SDGs セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
7月
8月
9月
10月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


*その他 化学物質関連セミナー 開催予定はこちら:
   ・各国法規制、SDS、GHS他、最新動向を反映。

SDGs セミナー

SDGsの世界をカードゲームで体感!
「なぜ今SDGsなのか?」これからのビジネスが見える!


SDGs
から新規事業開発のヒントをつかむ

〜カードゲームと簡易ワークで体得する!

SDGs基礎講座

講師

(株)ソーシャルキャピタルマネジメント 代表取締役社長 小林 博之 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

東京大学法学部卒、カリフォルニア大学バークレー校経営大学院修了(MBA)。
日本興業銀行、みずほ証券にて、資金、融資営業、M&Aアドバイザリー、経営企画、コーポレートコミュニケーション、リテール戦略企画、ウェルスマネジメント等を幅広く担当。
環境省主催「21世紀金融行動原則」起草委員会委員(証券・投資銀行業務担当)、日本証券業協会社会貢献ワーキンググループ委員、FITチャリティラン(金融関連企業約100社で社会課題に取り組むNPO等を支援するイベント)実行委員会委員長なども務めた。
2017年、ソーシャルキャピタルマネジメントを設立、代表取締役社長に就任、現在に至る。
企業の永続的発展を支援する観点から、SDGsを軸にした経営ビジョン再構築、新規事業開発、中期経営計画策定等を支援。信州大学「100年企業創出プログラム」にも参画し、SDGsの考え方をベースにした「地域、日本、世界に貢献する企業創り」を支援。
そのほか、トーセイ株式会社社外取締役、日本ファミリービジネスアドバイザー協会 執行役員なども兼任。「2030SDGsカードゲーム」認定ファシリテーター資格取得。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年9月6日(金) 10:30-16:30
●会場 [神奈川・川崎]川崎市産業振興会館9階第3研修室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

SDGsは「世界のさまざまな社会的課題を解決する」と考えると、あまりに大きな話で自分とは関係ないのではないか、と思う人も少なくありません。SDGsを推進するためには、「自分事」にするプロセスを経ることが不可欠です。本プログラムは、座学による講義よりはむしろカードゲームやワークショップを通じてSDGsの世界観を体感し、自分事として考え行動できるようにしていくことに主眼を置いて進めていきます。

■受講対象者は?
・SDGsについてこれから深く理解していきたい方
・SDGsという言葉が独り歩きしている感があるが、その本質をしっかりと理解した上で、自社の企業活動を推進していきたいと考えている方
・社内でSDGsを展開し、広めていきたいと考えている方
※企画・広報・IR・レスポンシブルケア担当から研究・開発・戦略担当者まで、業種・業界や社歴は不問とします。立場や役職に因ることのない、SDGsについて本質的な理解と自社業務における気づきを促します。

■受講することで得られる知識/ノウハウは?
・SDGsの本質的・包括的な理解
・SDGsとその関連キーワード(ESG、CSVなど)の定義と整理
・SDGsの観点による自社事業・活動の再定義・価値化
・SDGsをどのように展開・推進していくべきかの指針
・SDGsを巡る企業活動における、組織の在り方・動き方・動かし方のヒント

◆SDGsカードゲームについて
本プログラムで使用する「2030SDGsカードゲーム」は、皆さんのさまざまな活動を通じて、2030年に向けてどのような世界が作られるのか、経済、環境、社会がどのような状況になるのかをシミュレーションするゲームです。
自分の目標と世界全体の状況をいかに調和させるのか、そのためにはどのように動くことが必要になるのか、といったことを、ゲームの間ダイナミックに動きながら体感していきます。

◆カードゲーム体験者からの声
「いまいち、イメージがつかめなかったSDGsですが、ゲームを通じて納得できるまでになりました」
「今まで本を読んだりしただけではピンとこなかったSDGsの考え方が、自分が動くことで実感できました」
「国が主導だからやらなくてはならないというマイナスな考え方だったのですが、まさにこれからの企業に必須の要素だと思い直しました。明日から前向きに仕事に取り組めそうです」
「経済面ばかりを考えすぎていた自分を反省しました」
「自分の仕事の価値を見直すことができました。視野が拡がり自分の業務に誇りを持てそうです」
「次の事業のヒントがいくつか浮かびました。ありがとうございました」
「面白かったです。ぜひ明日から自社で展開していこうと思います」

セミナー内容

1 SDGsとは
 1.1 なぜ今SDGsなのか?
  1.1.1 今までのCSRとのちがい
 1.2 日本企業が真剣に取り組み始めた背景
  1.2.1 経団連 企業行動憲章 の考え方
  1.2.2 日本政府 SDGs推進会議

2 SDGsの世界を体感しよう!
 2.1 2030SDGsカードゲームのルール説明
 2.2 カードゲームの実践
 2.3 カードゲームを通じての気づきの共有、グループディスカッション

3 SDGsにかかわる取り組み事例の紹介
 3.1 SDGsへの取り組みは経営の中枢に
  3.1.1 投資家の「責任投資原則」
  3.1.2 ESG投資と企業のSDGsへの取り組み
  3.1.3 ESG経営、サステナビリティ経営、CSV経営
   3.1.3.1 トヨタ、キリンビールなどの事例紹介
 3.2 SDGs意識強化に伴う業界トレンド
  3.2.1 廃プラスチック問題とプラスチック代替素材の開発
  3.2.2 脱石炭の動き(商社、金融の「ダイベストメント」)
  3.2.3 クリーンエネルギーへのシフト
  3.2.4 レアメタル鉱山の現場
  3.2.5 フードロス問題の対応の変化
 3.3 自社のビジネスの再定義 〜何のためにこの製品を売っているのか?
 3.4 地域課題解決としてのSDGsへの取り組み
  3.4.1 日本政府SDGs推進会議
  3.4.2 SDGsアウォード
  3.4.3 SDGs未来都市
  3.4.4 日本青年会議所(JC)による全国中小企業の取り組み促進

4 新規事業開発におけるヒント
 4.1 バックキャスティング思考
 4.2 マーケットイン思考
 4.3 サステナブル・シンキング

5 自分たちが行うプロジェクトとは
 5.1 個人ワーク:自分/自社ならどのような課題に取り組むか
 5.2 全体共有

<質疑応答・名刺交換・個別相談>

セミナー番号:AC190916

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.