全固体電池 セミナー リチウムイオン電池 二次電池 リチウムイオン二次電池 固体電解質

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
10月
11月
12月
2020年1月〜

化学・電気系 その他各分野
10月
11月
12月
2020年1月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/10/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


全固体電池 セミナー リチウムイオン電池 二次電池 リチウムイオン二次電池 固体電解質

★全固体電池の現状として高分子や無機材料の解説から、ナノファイバーを使った新しい全固体電池の作成法まで。
★全固体電池の特性についても基本的なところから、課題への対応方法までわかりやすく説明します。

超薄膜,軽量,しなやかな
高分子全固体二次電池の開発

講師

首都大学東京 都市環境学部 環境応用化学科 学長補佐 教授 川上 浩良 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
1991年 早稲田大学大学院 応用化学専攻博士課程 修了(工学博士)
1991年 米国シラキュース大学 Research Associate
1993年 東京都立大学 助手
1997年 東京都立大学 助教授
2006年 首都大学東京(大学統合により改名) 教授
2015年 首都大学東京 学長補佐(アドミッション・センター長兼務)
2016年 首都大学東京 水素エネルギー社会構築推進研究センター 副センター長
高分子学会、日本化学会、日本人工臓器学会、日本酸化ストレス学会、日本バイオマテリアル学会、日本膜学会 などの理事や評議委員など多数
現在に至る
■専門および得意な分野・研究:
高分子化学、機能性分離膜、高分子形固体電解質膜、バイオマテリアル、細胞治療

■本テーマ関連学協会での活動:
高分子学会、日本化学会、電池討論会

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年12月16日(月) 13:00-17:00
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階E会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに:
リチウムイオン二次電池には、電解質液体の固体化、つまり固体電解質膜からなる固体電池開発が望まれている。高エネルギー密度化が可能なことに加えて、全ての電池部材を固体材料のみで形成できる全固体型二次電池は、液体を含まないため安全性の著しい向上、強固なパッキング加工が不要となり軽量化を実現でき、電池のスタック(重ね合わせ)により高電圧化、高寿命化の達成が期待される。さらに車載用途や定置型用途ではこれまで以上の高性能化、大型化が望まれているため、それに伴い電池の放熱性増大が問題となる。それらを考えると、益々安全性に優れた全固体型二次電池が望まれることとなる。
 全固体二次電池を開発するため、我々は有機電解液に代わる新しい固体電解質材料となるイオン伝導性ナノファイバーフレームワークから構成される全固体型二次電池用電解質膜を開発した。講演では、先ずはナノファイバーの特徴を紹介した後、全固体型二次電池の問題点に言及、新しい全固体Li二次電池に関するコンセプト、作製法、リチウムイオン伝導性、電池特性(リチウムデンドライト抑制、サイクル試験、安定性など)について紹介する。

■ご講演中のキーワード:
全固体二次電池、ナノファイバー、イオン伝導性、輸率、リチウムデンドライト抑制、フリーリチウムイオン、積層電池

■受講対象者:
・ 電池材料研究開発を始めたばかりの方から、ある程度の研究経験を経た方。
・ ナノファイバーの応用に関心がある方

■必要な予備知識:
・この分野に興味のある方なら、特に必要は無い 

■本セミナーで習得できること:
・全固体二次電池の基礎知識 ・全固体二次電池開発の考え方
・ナノファイバーの基礎知識 ・ナノファイバーの応用展開に関する考え方
・新しい電池開発

セミナー内容

1 ナノファイバーの特性とそのイオン伝導性
  1-1 ナノファイバーの合成
    エレクトロスピニング法についての解説
  1-2 ナノファイバーの物性
    ナノファイバーが持つ化学的、物理的特性について解説
    ナノファイバーの応用展開
  1-3 ナノファイバーの伝導性
    ナノファイバーを用いてイオン伝導性を向上させるための考え方
    プロトン伝導性ナノファイバーからなる燃料電池の開発

2 超薄膜,軽量,しなやかな高分子全固体二次電池の開発
  2-1 これまでの全固体Li二次電池の現状
     高分子材料、無機材料の問題点
  2-2 ナノファイバーからなる新奇全固体Li二次電池の開発
     全固体電池開発の考え方、電解質膜の作製法、
  2-3 全固体Li二次電池の電池特性
     リチウムイオン伝導性、輸率、薄膜化、電池特性評価(デンドライド抑制)などの問題解決に向けた取り組み

3 今後の展開

セミナー番号:AC191243

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.