ディスプレイ、OLED、マイクロLED、LCD、QLED、ナノLED  スマートフォン、高画質テレビ

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
9月
10月
11月
12月〜

化学・電気系 その他各分野
9月
10月
11月
12月〜

  ・10月名古屋開催セミナー
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/9/11更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


ディスプレイ、OLED、マイクロLED、LCD、QLED、ナノLED  スマートフォン、高画質テレビ

★各種ディスプレイの技術的課題と国内外の市場動向・トピック話題を客観的視点から解説します。用途展開の行方は?日本企業はどうするべきか?業界の技術動向を正しく把握頂けます

次世代ディスプレイの技術課題と市場動向・今後の展望 
〜OLED、マイクロLED、量子ドット、LCD、およびこれらの複合ディスプレイ

講師

有限会社アイパック 代表取締役 越部茂 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■略歴
1974年 大阪大学工学部卒業
1976年 同大学院工学研究科 前期課程終了
1976年 住友ベークライト(株)入社 フェノール樹脂、半導体用封止材料等の開発に従事
1988年 東燃化学(株)入社   半導体用シリカ、民生用シリコーンゲル等の開発に従事
2001年 有限会社アイパック設立 技術指導業を担当、寄稿・セミナー等で新旧技術を紹介

■専門および得意な分野・研究
 半導体および光学分野の素部材開発において国内外複数メーカーと協力関係を構築

■本テーマ関連学協会での活動
 ネプコン、関連業界(エポキシ・通信・接着剤等)でセミナー講師を務める
 関連雑誌(機能材料等)に寄稿 ※セミナーテキスト末尾にリスト掲載

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2019年12月11日(水) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階第4講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

★本セミナーで習得できること
・ディスプレイの光源、構造等の基礎知識
・マイクロLED、QLEDの開発状況
・OLEDディスプレイとLCDの用途
・スマートフォンの実態


■はじめに
 現在、民生用ディスプレイの主役はLCDであり、主に中国企業が製造している。但し、スマートフォンでは、韓国企業が供給するOLEDディスプレイが優勢であり、テレビでも市場拡大を狙っている。このような状況で、次世代ディスプレイとしてマイクロLEDやQLEDを用いたディスプレイが開発検討されている。今回、これらディスプレイの開発経緯・特徴および開発動向等を説明する。電子情報機器にディスプレイは必須となり、その市場拡大が期待されている。しかし、「スマホ中毒」や「テレビ離れ」が心配される状況でもある。このような状況の中、連続画面方式折畳み型スマートフォンやQLED-TVが宣伝されている。これらの真相を見極める必要がある。我々は、企業PRに操られ振り回されているだけかも知れない(例;フレキシブルOLEDとは?)。今回、各種ディスプレイを技術的且つ客観的に解説致します。
 今後、各種ディスプレイの用途展開がどうなるか?また、ディスプレイ最終製品では「蚊帳の外」状態の日本企業はどうするべきか? ビジネスの観点から考えて頂く機会になれば幸いです。

■講演中のキーワード:
 ディスプレイ、OLED、マイクロLED、LCD、QLED、ナノLED、スマートフォン、高画質テレビ

■受講対象者:
・ ディスプレイの材料研究開発を始めたばかりの方から、ある程度の研究経験を経た方
・ 業務に活かすため、ディスプレイについての知見を得たいと考えている方
・ ディスプレイ用光源に関心のある方 ディスプレイ情報が氾濫し困っている方
・ 本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です

■必要な予備知識:
・この分野に興味のある方なら、特に必要は無い

セミナー内容

1.ディスプレイ
 1.1種類
  1)LEDディスプレイ
  2)LCD
  3)OLEDディスプレイ
  4)PDP
  5)その他(PTA、SED)
 1.2 情報
  1)全体市場
  2)画素寸法:テレビ、スマートフォン
  3)用途
  4)比較(LCD vs OLED)


2.OLEDディスプレイ
 2.1 構造
  1)スマートフォン:複合構造、複合機能
  2)テレビ
 2.2 回路基板
 2.3 課題:価格、封止方法(気密封止)、性能向上
 2.4 その他


3.LCD
 3.1 構造; 複数部品の組立構造
 3.2 液晶部品
 3.3 背景灯
 3.4 進化
  1)狭額縁化
  2)高鮮明化
  3)超薄型化
  4)低価格化


4.マイクロLEDディスプレイ
 4.1 概要
  1)マイクロLED
  2)報道
  3)比較:OLED vs マイクロLED
  4)現状
 4.2 LED製法の応用
  1)LED製法
  2)課題:微細化(切断)、映像化(搭載)、コスト、検査、保証
  3)検討状況:スモール化、ミニ化、マイクロ化
 4.3 仮想製法
  1)集合体製法
  2)キャビティ製法
 4.4 封止技術


5.ディスプレイ光源
 5.1 LED
  1)開発経緯
  2)発光特性
  3)封止技術:封止方法、封止材料
  4)課題
 5.2 OLED
  1)開発経緯
  2)発光特性
  3)製造方法
  4)封止技術
  5)用途:ディスプレイ、一般照明
  6)課題:価格、性能、樹脂封止(透湿対策)
 5.3 QLED
  1)発光原理
  2)用途:照明光源、補助光源
  3)課題
 5.4 超微細LED
  1)課題:発光性能、光取出効率、赤色域輝度
  2)対策:嗜好性LED、ナノLED(ワイヤー型、ロッド型)


6.各種ディスプレイの市場展開
 6.1 機能・形状による展開
  1)湾曲型:スマートフォン、モニター
  2)折畳み型スマートフォン
  3)折曲げ型スマートフォン
 6.2 用途による展開
  1)自動車用
  2)ウエアラブル:機器、電子部品
  3)フレキシブルへの挑戦:課題、提案

セミナー番号:AC1912A1

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

自動運転センシング

半導体製造プロセス

三次元培養

ピッカリング・エマルション

再生医療・細胞治療

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.