バナメイエビ陸上養殖技術 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
11月
12月
2020年1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
11月
12月
2020年1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/11/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


バナメイエビ陸上養殖技術 セミナー

*その他 植物工場・アグリビジネス 関連セミナー、書籍一覧はこちら:

★「妙高ゆきエビ」としても有名なバナメイエビ陸上養殖における装置技術・生産条件・水質管理、稚エビ生産、飼料・給餌方法等について解説します。

バナメイエビ

陸上養殖技術

講師

IMTエンジニアリング(株) 顧問  野原 節雄 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

*ご略歴:
 大手建設会社設計部を経て、長年バナメイの陸上養殖システム開発に従事。
 新潟県にて2007年より「妙高ゆきエビ」の生産販売を行っている。

*関連のご活動:
 陸上養殖勉強会・幹事
 (一社)ISPS推進協議会・顧問

*ご専門および得意な分野・研究:
 陸上養殖システム開発、水質管理、バナメイ、2009年産学官連携推進功労者として農林水産大臣賞を受賞。

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年1月21日(火) 12:30-16:30
●会場 [神奈川・川崎]川崎市産業振興会館9階第3研修室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 IMTエンジニアリングが開発したバナメイエビ陸上養殖システムの開発経緯と実務の注意点。バナメイエビ陸上養殖における装置技術や生産条件・水質管理、稚エビ生産、飼料・給餌方法等について解説します。

○受講対象:
 ・陸上養殖(特にエビ類)に興味のある企業、個人
 ・これから陸上養殖ビジネスに参入をお考えの方
 ・水産資材や水処理装置等、関連メーカーの方
 ・食品関連企業の方
 など

○受講後、習得できること:
 ・バナメイエビ陸上養殖の基礎知識
 ・バナメイエビ陸上養殖技術の現状や実務上の問題点・注意点
 など

セミナー内容

1.屋内型エビ生産システム開発の背景及び狙い
  ・世界のエビ生産
  ・研究開発体制

2.海産エビ・バナメイの特徴

3.個別研究機関によるバナメイエビの陸上養殖技術・システム開発

 3-1 国際農林水産業研究センター
   ・淡水化育成のための浸透圧調整、脱皮機構の解明
   ・異なった塩分濃度と硬度の比較
   ・甲殻類の抑制的な成熟制御
   ・成熟制御方式の進捗
 3-2 IMTエンジニアリング株式会社
   ・育成プラントの開発
   ・実証プラントの概要
     初期育成、
     造波ゲート
     大流量バーチカルポンプ
     沈殿物回収装置
     酸素混合装置
     収穫用網
   ・育成データの解析方法
   ・育成されたエビの評価
 3-3 増養殖研究所
   ・ストレス評価指標の選定
   ・ストレス指標の特性
   ・ストレス評価
 3-4 ヒガシマル
   ・バナメイ用基本飼料の確立
   ・目標価格
   ・給餌方法

4.国産稚エビの開発
 4-1 人為催熟技術の確立(JIRCAS)
 4-2 閉鎖循環式種苗生産システム(IMTE)

   ・水質及び育成環境
   ・稚エビの搬送方法
   ・モデル施設の設計
 4-3 種苗の大量生産技術の開発(マリンテック)

5.実際の養殖管理事例
 5-1 水質管理
 5-2 育成のための水質条件

   ・水温
   ・酸素濃度
   ・アルカリ度
   ・アルカリ度と炭酸ガスの関係
   ・塩分濃度
 5-3 生物ろ過の原理
   ・アンモニア
   ・亜硝酸
   ・硝酸態窒素
 5-4 栄養と給餌
 5-5 健康管理

6.今後の陸上養殖


  <質疑応答>

セミナー番号:AC200168

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.