セミナー 水素 燃料電池 燃料電池自動車 fcv エネファーム 水素社会

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
6月
7月
8月
9月〜

化学・電気系 その他各分野
6月
7月
8月
9月〜

  ・7月大阪開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/6/5更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー 水素 燃料電池 燃料電池自動車 fcv エネファーム 水素社会

水素社会(8月30日)のみ参加↓

自動車動力源(8月22日)/水素社会(8月30日)両日参加↓

★水素エネルギーの基礎から国内外の政策、求められる技術、生まれるビジネスや各国が描く水素社会のシナリオまで!
★水素社会の情報収集をしている方、BEVとの関係性を知りたい方、要求技術を知りたい方、ビジネスチャンスを探りたい方など様々な方にお勧めです!

水素社会はくるのか?

−課題とビジネスチャンス−

講師

株式会社テクノバ エネルギー・水素グループ
グループマネージャー 丸田 昭輝 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 1966年生まれ。民間コンサルティング企業を経て2003年より株式会社テクノバ(調査研究部 主査)。水素関連プロジェクト(NEDO、自治体、民間)を多数実施。
 博士(環境学、2009)、Master of Public Administration(2003)、国際関係学修士(2002)、理工学修士(応用化学、1991)。高圧ガス製造保安責任者(乙種化学)取得

■ご専門および得意な分野・研究:
・水素、FC、エネルギー分野の国際連携
・政策分析、技術分析
・公共政策

■本テーマ関連学協会でのご活動:
・水素エネルギー協会会員
・燃料電池開発情報センター会員

→このセミナーを知人に紹介する

8月22日『自動車動力源の最新動向・展望からキー技術、環境対応およびMaaS/CASEのポイントまで』とセットで受講が可能です。 講義内容はこちら→

日時・会場・受講料

●日時 2019年8月30日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・浅草]産業貿易センター台東館2階 B会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料:
 『水素社会(8月30日)』のみのお申込みの場合
  1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円

 『自動車動力源の最新動向からMaaS/CASEのポイントまで(8月22日)』と合わせてお申込みの場合
 (同じ会社の違う方でも可。※参加される方のお名前を備考欄に記載下さい。)
  1名65,880円(税込(消費税8%)、資料・22日のみ昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき55,080円

学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 国を挙げて水素社会への期待が高まり、FCVやエネファームの普及が拡大するなか、新規参入する企業はどこにビジネスチャンスを見出せばよいのか。そもそも水素社会は本当にくるのか。来るならどのような姿なのか。このセミナーではこれらの質問に答えたい。

■受講対象者:
・水素社会に興味がある人、水素社会は本当に来るのか疑問をもっている人
・「FCV vs BEV」なのか、「FCVとBEVは棲み分ける」のか疑問をもっている人
・水素社会が自社のビジネスにどのように影響があり、またどのような新しいビジネスチャンスになるのか考えている人
・水素社会構築で、どのような技術が求められているのか知りたい人。

■事前に目を通しておくと理解が深まる文献: *必須ではありません。
 書籍「水素エネルギーの事典」(朝倉書店・2019/2)などを一読すると更に理解が深まる。

■本セミナーで習得できること(一例):
・水素エネルギーの基礎知識
・水素エネルギーにかかわる日本と世界の政策
・水素社会の姿と到来のシナリオ
・水素社会構築に求められる技術
・水素社会で生まれるビジネス

セミナー内容

1.EVシフトの真実

2.水素社会の背景

 1)CO2規制
 2)エネルギー

3.水素社会に関わる政策
 1)日本
 2)米国
 3)欧州
 4)ドイツ
 5)フランス
 6)北欧
 7)オーストリア
 8)韓国
 9)中国

4.水素社会の姿とシナリオ

 1)日本が描く姿とシナリオ
 2)米国が描く姿とシナリオ
 3)欧州(ドイツ)が描く姿とシナリオ
 4)中国が描く姿とシナリオ

5.水素サプライチェーンと技術
 1)水素製造
 2)水素輸送・貯蔵
 3)水素利用

6.水素社会の課題とその解決

7.社会受容性

<質疑応答・個別質問・講師との名刺交換>


■ご講演中のキーワード:

水素社会、水素エネルギー、水素サプライチェーン、ビジネスチャンス

水素社会(8月30日)のみ参加↓

自動車動力源(8月22日)/水素社会(8月30日)両日参加↓

セミナー番号:AC190833

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.