情報銀行 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
7月
8月
9月
10月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


*その他 化学物質関連セミナー 開催予定はこちら:
   ・各国法規制、SDS、GHS他、最新動向を反映。

情報銀行 セミナー

各立場の人に、どのようなメリット・影響があるのか?
これからどうなるのか? 最新事例を挙げつつ解説!


「情報銀行」
の基礎知識と

国内外の動向・今後のビジネス指針・留意点

講師

ニュートン・コンサルティング(株)
 アソシエイトシニアコンサルタント 高橋 篤史 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

大手SI企業にて物流業、小売業、製造業、通信業の顧客を中心に、プロジェクトマネージャとしてシステム構築を行う一方、ERP導入コンサルティング、全社データモデル構築等、システム企画分野において活動の幅を拡げる。2010年、コンサルティング・ファームに転職した後は、ISMS構築、全社リスクマネジメントシステム構築等の業務に携わる。2011年より現職。組織の課題解決という独自の視点から、BCP、ERMを中心に、規模の大小を問わず、あらゆる業種・業態の組織における危機管理体制の構築を支援している。

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

2019年9月5日 グローバル環境におけるセキュリティ動向とAI・ IoTセキュリティ技術〜「RISC-V」等によるオープンソースセキュリティ技術等〜
2019年9月12日 GDPR(EU一般データ保護規則)および関連法令対応実務〜国内外の最新動向・各社の対応の実情・これから求められる具体策〜

日時・会場・受講料

●日時 2019年9月13日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階第2講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■講師より/本セミナーのポイント
情報銀行の基本概念と仕組みについて解説し、関与するステークホルダー(情報銀行事業者、利用企業、一般消費者(情報預託者))それぞれにどのようなメリットがあるかを明らかにします。また、国内における実証実験の事例に沿って、具体的な検証事項と抽出された課題、対応策について紹介します。さらに内外の最新情報に基づき事業の実施状況、今後の展望について解説します。


※実証実験についてはスカパーJSAT様の事例を取り上げる予定です。またセミナー実施日の9月時点ではまだ事業開始直後ということもあり、現時点でどこまで最新情報を詳細まで解説できるか未知数ですが、可能な限り情報を集約してお伝えできればと思います。

■受講対象者は?
・「情報銀行」の事業性、将来性に興味のある方
・「情報銀行」の今後の動きに応じた戦略を模索している方
・新規事業や新規研究開発テーマの立案・企画や戦略策定に従事する方
・個人情報などを統括する法務関連業務、情報セキュリティ関連業務従事者

■受講することで得られる知識/ノウハウは?
・「情報銀行」についての基本的な知識
・「情報銀行」関連事業の国内外の動き・事例・実情
・「情報銀行」とそれを巡る国内外の今後の動き・予測・展望
・「情報銀行」事業への着手・参入のためのヒント・リスク管理も含めたビジネス指針 など

セミナー内容

本テーマは日々情報が更新されている状況です。セミナー当日は最新情報に基づいた内容をお伝えします。
そのため告知概要とは若干異なる場合もございます。


1 情報銀行とは
 1.1 情報銀行が登場した背景
  1.1.1 政府の検討会
  1.1.2 個人データとマーケティング
 1.2 情報銀行の仕組み
  1.2.1 PDSシステム
  1.2.2 個人情報保護法との関係

2 情報銀行のメリットとリスク
 2.1 情報銀行事業者にとって
 2.2 利用企業にとって
 2.3 情報提供者にとって

3 国内における実証実験〜スカパー!情報銀行
 3.1 目的
 3.2 実証実験の内容
  3.2.1 参加モニターの提供情報と還元
  3.2.2 検証ポイント
 3.3 実証実験の結果
  3.3.1 有効性評価
  3.3.2 抽出された課題と対応方針

4 国内外の最新情報
 4.1 事業運用状況
 4.2 将来に向けた展望

<質疑応答・名刺交換・個別相談>

セミナー番号:AC190907

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.