セミナー 匂いセンサ 匂いセンシング バイオセンサ ケミカルセンサ ガスセンサ におい

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
8月
9月
10月
11月〜

  ・10月名古屋開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー 匂いセンサ 匂いセンシング バイオセンサ ケミカルセンサ ガスセンサ におい

★特に難しいとされている“匂い計測”技術を1日速習!
★センサ/嗅覚の仕組みそれぞれの基礎からセンサの表面作製、実際の測定法・サンプリング、超高感度匂いセンサの開発まで!
★実際の応用・実用化事例や必要な要素技術も交えて解説します。

センサ技術・匂いのメカニズム等の基礎から

匂い計測への応用

〜ケミカル・バイオセンサの原理から

表面作製・測定法、様々な事例まで〜

講師

九州大学 大学院 システム情報科学研究院情報エレクトロニクス部門
准教授 小野寺 武 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 1996年3月富山国際大学人文学部卒業.1998年3月金沢大学大学院教育学研究科修了.2001年3月金沢大学大学院自然科学研究科修了.2001年4月九州大学大学院システム情報科学研究院助手.2007年4月同助教.2014年1月九州大学味覚・嗅覚センサ研究開発センター准教授.2017年4月九州大学大学院システム情報科学研究院准教授.博士(工学).

■ご専門および得意な分野・研究:
センサ工学

■本テーマ関連学協会でのご活動:
電気学会、電気化学会、応用物理学会、高分子学会、火薬学会各会員.

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年10月15日(火) 12:30-16:30
●会場 [東京・池袋]IKE・Biz としま産業振興プラザ6階 第3会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名38,000円 + 税、(資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき28,000円 + 税
 ※消費税につきましては講習会開催日の税率にて課税致します。
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 ケミカルセンサ、バイオセンサの基本原理について述べた後、半導体ガスセンサの匂い計測事例、また、表面プラズモン共鳴バイオセンサを用いた匂い検知について、原理、表面作製、選択性の付与、測定方法、サンプリングについて、詳しく説明致します.

■受講対象者:
本テーマに興味のある方や複合領域に興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

■必要な予備知識:
この分野に興味のある方なら、特に必要はありません

■本セミナーで習得できること(一例):
・ケミカルセンサ、バイオセンサの基礎知識
・計測の基礎
・匂いの基礎知識
・バイオセンサ表面の作製方法
・表面プラズモン共鳴の測定方法

セミナー内容

1.ケミカルセンサ、バイオセンサの基礎
 1.1 「はかる」ことに関する言葉の定義
 1.2 国際単位系(The International System of Units: SI)
 1.3 物理センサと化学センサ
 1.4 五感とセンサ
 1.5 スマートフォンに搭載のセンサ
 1.6 化学センサとは
 1.7 バイオセンサとは
 1.8 ターゲットの認識手法
  1.8.1 イオン認識
  1.8.2 親和性相互作用による認識
  1.8.3 抗体
  1.8.4 低分子抗体の作製方法
  1.8.5 核酸による認識
  1.8.6 酵素による認識
 1.9 センサの構造と配置
 1.10 サンプリング
 1.11 タンパク質の構造と特徴
 1.12 バイオセンサ表面作製の基礎
  1.12.1 自己組織化単分子膜
  1.12.2 ケミカルセンサ作製の材料と方法
  1.12.3 非共有結合によるレセプターの固定化
  1.12.4 共有結合によるレセプターの固定化
  1.12.5 架橋剤・クロスリンカー
 1.13 ヒトが味を感じるしくみ
 1.14 味覚センサの特徴
 1.15 脂質・高分子膜
 1.16 五基本味
 1.17 味覚センサが味を感じるしくみ
 1.18 測定手順
 1.19 味覚センサで分かること

2.匂い計測への応用
 2.1 鼻の構造
 2.2 嗅細胞
 2.3 嗅覚受容体の構造
 2.4 ヒトの嗅覚のしくみ
 2.5 匂い分子受容体
 2.6 匂い受容機構〜匂いコード〜
 2.7 ある匂い分子の濃度変化と受容体の応答の強さ(親和性)の関係
 2.8 ガスクロマトグラフィー質量分析(GC-MS)法の原理
 2.9 固相マイクロ抽出(SPME)法
 2.10 スニッフィングGC(匂い嗅ぎGC)
 2.11 酸化物半導体ガスセンサを用いた匂い計測
 2.12 イヌとヒトの比較
 2.13 表面プラズモン共鳴バイオセンサ
 2.14 超高感度匂いセンサ(Electronic Dog Nose)
 2.15 ターゲット物質(低分子)
 2.16 現場で使用するために必要な要素技術
 2.17 センサ表面の作製
 2.18 エチレングリコール鎖を有するセンサ表面
 2.19 作製したセンサ表面による非特異的吸着抑制効果
 2.20 抗原抗体反応を用いた測定方法
 2.21 ターゲット類似化合物の構造および抗体に対する親和性
 2.22 間接競合法による低分子の測定例(トリニトロトルエン)
 2.23 デンドロン(デンドリマー)を用いたセンサ表面
 2.24 表面開始原子移動ラジカル重合によるセンサ表面
 2.25 TNTに対する応答特性
 2.26 置換法によるTNTの検出
 2.27 爆薬成分の選択的検出についての実証試験
 2.28 香料の測定(飲料製造ラインの洗浄度判定)
 2.29 ベンズアルデヒドの検出
 2.30 フルフラールの検出
 2.31 その他応用:SPRセンサを用いたトウガラシ果実中のカプサイシノイド検出
 2.32 その他応用:SPRセンサを用いた尿中カテコールアミン代謝物の検出
 2.33 低分子に対する抗体獲得の実績
 2.34 フォトニック結晶を用いたホルムアルデヒド検出
 2.35 匂いセンサ実用化事例

3.展望

<質疑応答・個別質問・講師との名刺交換>


■ご講演中のキーワード:

ケミカルセンサ、ガスセンサ、バイオセンサ、低分子、匂い、センサ表面、Electronic Dog Nose

セミナー番号:AC191012

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.