高分子劣化 セミナー ゴム ゴムの劣化 高分子 エラストマー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
7月
8月
9月
10月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


高分子劣化 セミナー ゴム ゴムの劣化 高分子 エラストマー

★ゴム・エラストマーの劣化対策に向け、劣化のメカニズムや評価を理論的に解説し、劣化事例・トラブル事例に基づいた実務的な対策方法をお教えいたします!

ゴム・エラストマーの
配合設計と疲労・劣化対策

講師

村木技術士事務所 所長 村木 孝夫 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 某大手タイヤメーカーにてゴム材料の設計・開発技術、評価技術に従事し、原材料開発や配合技術に約20年間、生産技術や環境保全技術に約20年間携わってきました。
 現在はゴム材料技術、ゴム加工技術、化学物質管理に関するコンサルタントとして勤めている。

■専門および得意な分野・研究:
 ・ゴム製品の開発支援 (ゴム材料・配合設計技術)
 ・ゴム加工技術
 ・化学物質管理全般(REACH対応、国内外環境法対応)
 ・ISO14001構築支援と監査

■本テーマ関連学協会での活動:
 公益財団法人横浜企業経営支援財団 IDECで、中小企業へのゴム材料・加工技術、製品含有化学物質コンサルタント活動実施
 技術士会、日本ゴム協会

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年8月29日(木) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第3グループ活動室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに:
 ゴム材料を工業用部品として使用するにあたって,長期間におよぶ耐久性や繰り返し応力などに対する耐疲労性および劣化や疲労過程における特性変化を予知,制御することはゴム材料の設計開発において極めて重要なことです。また、過酷化する使用環境において、ゴム・エラストマーの耐久性向上や製品寿命の延長が求められています。
 本セミナーではエラストマーの劣化の評価・解析、劣化メカニズムの推定、劣化抑制と長寿命化など「ゴム・エラストマーの劣化」に関する課題、不具合事例と対策を解説します。具体的には、原料の選択、製造工程での課題解決、製品での劣化対策など、配合設計、加工技術の説明とリンクさせながら解説します。

■ご講演中のキーワード:
 粘弾性特性、ヒステレシスロス、疲労寿命、熱酸化劣化、疲労劣化、オゾン劣化、主鎖構造、主鎖切断、架橋構造、耐老化性、耐オゾン性、耐候性、老化防止剤、加硫促進剤、長寿命化、寿命予測

■受講対象者:
 ・ゴム製品や複合材料の研究開発・設計・生産技術・製造・品質管理に関わる方

■必要な予備知識:
 特になし(ただし,理系高卒程度の化学知識があれば理解できるレベル)

■本セミナーで習得できること:
 ・疲労を理解するのに必要な基礎知識
 ・耐疲労性を改善する配合技術、加工技術の一例
 ・ニーズに応えるためのゴム材料づくりの手法
 ・ゴム材料・加工におけるトラブル原因の調査とその対策

セミナー内容

1.ゴム材料に使用される高分子物質の物理・化学的特徴

2.ゴム材料の特性
 2.1 ゴム材料の機械的性質
 2.2 ゴム材料の粘弾性特性
 2.3 ゴム材料の疲労特性

3.ゴムの疲労と劣化
 3.1 疲労・劣化のメカニズム
 3.2 材料要因の影響
 3.3 配合剤要因の影響
 3.4 外部刺激による影響
  3.4.1 ゴム分子主鎖の切断と構造変化
  3.4.2架橋構造の切断と構造変化

4.劣化の評価及び分析方法
 4.1 劣化前後の応力-歪特性評価
 4.2 機器分析法

5.耐疲労劣化性を向上する配合設計
 5.1 架橋剤、老化防止剤、他配合剤
 5.2 加硫方法など

6.耐候性(オゾンなど)を向上する配合設計
 6.1 オゾン防止メカニズム
 6.2 各種ゴムの耐オゾン性比較
 6.3 オゾン劣化防止法と配合剤の選定

7.疲労寿命に影響する加工工程での問題点
 7.1 配合、混合、成形加工、加硫の各工程

8.ゴム製品の劣化事例と対策
 8.1 劣化原因の特定事例
  8.1.1 使用中のゴム製品の材質変化とその原因‐
  8.1.2 ゴム製品のトラブル事例と対策

9.劣化特性からみた長寿命化技術(ポリマー、老化防止剤・加硫剤などの選定)

10.ゴム製品の寿命予測評価

セミナー番号:AC190847

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.