セミナー、結晶成長、晶析、融液成長、固液界面、平衡状態図、コングルエント組成

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
10月
11月
12月
2020年1月〜

化学・電気系 その他各分野
10月
11月
12月
2020年1月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/10/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー、結晶成長、晶析、融液成長、固液界面、平衡状態図、コングルエント組成

★結晶の育成に必要な結晶成長の基礎から実際育成装置による実践的な結晶育成まで具体例を用いてわかりやすく解説

融液・溶液からの結晶育成−結晶育成の基礎から実践−

講師

東北大学 金属材料研究所 教授 宇田聡 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
1979. 03 東京大学理学部地質学科卒業
1981. 03 東京大学理学系大学院地質学修士課程修了
1981. 04 三菱鉱業セメント(株)(現三菱マテリアル(株))入社
1987. 09 米国スタンフォード大学 Materials Science and Engineering 博士課程に入学
1992. 06 同大 Ph.D. 取得
1995. 09 三菱マテリアル(株) 総合研究所次世代技術研究所 主任研究員
1998. 04 同社 電子技術研究所主任研究員 グループリーダー
2003. 04 東北大学金属材料研究所 結晶材料化学研究部門 教授

学位
米国スタンフォード大学 Ph.D. (1992)
学位論文:Interface Field Effect-Dominated Redistribution of Multiple Lithium Niobate Melt Species during Crystallization


1999年度日本鉱業協会賞
2003年度日本結晶成長学会論文賞
2003年度韓国結晶成長学会学術賞

■ご専門および得意な分野・研究:
・ 融液からの酸化物結晶成長の基礎と応用
・Si、たんぱく質、コロイドの結晶成長ダイナミクス
・ 電場、磁場などの外場を用いた新しい結晶成長法の展開
・ 溶質偏析の熱力学
・ 新しい化学量論物質の開発

■本テーマ関連学協会でのご活動:
・ 国際結晶成長学会(IOCG)評議員
・ 日本結晶成長学会 会長
・ Journal of Crystal Growth エディター
・ 学術振興会第161委員会幹事
・ 国際結晶成長学会サマースクールの講師

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年12月16日(月) 10:30-16:30
●会場  [東京・豊洲]豊洲文化センター8階第2研修室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに
シリコンが産業の米と言われるように、様々な種類の結晶が世の産業の根幹材料として利用されています。本講座ではこうした結晶の育成に必要な結晶成長の基礎から実際育成装置による実践的な結晶育成まで具体例を用いてわかりやすく解説します。

■ご講演中のキーワード:
融液成長、固液界面、平衡状態図、自由度、コングルエント組成(育成最適組成)、不純物分配、引き上げ法(チョクラルスキー法)、炉構造

■受講対象者:
・ 単結晶材料の研究開発を始めた方、これから始めることを考えられている方。
・ 単結晶材料の研究開発を行なっている方で、育成の基礎の理解を深めたいと考えられている方
・ 育成環境の変動に関わらず、均質な組成の結晶を育成したいと考えられている方。
・ 単結晶材料やその作り方に興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

■必要な予備知識や事前に目を通しておくと理解が深まる文献、サイトなど:
・ 必要な文献については講演時に紹介しますので、特に事前に目を通しておく必要のある資料はありません。
・ かつて熱力学を学ばれた方であれば、教科書等をご覧になって自由エネルギーの種類等に目を通しておかれると良いかもしれません。

■本セミナーで習得できること:
・結晶育成に必要な熱力学の基礎知識 ・結晶育成に必要な平衡状態図の読み方 ・結晶育成過程における不純分布の制御の仕方 ・引き上げ法結晶育成に必要な最適組成の求め方 ・引き上げ炉構造の実際 ・新しい結晶育成法の開発指針

セミナー内容

○基礎編
1. 結晶の対称性と物性の関係(酸化物結晶の例)

2. 結晶はどのように成長するか

a) 巨視的・微視的観点からみた結晶成長モード

3. 結晶育成に有用な熱力学
a) 自由エネルギーの種類と外場がもたらすエネルギー変化
b) 単成分系と多成分系の取り扱いの注意点

4. 自由度
a) 自由度の増減による新しい結晶育成法
b) 結晶サイトの自由度の考え方とその応用例

5. 結晶成長における溶質(不純物)の分配現象
a) 平衡状態図と平衡分配係数
b) 平衡凝固
c) 正規凝固(液相内溶質完全攪拌)
d) 正規凝固(液相内溶質部分攪拌)
e) 無攪拌凝固

6. 溶質(不純物)の分配現象の解析と応用
a) 座標のとり方
b) 無撹拌凝固における界面近傍の融液内溶質分布
c) 部分撹拌凝固における界面近傍の融液内溶質分布
d) 組成的過冷却とセル成長
e) 正規凝固に伴う固相の組成の変化
f) ゾーン・メルティングとフローティングゾーン育成法

7. 平衡分配係数, k0の熱力学的解釈

8. 過冷却と化学ポテンシャルと駆動力

○結晶育成の実際と応用
9. 最適組成の決定法

a) 平衡状態図の作成とコングルエント組成の求め方
b) 結晶の均質性評価
c) 融液の温度変化、温度分布が固液界面形状、結晶組成、結晶欠陥に与える影響

10. 熱環境の適正化によるマクロ欠陥の制御
a) 熱歪みによるクラックの発生
b) 界面付着キネティクスの不具合による欠陥の発生

11. 実際の結晶育成
a) 引き上げ法とブリッジマン法による結晶育成の実際
b) 原料工程、育成工程、加工工程
c) ホットゾーンの組み上げ

12. 結晶評価

13. 電場(外場)を利用した新しい結晶育成法

a) インコングルエント組成のコングルエント化
b) 核形成速度の制御

14. 真のコングルエント組成
a) 化学量論の本質とその拡張 
b) 結晶サイトの自由度と構成要素のアクティビティ(活量)
c) 化学量論組成とコングルエント組成の一致による真のコングルエント組成の実現
d) 非定常状態の育成においても均質な組成分布を保つ真のコングルエント成長

セミナー番号:AC191258

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.