品質問題の未然防止 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
7月
8月
9月
10月〜

化学・電気系 その他各分野
7月
8月
9月
10月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


品質問題の未然防止 セミナー

★トラブル発生時の緊急対応、再発防止に向けた原因究明、未然防止におけるリスクの気付きの未然防止3ステップ対策を、事例演習を通じて習得!
★製造業における設計・調達・製造等、各段階ごとの未然防止対策とは!

品質問題未然防止

考え方実務対応策【演習付:定員16名】

〜ものづくりにおける品質トラブル・事故ゼロの実現に向けて〜

講師

未然防止研究所 代表  林原 昭 先生
画像








* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

*詳細(講師プロフィール・執筆書籍等)はプログラム下部をご確認下さい。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年9月9日(月) 10:00-17:00
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)1階B会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名48,600円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき37,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

*本セミナーでは、PPT資料の配布はございません。
 (別途、要点を記載したレジメを配布します)。

*受講者特典:
 受講者には参考資料として、講師著書(合同フォレスト刊)
 「なぜあなたはいつもトラブル処理に追われるのか
  〜再発防止だけでは不十分、リスクの気付きで未然防止〜」
 を進呈します。
 (プログラム下部の「書籍概要」をご参照下さい)。


○セミナーの狙い:
 みなさんの職場でこんな悩みはありませんか。
 ・製造現場での品質トラブルが多く、納入先からのクレーム・問い合わせ対応に苦心している。
 ・外注先の品質トラブルが多く困っている。
 ・現場でのミスが多く、作業がはかどらない・効率が悪い。
 ・トラブルが多く、本来の業務に時間が使えない、残業が減らない。
 ・再発防止策を出しても、再発が止まらず、類似トラブルが発生する。
 ・トラブル処理が続き、社員のモチベーションが保てない。

<こんな悪循環に陥っていませんか?>

 このトラブル処理のために、どれだけの時間・労力・コストを費やしているでしょうか。もし、トラブルを起こさなかったら? その時間をもっと創造的な仕事に振り向けることができます。そうなれば、仕事に対するモチベーションが上がり、今までよりもっと会社の業績に貢献することができるでしょう。
 昨今、我々のまわりでは様々なトラブル・企業不祥事・事故が起こっています。そのたびに再発防止が叫ばれていますが、一向にその再発が止まりません。それは、未然防止ができていないからです。
 本セミナーでは、トラブル発生時の緊急対応、再発防止での原因究明、そして未然防止におけるリスクの気付きを通して、品質トラブル・事故ゼロの実現方法についてお伝えします。さらに、ものづくり(量産系とプロジェクト系)の未然防止について、専門的な視点でお話します。
 セミナーの後半は、事例のグループ討議を通して、未然防止3ステップを体験していただきます。

○セミナー対象者:
 ・業務上のトラブル・事故ゼロで業績アップを目指したい経営者・管理職
 ・トラブル処理なしで、社員のモチベーションを向上したい経営者・管理職
 ・役職:経営者、管理職、現場リーダー
 ・業種:製造業の方
 ・職種:技術系・事務系のすべてに対応します

セミナー内容

1.業務上のトラブル・事故の現状
 (1) 業務上のトラブル

   ・書類の間違い、納期遅れ、製品の品質不具合→顧客クレーム
   ・手戻り、トラブル処理の多発→長時間労働の可能性、仕事の生産性低下
   ・不祥事(書類の偽造、データ改ざん、法令違反)→社会問題、事業の破たん
 (2) 不慮の事故死が過去20年以上毎年約4万人

2.なぜトラブル・事故が起こるか―原因は人間のミス(ヒューマンエラー)―
 (1) ミスを誘発する人間の習性と脳のクセ

   ・習性1:過去を振り返りたくない 習性2:考えたくないことは考えない、見たくないものは見ない
   ・脳のクセ:@部分だけを取り出す A過去の記憶とつなげる B想定内だけで考える
 (2) ミス(ヒューマンエラー)
   ・ルールを知らなかった、知っていたができなかった、納得していない(知識・スキル・理解不足)
   ・ルールを知っていたが、わざとやらなかった(違反、大丈夫感覚)→不祥事の温床
   ・失念、錯覚、勘違い、思い込み
   ・リスクと利益の間違った評価(リスクを過小評価し、利益を過大評価して、トラブルを起こす)
 (3) ミスはなくせるか
   ・人間はミスをする動物。ミスをゼロにはできない。
   ・「未然防止」の導入で、ミスしても実害のあるトラブルをゼロにすることが可能。

3.未然防止とは
 ・未然防止はコストではなく、マネジメントそのもの
 ・未然防止は先行投資。事が起こってからでは遅い
  →ここに「未然防止」の価値がある。

4.未然防止3ステップ対策
 (1) 第1ステップ:緊急対応 (火を消す、延焼を止める)

   @ トラブルを隠さない、即報告・共有
   A トラブルの隠ぺいを生むトラブルの当事者への叱責
   B トラブルの事実を正しく知る(トラブルの定義の明確化)
   C トラブル発生後の初動が大切
   D トラブルに対する早期対応でコスト最小化
 (2) 第2ステップ:再発防止(同じ場所・同じ原因の火事を防ぐ)
   @ 犯人捜しではなく、原因探し
   A 対策は、直接原因ではなく根本原因(真の原因)から→なぜなぜ分析で根本原因追究
   B トラブルを起こした当事者を正当化せよ(当事者の本音・言い訳に根本原因のヒントあり)
   C マニュアルに必要な “Know Why”と“5S”
   D 対策は行動レベルまで落とし込む(WBS = Work Breakdown Structure の考え方に準拠)
    (WBSは、プロジェクトマネジメント手法の1つ)
 (3) 第3ステップ:未然防止(異なる場所・異なる原因の火事を防ぐ)
   @ 再発防止と未然防止の違いとは
   A なぜ未然防止が進まないか
    (業務の優先順位の間違い)
   B コミュニケーションミスによるトラブル防止策
    (話し手の省略、聞き手の誤解予測)
   C 失敗学による将来リスクに気付くワザ
   D 「結果良ければすべてよし」の間違い
    (結果は手段を正当化しない)
   E鳥の目、蟻の目、第3者の目
    (業務の執行と監督の分離)



5.未然防止で不祥事撲滅
 (1) なぜ不祥事が起こるか

   ・ルールが守られない
   ・再発防止の間違い
   ・将来リスクに気付かない
   ・現場の疲弊
   ・権力に忖度
 (2) 如何にして不祥事を撲滅するか
   ・未然防止3ステップで企業の体質強化
   ・他社の不祥事を「対岸の火事」とせず→他社のふり見て、自社のふり直せ
   ・顧客、自社の製品・サービスに対して、正直であれ(ウソの上塗りは泥沼化を招く)
   ・異常に対する感性を磨く(組織横断的なチームワーク、外部からの視点、安全・品質優先が基本)
   ・中間管理職、リーダーの役割が大切(現場とトップマネジメントとの橋渡し、安易な解決策に走らない) 


6.ものづくりの未然防止
 6-1 ものづくりの形態

 (1) 量産(同じ製品の繰り返し生産。繰り返し性と再現性が重要)
 (2) 一品物生産=プロジェクト系
   (原則、一度限りの生産。新規図面を作成 or 過去の図面を流用。
    業務の流れ:設計→製造(調達)→据え付け→引き渡し)

 6-2 量産における未然防止
 (1) 設計開発段階での品質玉成
   @ 製品品質計画の実施とその進捗管理 
   A コントロールプラン(QC工程表、検査基準と検査方法)作成
     →過去トラの分析、FMEAの実施(製品設計と生産プロセスの改善)
   B 量産開始前の生産部品承認プロセスの完全実施 
 (2) 量産段階での品質改善
   @ 初期流動管理
   A 品質ヒヤリハット対策 
   B 8段階による品質問題の解決手順
   C QRQC = Quick Response Quality Control (現場で即問題解決)
   D 4M変更管理
   E 異物混入防止活動
   F 品質改善活動を通して、現場意識の高揚を図る


 6-3 一品物生産における未然防止
 (1) 契約段階での留意点
   @ 契約範囲を明確にする(契約範囲内 / 契約範囲外)
   A 契約形態(ランプサム契約 / コストプラスフィー契約)
   B 営業だけで判断しない(プロジェクト・設計部門との連携)
   C 契約締結前に社内で議論(プロジェクトのリスク抽出と評価、撤退も選択肢)
 (2) 設計段階での未然防止
   @ 変更管理(類似プロジェクトとの共通点と変更点)
   A デザインレビュー(プロジェクトマネジャーが主催する、リスクの抽出・評価と未然防止)
   B 顧客との議論(契約内容の確認、契約履行困難の場合は代替案提示)
   C 設計図面のチェック(誰がチェックするか、外注の場合は要注意)
 (3) 製造・調達での対応
   @ 不具合情報を設計と共有する(小さい不具合も見逃さず、設計と連携をとる)
   A コントロールプランの見直し(過去のプロジェクトでの検査漏れリスクに注力)
   B サプライヤーへの対応(PIM = Pre-Inspection Meetingの実施、検査分担の確認)
 (4) プロジェクトの損失コスト(仕損費)
   ≪損失コストの主な発生原因・流出原因≫
   ・契約段階
    ―見積り(積算)間違い
    ―契約内容の理解不足、契約範囲の誤解
   ・設計段階
    ―過去の類似プロジェクトの影響により、リスクに気付かず
    ―外注図面のチェック漏れ
    ―流用図面の間違い
   ・製造・調達段階
    ―サプライヤーの図面に対する理解不足
    ―製造不具合
    ―検査関連(検査項目欠落、検査手順の間違い等)
 6-4 未然防止におけるPDCAサイクルの回し方
 6-5 目標設定(KGIからKPIを誘導する):結果評価よりプロセス評価が大切

   ・KGI(Key Goal Indicator)
    :ビジネスの最終目標を定量的に評価する指標→結果評価
   ・KPI(Key Performance Indicator)
    :KGIを達成するため、各ビジネスプロセスが適切に実施されているかを定量的に評価するための指標

7.未然防止で働き方改革の実現
 ・業務上のトラブルの未然防止でトラブル処理から解放され、本来業務時間の確保
  →本来業務の効率アップ
  →仕事の生産性向上

8.失敗事例と成功事例からの学び方
 (1) 失敗事例からの学び方

   ・他社、他事業部門の失敗事例を他人事とは思わないこと(他社のふり見て、自社のふり直せ)
   ・失敗事例の一般化→将来リスクの気づきを得る(一般化を習得するには訓練が必要)
 (2) 成功事例からの学び方
   ・成功に至った手段・プロセスを振り返る
   ・偶然の成功は再現性が低い(成功して良かったで終わらない)

9.全体のまとめ

10.事例演習(グループ討議の手順)

 ・ステップ1:緊急対応
  ― 初動(事実)は何か。本来はどうすべきだったか(正しい初動とは)
 ・ステップ2:再発防止
  ―クレームの定義(あるべき姿と現状の姿)。クレームの根本原因追及と再発防止対策誘導
 ・ステップ3:未然防止(再発防止の結果を参考にして)
  ―将来リスク抽出とその未然防止策立案

  <質疑応答>



<事例演習での発表風景>

なお、当日の講演内容が、上記と一部異なる場合があります。あらかじめご了承ください。


*講師紹介:

○講師プロフィール
 ・林原 昭 未然防止研究所 代表、トラブル・事故ゼロ社会の実現を目指す未然防止コンサルタント
 1973年慶應義塾大学工学部計測工学科卒業後、日産自動車入社。IE(Industrial Engineering)を習得し、製造現場の生産性向上および生産管理の実務を通して、業務改革・改善に取組み、現場の大切さを知る。
 1990年千代田化工建設に移り、プロジェクトマネジメント手法を駆使して、自動車工場建設プロジェクトを遂行。2000年以降、自動車業界中心に,品質保証業務を通して、「未然防止」活動を実践。 直近、三菱重工の関連会社で、品質保証を担当し、プロジェクトの未然防止に取り組み、損失コスト削減で成果を上げる。
 これまでの製造ビジネスを通して、日本・世界30か国以上で改善業務を実践し、コスト削減や品質改善で多くの実績を残す。
 2017年、書籍出版をきっかけに、「未然防止」の普及活動に取り組み、企業研修・講演・セミナーおよびコンサルを実践。現在、企業不祥事をテーマにした2冊目の出版に取り組んでいる。

○会社概要
 ・社名:未然防止研究所
 ・代表:林原 昭(はやしばら あきら)
 ・ホームページ:http://mizenboushi.com/
 ・事業内容:経営コンサルタント(業務上のトラブル・不祥事・事故の未然防止、品質向上、コスト削減、サプライチェーンマネジメントの改善、海外工場立ち上げ支援とその運営等)

○書籍の出版
 2017年8月、ビジネスパーソン(管理職)向けに書籍を出版しました。本書ではミスをしても、チームワークで業務上のトラブルを未然に防ぐ方法について、多くの事例を交えて具体的に解説しています。
 本書は、著者が長年経験してきた自動車業界での品質保証が基本となっています。さらに、失敗学、プロジェクトマネジメント、リーダーシップ論、PDCA、心理学を取り入れて、著者独自の切り口で「未然防止」を解説していますが、専門用語は極力使わず、分かり易く書きました。

○書籍概要
 ・名称:なぜあなたはいつもトラブル処理に追われるのか
     〜再発防止だけでは不十分、リスクの気付きで未然防止〜
 ・著者:林原 昭
 ・発売日:2017年8月4日
 ・価格:1,620円(税込)
 ・出版社:合同フォレスト

 【書籍もくじ】
 第1章 ミスによるトラブルとは何か
 第2章 ミスを誘発する人間の習性と脳のクセ
 第3章 ミスによるトラブル対応の3ステップ(緊急対応、再発防止、未 然防止)
 第4章 チーム全員参加で未然防止対策の実行
 第5章 3ステップ(緊急対応、再発防止、未然防止)の事例研究
 第6章 3つの能力向上で、未然防止活動のレベルアップ
 資料編 メールによるトラブルの未然防止

セミナー番号:AC190966

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.