
 8)測定法の注意事項
 9)回転電極法を用いた速度論的解析

3.様々な応用範囲を対象にした電気化学測定
 1)腐食反応を対象にした電気化学測定
 2)電池反応を対象にした電気化学測定
 3)その他

4.交流インピーダンス法の基礎と実際の応用例
 1)基礎概念
 2)測定法の基礎
 3)実験結果の読み方
 4)様々な応用での実験方法と実験結果の読み方

*ご質問は休み時間や講義が終了した後に対応致します。お気軽にお声がけください。

■ご講演中のキーワード:
電気化学、酸化還元反応、電池、腐食、電極触媒、インピーダンス測定、サイクリックボルタンメトリー、電極反応

セミナー番号:AC190801

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.