セミナー 農業 iot ai スマート農業 人工知能 アグリビジネス

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
8月
9月
10月
11月〜

化学・電気系 その他各分野
8月
9月
10月
11月〜

  ・10月名古屋開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/7/3更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー 農業 iot ai スマート農業 人工知能 アグリビジネス

★相次ぐ市販化/政策の進展/実証事業の実施などで急拡大しているスマート農業をトップランナー日本総研 三輪氏が詳解!
★技術概要などの基礎から様々な先進事例、政策動向、ビジネス立上げノウハウ、海外展開まで。最新情報を交えて解説します。

農業のIoT/AI技術、スマート農業

最新動向から先進事例、ビジネスチャンスまで

講師

株式会社日本総合研究所 創発戦略センター エクスパート 三輪 泰史 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
2002年 東京大学農学部国際開発農学専修卒業
2004年 東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻修士課程修了
2004年 株式会社日本総合研究所 入社
    現在、創発戦略センター エクスパート
2008年 東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻博士課程単位取得退学 
2018年 株式会社農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)社外取締役就任
現在に至る

■ご専門および得意な分野・研究:
アグリビジネス、植物工場、農業ICT/IoT、スマート農業、農業の海外展開

■本テーマ関連学協会でのご活動:
農林水産省、内閣府等の委員会の有識者委員を歴任(植物工場、スマート農業、農業参入、農産物輸出等)

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年10月18日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・浅草]産業貿易センター台東館2階 B会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名38,000円 + 税、(資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき28,000円 + 税
 ※消費税につきましては講習会開催日の税率にて課税致します。
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 他産業に引き続き、農業分野においてもICT、IoT、AI等の先進技術の導入が始まっている。農林水産省ではこれらの技術を活用した新たな農業を「スマート農業」と定め、研究・実証事業の推進や規制緩和を進めている。2018年度は自動運転農機や農業ロボットの市販化が相次ぎ、2019年は全国70箇所程度で大規模な実証事業が実施されるとともに、国が推進する農業データ連携基盤(データプラットフォーム)の本稼動が開始する等、農業IoT/AIの市場が急速に拡大している。また、IoT/AIを農村振興(インフラ整備、農村生活等)に活用する政策も出ており、ビジネスチャンスはいっそう拡大している。
 本講座では、農業IoT/AIの技術概要、先進事例、推進政策について、最新情報を含めて解説する。

■受講対象者:
・農業・農村分野において、IoT、AI、ロボット、ドローン等に関するビジネス立ち上げを考えている方
・農業関連事業者で、これらの技術の導入を考えている方

■本セミナーで習得できること(一例):
・農業IoT、農業AIの基礎知識
・農業IoT、農業AIの先進事例
・スマート農業/スマート農村の最新の政策動向
・農業IoT、農業AIのビジネス立ち上げのノウハウ

■受講者特典:
 講師著書「アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命」(日刊工業新聞社/2019年4月)を無料で差し上げます。本書はセミナー中にサブテキストとしても使用します。

セミナー内容

1.注目が集まる農業IoT
 1)変革期にある日本農業
 2)V字回復のための発想の転換
 3)農業参入や法人化による新たなプレイヤーの台頭
 4)IoT、AI、ICT等の技術革新

2.農業IoTの基本コンセプト
 1)農業IoTの基本コンセプト
 2)農業IoT、AIの定義・分類
 3)農水省が主導するスマート農業政策

3.農業IoTの先進事例

 1)自動運転農機
 2)農業ロボット
 3)農業用ドローン
 4)農業用センサー
 5)農業ICT・AIの活用
 6)農業データ連携基盤

4.スマート農業のビジネスチャンス
 1)農業IoTのための規制緩和の進展
 2)農業IoTを活かした新たなビジネスモデル
 3)スマート農業×海外展開

5.農村デジタルトランスフォーメーション
 1)農村の抱える課題とIoT/AIの可能性
 2)農村デジタルトランスフォーメーションとは
 3)農村デジタルトランスフォーメーションの具体モデル
 4)新たなビジネスチャンスの創出

<質疑応答・個別質問・講師との名刺交換>

■ご講演中のキーワード:

スマート農業、アグリビジネス、IoT、AI、ロボット、ドローン、データプラットフォーム、農村振興

セミナー番号:AC191027

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.