射出成形 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
11月
12月
2020年1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
11月
12月
2020年1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/11/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


射出成形 セミナー

プラスチック製品設計の勘所はここだ!
手戻りを減らして効率を上げる!コストを下げる!


<プラスチック製品設計の手戻りを無くす!>

射出成形技術の基礎―金型・成形・樹脂―

徹底理解と事例で学ぶ不良対策

講師

伊藤英樹技術士事務所 所長  伊藤 英樹 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

1986年 東京理科大学 (神楽坂) 理学部 (T部) 物理学科卒業
1986年 アルプス電気(株)入社。23年間、新製品の企画・開発・設計・海外量産に従事。主にパソコンやスマートフォン等の通信機器および車関連分野において、人が機械へ意思入力をするインタフェース製品(キーボード、マウス、タッチパネルなど)を担当。
1996年 技術士(応用理学部門)登録。
2009年 伊藤英樹技術士事務所設立。
主にプラスチック新製品の開発・設計に関する技術コンサルティングおよび技術者育成の事業を行う。
技術顧問、書籍・連載の執筆、国内外セミナー講師、大学非常勤講師、企業内研修講師、主要な国際プラスチック博覧会(ドイツK、北米NPE等)調査渡航など多数。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年11月25日(月) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第3グループ活動室4階第1グループ活動室→「セミナー会場へのアクセス」
 ※都合により教室が変更となりました。会場建物に変更はございません(2019/11/18)。
●受講料 1名43,000円 + 税、(資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき33,000円 + 税
 ※消費税につきましては講習会開催日の税率にて課税致します。
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

プラスチック製品設計者は、ものづくり工程のトップバッターと言えます。
射出成形でものづくりをするための勘所(樹脂・金型・成形)を把握して製品設計に臨む必要があります。
前半は、射出成形技術の基本3本柱となる「樹脂」「金型」「成形」の基礎を学びます。
後半は、長年プラスチック製品設計に携わってきた講師の実例を通して、設計の勘所を解説します。手戻りを無くすことはコストカット上も、また労働時間短縮の意味でも、大変重要です。そのノウハウやヒントを本セミナーで学びとっていただきます。
また、プラスチック国際博覧会(ドイツK2019)等で入手した成形品や代表的な成形不良サンプルを展示します。手に取り見て触って理解を深めていただきます。

セミナー内容

第1章 「プラスチック製品」のモノづくり工程における留意点
 〜受注・設計から試作、量産までの手戻りになりやすいポイント〜

第2章 射出成形技術の基本3本柱の理解
 1.「樹脂」の基礎
  1)樹脂の特性
   @熱による反応の違い(熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂)
   A固化時の収縮率等の違い(結晶性樹脂と非結晶性樹脂)
   B性能を向上させるための(ポリマーアロイ、繊維強化、添加剤)
  2)樹脂の種類と製品用途(汎用プラスチック、エンジニアリングプラスチックなど)

 2.「金型」の基礎
  1)射出成形金型の基本構造(2プレート、3プレート、ホットランナー)
   ※アニメーション、動画によりイメージで金型動作を理解できます
  2)射出成形金型の基本機能
   @流す(スプルー/ランナー/ゲート)
    〜ゲートの主な種類(サイドゲートなど)
   A形を作る(キャビティ)
    〜アンダーカット形状の金型処理方案
   B固める(冷却)
    〜金型温調と冷却設計
   C取り出す(離型)
    〜突き出しに関する注意点
   Dエアー排出(エアーベント)
    〜成形品質に関する重要機能

 3.「成形」の基礎
  1)射出成形加工
   〜射出成形機の構造と機能
   (射出装置、型締装置、スクリュー、型開力と型締力、樹脂圧力、投影面積)
  2)射出成形の工程
    〜保圧とは。ゲートシールとは。
  3)サイクルタイム
    〜コスト低減のチャレンジアイテム(材料費、加工費)
  4)射出成形条件と成形品質との関係例

第3章 実際の製品設計における講師の実例(失敗や成功の諸事例)
 金型-1)ペアでつくってペアを組み合わせる
    〜寸法公差とはめあい
 金型-2)つくり方を変えて部品の種類を減らす
    〜大型成形品の形状精度をつくる
 樹脂-1)樹脂は最初に決める設計仕様
    〜樹脂材料を選ぶ留意点
 成形-1)肉を削って早く冷やしてコストダウン
    〜サイクルタイムと金型生産能力
 不良-1)成形品判定の留意点
    〜成形の立ち会いで確認すること
 不良-2)外観キズと原因追跡
    〜成形不良とは何か。工程に潜む成形不良要因

第4章 プラスチック技術の最新動向およびサンプルでわかる成形不良
 1)プラスチック国際博覧会(ドイツK2019)の視察報告および成形品サンプル
 2)代表的な成形不良サンプル
※サンプルを多く展示いたします。手に取ってご覧ください。

セミナー番号:AC191117

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.