リチウムイオン電池リサイクル技術 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
11月
12月
2020年1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
11月
12月
2020年1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/11/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


リチウムイオン電池リサイクル技術 セミナー

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定予定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として外部機関研修として3単位が認められる予定です。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


リチウムイオン電池ニッケル水素電池等の車載電池リサイクルの技術開発の現状・今後やその取り組みについて!
リチウムイオン電池に含まれるレアメタル分離のキーテクノロジーとなる溶媒抽出技術について、詳細を解説します!

リチウムイオン電池

リサイクルプロセス技術

講師

住友金属鉱山(株) 技術本部 新居浜研究所 湿式製錬開発グループ 主席研究員 研究主幹 博士(環境科学)  浅野 聡 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

2020年1月22日 国内外におけるCFRPリサイクル〜最新の技術動向とその活用〜

日時・会場・受講料

●日時 2020年1月24日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第3グループ活動室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

 二酸化炭素の排出削減を背景に電気自動車が脚光を浴び、使用されるリチウムイオン電池およびそれを構成する金属のリサイクルが注目を集めている。しかしながら、リチウムイオン電池中の有価金属含有量は少なく、かつ、危険物や有害物質が共存するため、工業的なリサイクルの実現は容易ではない。
 住友金属鉱山では20年前から車載電池のリサイクルプロセスの開発を開始し、工業化を実現してきた。
 本セミナーではリチウムイオン電池を含む車載電池リサイクルの技術開発の経緯・現状と今後の展開について報告する。
 中でも、リチウムイオン電池に含まれるレアメタル分離のキーテクノロジーとなる溶媒抽出技術については詳しく解説する予定である。

○受講対象:

 ・金属、特に電池材料のリサイクルに興味がある方、既に携わっている方
 ・電池リサイクルの特定工程のリサイクルの研究、開発、事業には従事しているが、リサイクル事業の全容や技術的課題の解決法について知りたい方
 など

○受講後、習得できること:
 ・金属リサイクル、特にリチウムイオン電池リサイクルを構成する技術要素
 ・金属リサイクル、特にリサイクルの全体最適の考え方

セミナー内容

1. 住友金属鉱山における電池材料の原料確保に向けたサプライチェーン
  〜資源事業、金属事業、電池材料事業の戦略とその取り組み〜

 1)鉱山資源から電子材料まで

  a)電池正極材のサプライチェーン
  b)権益を持つ世界の非鉄金属鉱山
  c)低品位ニッケル、コバルト鉱石の処理技術
  d)日本国内の金属製錬拠点
  e)銅、ニッケルの代表的な製錬所
 2)主要な製品について
  a)製錬事業の製品
  b)材料事業の製品

2.住友金属鉱山の車載電池リサイクル技術とそのプロセス
 1) ニッケル水素電池(Ni-MH)リサイクルについて

  a) Ni-MH電池リサイクルの事業化経緯
  b) Ni-MH電池処理プロセスの概要
    (回収対象とプロセス)
 2) リチウムイオン電池(LIB)リサイクルについて
  a) LIBリサイクルの必要性と課題について
   ・世界のEV市場拡大について
   ・国内の次世代自動車普及見通しとLIB廃車発生予想
   ・LIBの組成とリサイクルにおける課題
  b) 製錬工程を活用したLIBのニッケル、銅のリサイクル
   ・銅製錬工程における処理プロセス
   ・ニッケル製錬工程における処理プロセス
   ・正極材製造工場(磯浦工場)における正極活物質への再生
  c) 単独処理プロセスの開発
   ・リチウムイオン電池の資源循環スキームの課題と対応
   ・新乾式処理プロセス
    〜ニッケル、銅およびコバルトの選択的な回収について〜
   ・LIB中の有害元素の選択的な除去方法

3.リチウムイオン電池に含まれるレアメタル分離のキーテクノロジー
 〜溶媒抽出法について〜

 1) 溶媒抽出法とは

  a) 基本的な概念について
  b) 一般的な操作方法について
  c) 抽出剤開発の歴史
  d) 金属分離媒体としての溶媒抽出の位置付け
    〜各種湿式分離法の比較〜
   ・反応、プロセスにおける比較
   ・エンジニアリング側面からの比較
 2) 工業用抽出剤の種類と特徴
  a) 中性抽出剤
  b) 酸性抽出剤
  c) 塩基性抽出剤
  d) キレート抽出剤
  e) 配位子置換型抽出剤
 3) 電池リサイクル・レアメタル分離に向けた抽出剤への要求事項
  a) 抽出能力
  b) 相分離速度
  c) 低水溶性
  d) 安全性
  e) 経済性
  f) 化審法対応
 4) 住友金属鉱山における溶媒抽出法のリサイクル応用例
  a) ニッケル工場
  b) 旧・日本キャタリストサイクル

  <質疑応答>

セミナー番号:AC200175

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.