セミナー プリント基板 ノイズ対策 回路 emc プリント配線 基板設計

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
11月
12月
2020年1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
11月
12月
2020年1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/11/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー プリント基板 ノイズ対策 回路 emc プリント配線 基板設計

★プリント基板からノイズが出る(受ける)メカニズムとトラブル防止策までを
 回路設計→配置設計→配線設計の順を追って解説。
★できるだけ数式は用いず具体例を挙げながら説明します!
★原理原則を知る事で、ツール無しでもある程度ノイズに強い設計ができ、
 ツールを使った場合もおもわぬ落とし穴を回避できるようになる事を目指します。

設計段階からの回路・プリント基板の

ノイズ対応技術と実践法

講師

倉西技術士事務所 所長 倉西 英明 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
1990年4月-2016年5月 富士フイルムにて
 ・印刷機器のアナログ回路設計
 ・医療画像診断機器のEMC設計・試験実施
 ・医療施設の装置不具合解析及び対策
2016年6月- 倉西技術士事務所 開業
2017年4月-2019年3月 横浜国立大学産学官連携コーディネーター(兼業)
2018年10月- 株式会社キョウデンにてノイズ設計・対策(協業)

■ご専門および得意な分野・研究:
・電子機器(特に医療画像診断機器)のEMC設計及び対策
・アナログ回路設計(特にA/D,D/A変換、基板実装技術)

■本テーマ関連学協会でのご活動:
・電子情報通信学会 通信ソサイエティEMCJ
・エレクトロニクス実装学会 低ノイズ実装研究会
・iNARTE EMC Engineer, iNARTE/KEC EMC Design Engineer

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年12月4日(水) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階 第3グループ活動室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 近年は、電子機器がノイズを出す問題、ノイズを受ける問題を考慮して回路やプリント基板を設計しなくてはなりません。しかし、電磁気学の応用であるノイズ設計技術は理解が難しく、また、納期やコストの制約から改版ができないため、何とか基板外の追加部品等で規格試験に合格させることもあります。
 さらに、回路が高速化した今日では、ノイズに加えてSI・PIの問題もあり、ツール類を使用しなければ、一発で動作する基板を作ることは容易ではありませんが、現場対策もツールの使用も、原理が分からずそれらに頼ると、落とし穴にはまることがあります。
 そこで、このセミナーでは数式を極力使わず、ノイズとは何か、という基本的な所から、必要最低限の電気物理を学んだ後、何故、プリント基板からノイズが出る(受ける)のか、どうすればトラブルを防げるのか、を回路設計、配置設計、配線設計の順を追って、具体例とともに学んで行きます。これにより、ツールがなくても、ある程度ノイズが抑えられ、また、ノイズに強いプリント基板が設計できるようになることを目指します。

■受講対象者:
・電子機器の開発・設計経験のある方で、ノイズに強い基板を設計したい方
・電子機器のノイズ対策・試験をされる方
・プリント基板が原因と思しきノイズトラブルでお困りの方

■必要な予備知識:
下記のいずれかを習得している事が望ましいです。
 ・電気物理の基礎知識
 ・電子回路の基礎知識

■本セミナーで習得できること(一例):
・物理現象としてのノイズの捉え方と、取組み方がわかる
・回路基板からノイズが発生するメカニズムが理解でき、対策設計の手法が理解できる
・回路基板に実装するノイズ対策部品の使い方が分かる
・アートワーク設計者に対する、有効なノイズ対策の指示が可能になる

セミナー内容

1.ノイズの基礎
 1.1 電子回路とノイズ
  1.1.1 電子基板と電磁環境
  1.1.2 ノイズとは何か
  1.1.3 ノイズと干渉
  1.1.4 ノイズの多面性
  1.1.5 過渡的か連続的か
  1.1.6 放射か伝導か
 1.2 ノイズの物理
  1.2.1 ノイズと電磁気学
  1.2.2 交流の基礎知識
  1.2.3 周波数スペクトル
  1.2.4 波形とスペクトル
  1.2.5 見えないLとC
  1.2.6 共振という現象
  1.2.7 電磁波の発生
  1.2.8 電磁波とアンテナ

2. プリント基板のノイズ設計
 2.1 プリント配線の基本
  2.1.1 基板とノイズ
  2.1.2 伝送線路の理論
  2.1.3 信号とリターン経路
  2.1.4 電源層・GND層
  2.1.5 層構成
 2.2 回路設計の要点
  2.2.1 回路構成の設計
  2.2.2 能動部品の選択
  2.2.3 受動部品の選択
  2.2.4 ノイズ対策部品の選択
 2.3 配置設計の要点
  2.3.1 電源系の回路の配置
  2.3.2 伝送回路の配置
  2.3.3 対策部品の配置
  2.3.4 低ノイズアナログ回路の配置
  2.3.5 発熱部品の配置
 2.4 配線設計の要点
  2.4.1 クロックラインの配線
  2.4.2 電源周りの配線
  2.4.3 高速信号線の配線
  2.4.4 外部接続周りの配線
  2.4.5 アナログ回路周りの配線

3. 基板設計とノイズ問題の解決法
 3.1 外部設計対応
  3.1.1 指示書の内容
  3.1.2 コミュニケーション
 3.2 ノイズ問題の解決法
  3.2.1 問題の本質を掴む
  3.2.2 再現性を確保する
  3.2.3 実力アップのために

<質疑応答・個別質問・講師との名刺交換>

■ご講演中のキーワード:

プリント基板、ノイズ、EMC、SI、PI、回路設計、アートワーク、部品配置

セミナー番号:AC191202

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.