撹拌 混合 化学工学の基礎セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
11月
12月
2020年1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
11月
12月
2020年1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/11/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


撹拌 混合 化学工学の基礎セミナー

均相系撹拌に関する基礎的な項目から、
装置スケールアップの考え方までを分かりやすく解説します。

<化学工学の基礎セミナー>

撹拌・混合

〜撹拌槽の設計とスケールアップの考え方と実際の計算〜

講師

横浜国立大学 大学院 工学研究院 教授 工学博士 上ノ山 周 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年1月17日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階F会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

【ご受講に際し】
■持ち物:関数付き電卓を持参下さい。(べき乗計算が可であれば、スマートフォンのアプリで可)


■はじめに
教科書(朝倉書店 新版 化学工学の基礎)を用いて流体と流動に関する化学工学の基礎について解説します。均相系撹拌に関する基礎的な項目から、装置スケールアップの考え方までを分かりやすく解説します。理解を深める目的で簡単な演示実験や演習を行います。また撹拌槽における流動・混合・分散状態に関する諸現象の可視化手法(数値流動解析(CFD)や電気抵抗方式トモグラフィ計測法(ERT))とその適用事例についても簡単に紹介します。

セミナー資料として『新版 化学工学の基礎』(朝倉書店)を使用します。
当日会場にてお渡しいたします。※事前にご購入頂く必要はございません。
http://www.asakura.co.jp/G_12.php?isbn=ISBN978-4-254-25038-1

■想定される主な受講対象者
化学工学(ミキシング)や流体工学を専門科目としては、学修してこなかったが、
現在業務上、これらの知識を必要とされている方

■必要な予備知識
微積分の基礎知識

■本セミナーに参加して修得できること
・流体と流動に関する化学工学の基礎について学びます。
・撹拌槽における装置設計ならびに操作条件の決定に関する基礎的な項目を学びます。
・撹拌槽における伝熱の特性の理解
・均相系攪拌槽のスケールアップのポイント

セミナー内容

0.流体工学の基礎

1.均相撹拌における基礎理論

 1-1. 撹拌・混合操作の基礎事項
   (1) 撹拌の目的
   (2) 撹拌装置の概略
   (3) 撹拌にまつわる無次元数

 1-2. 撹拌翼の形状と流動状態
   (1) 小型翼
   (2) 大型翼ならびに大型特殊翼
   (3) 撹拌Re数と流動状態
   (4) 流動状態の可視化例

 1-3. 撹拌所要動力
   (1) 流動特性指数
   (2) 完全邪魔板条件
   (3) 動力数
   (4) 永田らの式
   (5) 最高撹拌所要動力

 1-4. 混合状態とその定量的評価法
   (1) 対流混合と拡散混合
   (2) 分離の強度と分離のスケール
   (3) 混合度
   (4) 混合時間と混合速度
   (5) 混合時間の測定法
   (6) 混合時間の推算

 1-5. 撹拌槽伝熱
   (1) 均相系での伝熱操作ならびに伝熱特性
   (2) 乱流状態における熱伝達係数の無次元相関式
   (3) 層流状態における熱伝達係数の無次元相関式

2.均相系撹拌・混合におけるスケールアップ

 2-1. 撹拌・混合におけるスケールアップの基本的考え方
   (1) 各種スケールアップ基準
 2-2. 非ニュートン流体の取り扱い
   (1) 非ニュートン流体のレオロジー特性
   (2) メッツナー・オットーの手法(その1)擬塑性流体
   (3) メッツナー・オットーの手法(その2)降伏応力流体

3.簡単な演習と質疑応答

4.ミキシング装置における可視化事例

講師紹介

【略歴】
京都大学 大学院工学研究科 修士課程修了(工学修士)(昭和57年)
日揮(株)(昭和57年〜平成3年)
横浜国立大学 大学院工学研究科 博士課程後期修了(工学博士)(平成元年)
横浜国立大学(平成3年〜現在に至る。)

【専門】
プラント動特性・流体問題の解析
ミキシング技術・装置内の流動・分散現象の計測・解析

【本テーマ関連学協会での活動】
公益社団法人 化学工学会 フェロー
日本海水学会 会長、
公益財団法人 塩事業センター 理事

セミナー番号:AC200131

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.