ナノカーボン材料 分散 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
9月
10月
11月
12月〜

化学・電気系 その他各分野
9月
10月
11月
12月〜

  ・10月名古屋開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/9/11更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


ナノカーボン材料 分散 セミナー

カーボンナノチューブやグラフェンなどの
ナノカーボン材料を液体中に分散させるための手法をまとめて解説!

ナノカーボン材料の分散とその評価について

〜液体中のCNT・グラフェン〜

講師

山形大学 大学院有機材料システム研究科 教授 理学博士 佐野 正人 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

2019年11月7日 グラフェンのデバイス応用〜グラフェンを用いて作製した透明アンテナやセンサーの最前線〜
2019年11月11日 グラフェン技術と応用化の現状―作製・分散・複合化・シート化・材料化・製品化―

日時・会場・受講料

●日時 2019年11月27日(水) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん 4階第3グループ活動室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名43,000円 + 税、(資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき33,000円 + 税
 ※消費税につきましては講習会開催日の税率にて課税致します。
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに
カーボンナノチューブやグラフェンなどのナノカーボン材料を液体中に分散させるには、まず凝集体をほぐし、続いて個々に遊離したナノカーボンを再凝集させないように液体中で安定化させる必要がある。ほぐすには、ナノカーボンの凝集エネルギーよりも高いエネルギーを加えればよいが、ナノカーボン自体を破壊しないようにしなければならない。また、安定化の万全策はないので、これまで培われてきた手法の長所・短所を見極めて、目的に合った最適手法を選択する必要がある。ここでは、これらの手法に関する物理化学の基礎をまとめて解説する。また、ナノカーボンが分散液体中でどのような状態にあるのかを評価することも重要である。しかし、多くの顕微鏡手法では、ナノカーボンを基板表面上に固定して、乾燥した状態でしか観察することができなかったため、試料作製時の固定化や溶媒除去プロセスが観察される構造に影響していた。最近、我々は、液中に浮遊しているグラフェンを直接観察することのできる顕微鏡の開発に成功した。通常の光学顕微鏡のように簡便・容易な操作で、観察には数分を要するだけである。この最先端技術を適応することで、液中に漂う個々のグラフェン片の「ありのまま」の形状、大きさ、厚さ(層数)などがリアルタイムでその場観察できる。また、各片の酸化度の違いなども識別できる。

■必要な予備知識
大学の物理化学入門レベルを学習した人

■本セミナーに参加して修得できること
・分散法の適正性や限界の予測
・最先端の分散評価技術

セミナー内容

1.ナノカーボンの種類
 1.1 なぜナノカーボンがおもしろいか
 1.2 フラーレン
 1.3 単層および多層カーボンナノチューブ
 1.4 極細炭素繊維
 1.5 グラフェン

2.ナノカーボン分散の基本的操作
 2.1 凝集体をほぐす
 2.2 遊離したナノカーボンの分散安定化

3.どのくらい強く凝集しているのか?
 3.1 ファンデルワールス相互作用とは?
 3.2 ナノカーボンのファンデルワールス相互作用
  3.2.1 単層カーボンナノチューブ
  3.2.2 多層カーボンナノチューブ
  3.2.3 グラフェン
 3.3 疎水性相互作用

4.どのくらいのエネルギーでCNTは切れるのか?
 4.1 長さ依存性
 4.2 CNTの引張り強度

5.ほぐす操作はどのくらいのエネルギーを与えているのか?
 5.1 ポリマーとの混錬
 5.2 超音波照射
 5.3 超音波照射の効率化

6.グラフェンをほぐす
 6.1 超音波法
 6.2 酸化法
 6.3 インタカレーション法

7.速度論的安定化
 7.1 DLVO理論
 7.2 単層CNTのShultz-Hardy則
 7.3 高粘性媒体
 7.4 希薄化

8.エネルギー的安定化
 8.1 静電的斥力
 8.2 界面活性剤の臨界表面凝集濃度
 8.3 立体障壁
 8.4 汎用分散剤の例
 8.5 ナノカーボン特有分散剤の例

9.疎水性相互作用の最小化
 9.1 表面粗さ
 9.2 親水基の導入
 9.3 ポリエチレングリコール鎖の不思議

10.分散に向けたナノカーボンの化学反応
 10.1 再現性の確認された反応 
 10.2 マイクロ波応用

11.市販ナノカーボンの分散
 11.1 形状の影響
 11.2 欠陥の影響
 11.3 不純物の影響

12.汎用分散評価法
 12.1 各種顕微鏡
 12.2 パーコレーション閾値
 12.3 紫外―近赤外吸収分光
 12.4 レイリー散乱とミー散乱

13.トワイライト蛍光顕微鏡
 13.1 液中分散ナノカーボンの観察原理
 13.2 顕微鏡の構成
 13.3 観察条件の最適化
 13.4 観察例1:超音波照射
 13.5 観察例2:還元反応

セミナー番号:AC191143

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.