3Dバイオプリンティング セミナー 再生医療 3Dプリンター 印刷 インクジェット

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
6月
7月
8月
9月〜

化学・電気系 その他各分野
6月
7月
8月
9月〜

  ・7月大阪開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/6/5更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


3Dバイオプリンティング セミナー 再生医療 3Dプリンター 印刷 インクジェット

★3Dプリンターによる再生医療とは?
 再生医療分野ならではの材料や必要な技術、海外も含めた動向もあわせて紹介。
★再生医療分野への参入をお考えの方、自社技術を他分野に活かせないかとお考えの方にお勧めのセミナーです!

3Dバイオプリンティングによる再生医療:
医工学による臓器づくりの基礎・応用・展望

講師

富山大学 大学院理工学研究部(工学) 教授 中村 真人 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
中村 真人 (なかむら まこと) M.D., Ph. D.博士(医学)
昭和61(1986)年 神戸大学医学部医学科 卒業
昭和61(1986)年 金沢大学医学部小児科学教室入局 医師免許取得
昭和61(1986)年〜平成8(1996)年 
金沢大学付属病院と関連病院で小児科臨床医として勤務(小児循環器専攻)
平成8 (1996)年 国立循環器病センター研究所人工臓器部 医学修練士
平成9 (1997)年  同 室員
平成11 (1999)年 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 助教授〜准教授
平成17 (2005)年 (財)神奈川科学技術アカデミー・中村バイオプリンティング・
プロジェクト・リーダー(兼任)
(平成17年度〜平成19年度:3年プロジェクト)
平成20 (2008)年 富山大学 大学院理工学研究部(工学) 教授(現職)
平成31(2019)年 富山大学工学部工学科生命工学コース長・生命工学科長
大学院理工学教育部生命工学専攻長  

■専門および得意な分野・研究:
再生医工学・生体医工学・人工臓器

■本テーマ関連学協会での活動:
 2010年  国際Biofabrication学会 ボードメンバー(〜2018)
2016〜現在 日本生体医工学会理事
2018年〜現在 日本組織培養学会評議員
2019年 日本臓器保存生物医学会評議員(申請中)

所属学会:日本再生医療学会、日本臓器保存医学会、日本バイオマテリアル学会、
日本組織培養学会、日本人工臓器学会、
International Society for Biofabrication

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年8月28日(水) 12:30〜16:30
●会場[東京・池袋]IKE・Biz としま産業振興プラザ 6階第2会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに:
 培養皿でヒトの細胞が培養できるようになると、培養した細胞組織を病気の治療に活かそうという研究が始まった。再生医工学(Tissue Engineering)の始まりである。培養皮膚、培養軟骨の研究開発が進み、現在、臨床では欠かせない再生医療と治療手段の一つとなった。その他の組織・臓器に対しても研究がおこなわれてきたが、特に移植医療が必要としている重要臓器に関しては、25年経った今もなお大きな壁が立ちふさがっている。
3Dバイオプリンティングの研究は、その壁をぶち破るために始められた。一言で言うと、「機械で臓器が作れるか?」という臓器づくりへの医工学による挑戦である。
 一方、2013年頃より、3Dプリンターが世界的なブームを引き起こし、目覚ましい進歩を遂げている。3Dプリンターの医療応用も世界中で取り組まれ、「3Dプリンターがいつかあなたの命を救う」と大きな期待が集まっている。今年(2019年)、イスラエルの研究者が「3Dバイオプリント技術で人の心臓組織を生成」というセンセーショナルなニュースが流れ、注目を集めている。
 本セミナーでは、再生医工学や再生医療の医学的背景と基本的なアプローチ、克服すべき障壁、それを打ち破るための3Dバイオプリンティングによる臓器づくり発想と構想をできるだけ初心者にもわかりやすく概説する。さらに、技術進歩の著しい3Dプリンター技術の概要と特徴、3Dバイオプリンティングによる臓器づくり研究の最前線を紹介したい。
 そして、臓器づくりが実現し医療現場に届く未来を見据えて、課題と必要な技術を展望する。医工学による臓器づくりの研究に、ともに戦う同志を求む。

■ご講演中のキーワード:
・3Dバイオプリンティング ・バイオ3Dプリンター ・印刷技術 ・CAD/CAM/CAE
・再生医工学(Tissue Engineering) ・3次元組織 ・バイオ人工臓器 ・バイオインク 
・バイオアセンブリ ・バイオファブリケーション ・医療用臓器モデル

■受講対象者:
・ 再生医療・再生医工学の研究開発を始めたばかりの方から、ある程度の研究経験を経た方。
・ 業務に活かすため、3Dプリンターや3Dバイオプリンターの応用についての知見を得たいと考えている方。
・ 生体材料や再生医療の研究開発に取り組んでいるが、再生医療への具体的な応用方法などで困っている方。
・ 人の生命を救う医工学技術や研究に関心のある方。
・ 一緒に臓器作りの研究開発に活躍したい方。
・ 本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

■必要な予備知識:
・高校卒業レベルの生物・化学・物理の知識。
・細胞培養、機械工学、生体材料工学の基礎知識があればなおよい。
・しかし、この分野に興味のある方なら、特別な知識はなくてもよい。

■本セミナーで習得できること:
・再生医工学や再生医療の基礎知識 ・3Dプリンターと3Dバイオプリンターの基礎知識 
・3Dバイオプリンターの最前線  ・これから研究開発が必要となる再生医工学の技術 
・医工学の先端医療への貢献 

セミナー内容

1. 再生医工学(Tissue Engineering):細胞培養技術で必要な臓器を作る研究
  1) 再生医工学とは?・・・再生医工学の概要と原点
  2) 再生医工学の基本的手法・・・再生医工学ではどんな方法が行われてきたか?
  3) 再生医工学の課題・・・なぜ心臓や腎臓などの重要臓器が作れないのか?

2. 3Dバイオプリンティングによる臓器づくりコンセプト
  1) ヒトの手作業から機械の手へ
  2) CAD/CAM/CAEのものづくり
  3) 印刷技術の応用
  4) 3D バイオプリンターの開発

3. 3Dプリンターの原理と特徴
  1) 3Dプリンターの世界的ブーム
  2) 3Dプリンターの原理と分類
  3) 3Dプリンターの特徴:Additive Manufacturing

4. 3Dプリンターの医療への応用の考え方とレベル分類
  1) レベル1:現在の3Dプリンターでの3次元造形
  2) レベル2:生体適合性材料での3次元造形
  3) レベル3・4:再生医工学への応用

5. 3Dバイオプリンティング:世界の動向と最前線
  1) バイオプリンティングのあゆみ
  2) 世界の動向と研究の最前線(1):Biofabricationの再定義
  3) 世界の動向と研究の最前線(2):日本のNEDO→AMEDの研究プロジェクト
  4) 世界の動向と研究の最前線(3): 3D tissue modelからOrgan on a chip
  5) 世界の動向と研究の最前線(4):バイオプリンティング in TOYAMA(自験例)

6. 医工学による臓器づくり:課題と展望(自験例を中心に)
  1) バイオプロセス工学:臓器を製造する工場を考える
  2) バイオインク:臓器づくりのための材料開発:細胞・生体材料
  3) 3Dバイオプリンターとバイオアセンブリ技術
  4) バイオリアクターと組織培養に必要な技術
  5) 3Dイメージング技術
  6) 臓器保存技術

7. まとめ:
  1) 再生医療の問題点と日本の強み・日本の弱み
  2) 医工学の特徴と使命

8.質疑応答

セミナー番号:AC190845

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

2019 車載カメラ徹底解説

量子コンピュータ

これから化学物質管理

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.