養蜂 講習 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
9月
10月
11月
12月〜

化学・電気系 その他各分野
9月
10月
11月
12月〜

  ・10月名古屋開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/9/11更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


養蜂 講習 セミナー

*その他 植物工場・アグリビジネス 関連セミナー、書籍一覧はこちら:

飼い方、ハチミツの採り方、そして「売り方」:基礎からじっくり
話題の新型巣箱「フローハイブ」の実力も!


養蜂の基礎知識と採蜜成功のノウハウ

〜国内各団体の養蜂への取り組み事例

新型巣箱フローハイブでの新しい養蜂の可能性

銀座のビル屋上養蜂施設見学も可能〜

講師

銀座ミツバチプロジェクト 最高顧問・理事  高安 和夫 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

2006年3月 「銀座ミツバチプロジェクト」を田中淳夫氏と共同で立ち上げる/2007年2月 特定非営利活動法人の認証を受けNPO法人銀座ミツバチプロジェクト理事長に就任/2008年5月より ファーム・エイド銀座実行委長、08年10月 「銀座農業塾」開講。塾長として次世代の農業の担い手育成/2010年3月 茨城農政審議会農業改革委員就任/2010年3月 一般社団法人日本在来種ミツバチ協会設立 代表理事就任/2012年10月 「銀座ミツバチ奮闘記〜都市と地域の絆づくり〜」出版/2015年3月一般社団法人日本在来種ミツバチ協会から、一般社団法人トウヨウミツバチ協会に名称変更し、「みつばち千年の森づくり」事業に取り組む。/2016年4月 秋山産業株式会社にて、BIOアグリ事業部を立ち上げる。/養蜂による社会貢献地と「人と自然の共生する社会」実現を目指す社会起業家として日々奮闘中!

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年11月14日(木) 10:30-16:30
●会場 [東京・有楽町(銀座)]東京都中小企業会館8階C会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名43,000円 + 税、(資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき33,000円 + 税
 ※消費税につきましては講習会開催日の税率にて課税致します。
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■定員:先着20名限定
※定員に達し次第、申込を締め切らせて頂きます。お申込はお早めに。

▽講師より
一般的な西洋ミツバチの養蜂から、今注目されている日本ミツバチの飼育や両者に共通する都市養蜂のノウハウを説明し、その上で、ハチミツの採集から販売までを丁寧に解説します。さらに、オーストラリアで開発された新型巣箱フローハイブを使った養蜂について西洋ミツバチ、日本ミツバチそれぞれの成功ノウハウを伝授します。
尚、今回は、銀座のビル屋上にある養蜂場を見学していただけます(希望者のみ)。
受講に際して、養蜂の知識は問いません。皆さんの要望に叶うよう、出来る限り分かり易く説明したいと思います。

■受講対象者
・各団体(企業や地方自治体、介護施設、リゾートホテル、結婚式場など)の方で、養蜂を導入したいと考えている方
・養蜂や養蜂にまつわるビジネス・新規事業を手掛けたい担当者
・ハチミツを使った製品・商品企画を検討したい方
・養蜂をはじめてみたいシニア世代の方
・週末や余暇に養蜂を楽しみたいと思っている現役世代の方
・障がい者就労支援事業所の方

■受講して得られる知識・情報
・養蜂の実務知識
・養蜂関連の書籍では得られない生の情報、実情やコツ、ノウハウ
・フローハイブを利用した養蜂の成功ノウハウ(リゾートホテル、カフェでの養蜂体験や環境教育教材として)
・養蜂を事業としてとらえた場合の採算性・費用対効果(初期費用・運用費用なども踏まえた試算例)
・養蜂を採り入れることで、本業との相乗効果をあげる方法 など

▽受講特典
1)銀座のビル屋上にある養蜂施設を見学できます
2)講師による後日の「出張指導」を初回のみ割安で受けられます(希望者のみ/講師と名刺交換の上で調整)


▽同講師の過去セミナー受講者より(アンケート)
「これから養蜂をはじめようと思い参加しました。分からないところすら分からない状態でしたが、初歩から解説いただき、とても有益でした」(経営)
「養蜂の可能性を知りたくて受講。地域の特色を活かせるところが面白いと思った」(フリーランス)
「都市養蜂の事例を知りたくて受講しました。大変満足です」(起業準備中)
「養蜂をビジネスとして実現する場合のノウハウ、届け出、申請方法、販売方法を知りたくて受講しました。ありがとうございます」(高校教諭)
「元気な高齢者向けの仕事として、養蜂をとらえています。大いに参考になりました」(生活協同組合)
「屋上利用ビジネスの調査で受講しました。ありがとうございました」(新規事業開発)
「養蜂の技術をふんだんに紹介頂き、ありがとうございます。養蜂をベースとしてアイデア次第では様々なビジネスを手掛けることも可能だと思いました」(農業)


▽同講師セミナー受講者のその後の声
「自分でもミツバチを飼いたいと思い講習会に参加しました。初心者向けの丁寧な説明が良かったです。いまは農家の方から畑の一部をお借りして、ミツバチ5群を飼育しています。美味しいハチミツも収穫出来ました」(養蜂初心者)
「ミツバチを飼うことで独自性を打ち出したいと検討していました。今ではセイヨウミツバチを8群飼育し、収穫したハチミツはオリジナルの引き出物としてお客様に喜ばれています」(結婚式場運営)
「ミツバチをベランダで飼育しはじめています。デザインを仕事にしていることもあってか、ミツバチの行動にはとてもクリエイティブなものを感じます」(デザイン事務所)

セミナー内容

*セミナーの途中、当日の天候を勘案して、銀座ビル屋上の養蜂施設へ移動(会場から徒歩で3分前後)、見学をします。

1. 養蜂の概要と可能性
 1.1 養蜂の基礎知識〜ミツバチの飼い方〜
 [巣箱の作り方/季節ごとの一般的な養蜂作業/冬の寒さ対策/
  夏の暑さ対策/巣脾の交換時期/スズメバチ対策/採蜜の方法等……]

 <よくある質問>
*それぞれ解説します。ここに載っていない質問でも、可能な範囲でお答えします
「まずミツバチをどうやって入手するのでしょうか? 捕獲するのですか?」
「養蜂の道具はどこで売っていますか?」
「巣箱はどんな場所に置くのが適切でしょうか?」
「飼育場所に置く巣箱の数はどのくらいが適切ですか?」
「養蜂を行う場合、公的機関に届け出・申請をしないといけないのですか?
 その場合何をどこへ提出するのですか?」
「ミツバチには何か餌を与えないといけないのでしょうか?」
「ハチを飼う事に対して近隣の人の目が気になります。何かいいアイデアはありませんか?」
「ハチに刺された場合の応急処置方法は?」
「採れた蜂蜜の成分を分析したいとき、どこに依頼すればいいのですか?」

 1.2 拡がりつつある日本在来種ミツバチ養蜂
 1.3 大人が夢中になる日本ミツバチの捕獲
 1.4 養蜂道具の最新情報
 1.5 日本ミツバチ愛好家の増加にビジネスチャンス
 1.6 西洋ミツバチと日本ミツバチ、両方飼えばビジネスチャンス倍増
 1.7 商品化までの方法・販路の開拓:必要設備やボトリングの方法等
 1.8 養蜂ビジネスの採算性・費用対効果(初期費用・運用費用なども踏まえた試算例)
 1.9 注目の新型巣箱「フローハイブ」の特徴と活用留意点
  1.9.1 西洋ミツバチ成功事例と採蜜に至るまでのノウハウ
  1.9.2 日本ミツバチ成功事例と採蜜に至るまでのノウハウ
  1.9.3 フローハイブの可能性(リゾートホテル、カフェ、結婚式場、教育教材)

2. 都市養蜂の可能性〜銀座ミツバチプロジェクトを中心に、各地の情報も〜
 2.1 「銀座でミツバチ」の意外性とミスマッチが話題に
 2.2 都会の自然は人がつくり・守ってきた
  2.2.1 公園、街路樹など都会は蜜源の宝庫
  2.2.2 農薬被害の少ない都市養蜂は世界でも注目
 2.3 ミツバチから屋上農園へ
  2.3.1 「ミツバチが遊びに来る」花畑や野菜畑を屋上に
  2.3.2 銀座のママが和服姿でクワを持つ
  2.3.3 銀座ビーガーデンがブームになる
 2.4 ミツバチが都市と地域のかけ橋に
  2.4.1 都市型マルシェ〜ファーム・エイド銀座〜
  2.4.2 ミツバチによる震災復興支援
  2.4.3 各地で拡がるミツバチプロジェクト
 2.5 養蜂の届出・申請の方法、関連の必要書類(「どこ」へ「何」を提出するのか)

3. 養蜂と有機農業の連携〜「ミツバチの里づくり」
 3.1 ミツバチが環境保全型農業のブランドに
  3.1.1 農薬とミツバチの関係
  3.1.2 ミツバチをシンボルにした環境保全型農業
 3.2 米農家がミツバチを飼うことで地域が変わる
  3.2.1 都会の女性が里山ボランティアに来たがるわけ
  3.2.2 クラブのママやバーテンダーが田んぼのオーナーに
 3.3 ミツバチで耕作放棄地再生ビジネスチャンスあり
 3.4 ミツバチの飛ぶ里山は癒しの空間

4. ハチミツや蜜ろう、ローヤルゼリーなど養蜂製品の可能性
 4.1 ハチミツブームに火をつけろ
  4.1.1 ワインも昔は赤と白の区別しかなかったが…
  4.1.2 花の種類で味を楽しむ
  4.1.3 日本ミツバチハチミツの魅力
  4.1.4 チーズやワインとの組み合わせでさらに広がるハチミツワールド
 4.2 ハチミツ、蜜ろうを生活に
  4.2.1 肌や髪を守るハチミツ
  4.2.2 ワークショップ開催からビジネス展開へ
 4.3 ローヤルゼリーの魅力
 4.4 知られていない注目商品〜蜂の粉末など〜

<質疑応答・名刺交換>

セミナー番号:AC191108

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.