味 におい 評価 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
11月
12月
2020年1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
11月
12月
2020年1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/11/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


味 におい 評価 セミナー

ヒトにおける味覚・嗅覚の正確な理解に向けて!
最新の食物認知や香りの研究事例もご紹介します。

<最新版>

「味とにおい」の基礎と評価手法

〜商品開発に向けた味覚・嗅覚の脳計測の方法とコツ〜

講師

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
人間情報研究部門 研究グループ長 博士(工学) 小早川 達 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年1月31日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん5階第3講習室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに
我々が日常で感じる「味」は「味覚」-つまり舌から入力される感覚と同一ではありません。しかしながら、それを味覚以外の感覚の関与を意識する機会はあまりありません。実際、医療の現場では味覚の低下を訴える患者の約半数に、味覚ではなく嗅覚の低下が認められるそうですが、これは「味」の知覚に味覚だけでなく嗅覚も深く関わっていることを示しています。
本講座では「味」に対して「味覚-舌経由の感覚」と「嗅覚-鼻経由の感覚」観点から、味嗅覚の一体感、相互作用について解説します。また、羊羹を用いた日独の異なる食文化における比較や脳機能計測からわかってきたこと(最新の食物認知や香りの研究)も紹介します。

■想定される主な受講対象者
ヒトが味覚、嗅覚、食品をどのように認識をしているかに
ご興味をもっている方であればどなたでも歓迎します。

■本セミナーに参加して修得できること
1.ヒトにおける味覚・嗅覚の正確な理解
2.日常で感じている「味」の正体 => 相互作用と感覚統合への理解
3. 経験による味覚・嗅覚の知覚の変化
4.これらに関わる脳内メカニズム

セミナー内容

1. 味覚について
 (1)第一次味覚野の同定
 (2)人間の強度評定のメカニズム

2. 嗅覚について
 (1)受容機構
 (2)嗅覚疲労
 (3)語彙と嗅覚

3. 「味」とは?味覚と嗅覚の関係
 (1)味覚と嗅覚の共通と差異
 (2)相互作用-五感の中の味覚と嗅覚

4. 訓練パネルではなく、一般コンシューマーの
  味覚・嗅覚の連続時間強度評定値の取得方法

 (1)工夫ポイント装置
 (2)工夫ポイントインストラクション
 (3)本当に一般コンシューマーで評価ができているか?

5. 経験による香り認知の変化連続強度評定の値と摂取頻度

6. 食品における香りの役割、文化差の研究から
 (1)強度と「気づきやすさ」
 (2)羊羹を用いた後鼻腔香気の有無と「気づきやすさ」
 (3)羊羹・マシュマロを用いた日独の食文化比較

7. 香りの記憶と違和感

8. 上記に関わる脳機能研究の紹介

講師紹介

【略歴】
1992年 東京大学工学部計数工学科卒業
1994年 同大学院工学系研究科計数工学専攻修士課程修了
通商産業省工業技術院生命工学工業技術研究所入所
(現国立研究開発法人産業技術総合研究所)

1999年 博士(工学)取得
2006年 産業技術総合研究所主任研究員
2016年 産業技術総合研究所 グループ長

【専門】
ヒトの味覚・嗅覚に関する研究が専門で、心理・心理物理学的手法、
ならびに脳活動の非侵襲計測法を用い、味覚・嗅覚の感覚認知統合過程の解明を目指している。

【本テーマ関連学協会での活動】
日本味と匂学会 運営委員会
国際味と匂学会 プログラム委員

セミナー番号:AC200147

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.