セミナー 化学物質法規制 化学物質管理 製品含有 reach rohs 米国

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
11月
12月
2020年1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
11月
12月
2020年1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/11/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


*その他 化学物質関連セミナー 開催予定はこちら:
   ・各国法規制、SDS、GHS他、最新動向を反映。

セミナー 化学物質法規制 化学物質管理 製品含有 reach rohs 米国

★「実例が多く資料・お話もわかりやすい」と毎回大好評のセミナーを再開催!
★相次ぐ改正で、どんどん複雑化していく世界の製品含有化学物質法規制を網羅的・包括的に掴めます!
★EU、アメリカ、中国、韓国を中心に、トルコ、タイ、インド、ベトナムまで。各国法規制の概要から罰則や注意点、具体的対応まで徹底解説!

世界の製品含有化学物質法規制

概要・ポイントと具体的な対応

〜RoHS、REACHほか重要な法規制を、事例を交え1日速習!〜

講師

河田 研 先生 ※元・富士フイルム株式会社

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

 富士フイルム株式会社にて機器製品開発および環境対策推進に従事。欧州化学物質規制に対応した製品設計・製造の推進のために東南アジア、および中国の部品調達の現場を実地調査し、リスクの実態をもとに設計・製造指導を行った。退職後は厚生労働省主管による緊急人材育成事業の環境講師、およびエコステージ協会員向けの海外化学物質規制に関する講師を勤めている。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年12月13日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階 第1特別講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 EUのRoHS指令、REACH規則、それを追いかけるように中国、韓国、タイ、トルコなど世界中で製品含有化学物質の規制法が強化されてきています。輸出先の規制内容を知って対応しておかないと、通関差し止めや莫大な罰金、損害賠償を課せられることになります。下請け企業側にとっても、対応を誤ると輸出企業からの取引停止が待っています。海外の主要且つ重要な製品含有化学物質規制法について、内容、違反事例、罰則、注意ポイント、具体的対応方法について、事例をまじえて分かりやすく説明致します。

■受講対象者:
・製品輸出を行っている企業、および輸出企業に製品、部品を納入している企業の、開発担当者、発注・購買担当者、輸出法令対応担当者
・自治体、法人などの輸出推進担当者、環境法令対応推進担当者
など

■本セミナーで習得できること(一例):
 EUのRoHS、REACH、包材重金属規制、米国の水銀規制、包材重金属規制、中国版RoHS、REACHほか、世界の重要な製品含有化学物質規制法の内容、違反の事例をもとに、注意すべきポイントやどのような管理をしていけばよいかを習得して頂きます。

■過去、セミナーに参加された受講者の声(一例):
・法令に関する各国の事情の違いや状況をわかりやすく、また具体的に説明頂きとても良かったです。
・具体的な実例を交えたご説明で、非常に理解・解釈しやすく非常に参考になりました。
 今後とも宜しくお願い致します。
・資料も分かりやすく、概要を理解するという当初の目的を達成できました。
・ネット上ではなかなか得られない、リアルタイムの情報も頂き業務の手助けになりました。
・大事なポイントが集約された内容で、全編通して良かったです。
・化学物質法規制の業務に就いたばかりでしたが、
 丁寧なご説明とまとまった資料で理解が進みました。有難うございます。
・河田先生の実体験に基づいた対応も伺う事ができ有益でした。
 豊富な経験に裏打ちされた説得力のあるご講演でした。
・質問にも丁寧に回答頂き有難かったです。

などなど、各回ともご好評の声を多数いただいております!

セミナー内容

1.EU(欧州連合)の化学物質規制
 1)カドミウム規制
  a)規制内容と罰則について
  b)違反事例の紹介(ゲーム機、ビニタイ)
 2)包材重金属規制
  a)規制内容について
  b)法解釈注意ポイント(RoHSとの違い)
  c)違反事例からみる注意ポイント (PPバンド、印刷インクなど)
 3)改訂RoHS指令
  a)改訂RoHS指令の規制内容
   (適用猶予製品の適用時期、自己適合宣言、CEマーキング付与義務)
  b)違反事例の紹介 (塩ビ部品への鉛含有、クロメート処理ほか)
  c)違反事例からみる注意ポイント
   ・海外ベンダー事情について(非含有証明書の実情、材料調達の実情)
  d)対応方法
   ・分析方法、および分析データの読み方
   ・調査方法、収集データの管理方法
  e)RoHS規制追加候補物質
 4)REACH規則
  a)規制内容について
   ・化学物質に対する規制、義務、罰則
   ・アーティクル(成形)製品に対する規制、義務
  b)規制物質
   ・高懸念物質について
  c)化学物質管理方法
   ・川下ベンダー(部品製作、組立、販売店)が果たすべき義務
   ・JAMP方式(アーティクル・マネジメント協議会提唱)について
 5)その他のEU化学物質規制(PFOS規制、フタル酸エステル規制)

2.米国の化学物質規制
 1)カリフォルニア州鉛規制(プロポジション65)
  a)規制内容と罰則
 2)包材重金属規制
  a)規制内容、
  b)NY州政府による違反調査結果と罰則
 3)RoHS規制
  a)各州の規制内容
 4)水銀規制
  a)各州の規制内容について
  b)対応方法(ラベル表示、届出など)
 5)カリフォルニア州フォルマリン規制

3.中国の化学物質規制
 1)中国RoHS
  a)製品の含有化学物質規制について
   ・表示義務の内容
   ・規制製品リスト=「国家重点管理目録」の現状
  b)梱包への表示義務内容、対応方法
  c)取り締まりの現状
 2)中国REACH(新規化学物質環境管理弁法)
  a)規制内容
   ・申告義務内容
   ・リスクによる分類管理と追跡管理について

4.韓国の化学物質規制
 1)韓国RoHS
  a)電気製品の含有化学物質規制について
 2)包材重金属規制
 3)韓国REACH

5.その他
 1)トルコRoHS概要
 2)タイRoHS概要
 3)インドRoHS概要
 4)ベトナムRoHS概要

<質疑応答・個別質問・講師と名刺交換>

■ご講演中のキーワード:

RoHS、RoHS追加候補物質、REACH、包材重金属規制、カドミウム規制、水銀規制、PFOS規制、フタル酸エステル規制

セミナー番号:AC191215

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.