セミナー organs-on-a-chip 臓器チップ body-on-a-chip マイクロ流体デバイス 3次元培養

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
11月
12月
2020年1月
2月〜

化学・電気系 その他各分野
11月
12月
2020年1月
2月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/11/7更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


セミナー organs-on-a-chip 臓器チップ body-on-a-chip マイクロ流体デバイス 3次元培養

★マイクロ流体デバイスの基礎から、Organs-on-a-chipの国内外の最新研究動向と具体的事例、実用性についてまで詳解!

Organs-on-a-chip技術の

基礎から最新研究動向、展望まで

講師

東海大学
工学部 機械工学科 / マイクロ・ナノ研究開発センター 准教授
木村 啓志 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
2007年9月 東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 博士(工学)
2007年10月 - 2009年3月 東京大学生産技術研究所 特任研究員
2009年4月 - 2012年3月 東京大学生産技術研究所 特任助教
2012年4月 - 2015年3月 東海大学工学部 専任講師
2015年4月 - 現在 東海大学工学部 准教授
2014年3月 - 現在 (兼任)文部科学省科学技術・学術政策研究所 専門調査員
2012年4月 - 現在 (兼任)東京大学生産技術研究所 研究員
2016年9月 - 2017年3月 (兼任)東京大学大学院工学研究科 非常勤講師
2017年4月 - 2018年3月 University of California, Los Angeles(UCLA), David Geffen School of Medicine, Visiting Scientist

■ご専門および得意な分野・研究:
・マイクロ流体工学 / Microfluidics
・マイクロTAS / MicroTAS
・バイオMEMS / BioMEMS
・発生工学 / Development
・細胞・組織工学 / Cell/Tissue Engineering

■本テーマ関連学協会でのご活動:
・日本機械学会
・化学とマイクロ・ナノシステム学会
・ロボット学会
・計測自動制御学会
・電気学会
・定量生物学の会 ほか

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年2月13日(木) 12:30-16:30
●会場 [東京・駒込]滝野川会館3階 302集会室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナー開催にあたって

■はじめに:
 微細加工技術を用いて基板上に形成したマイクロ流路の内部において、化学反応や分析、細胞培養等を行うデバイスのことを総称してマイクロ流体デバイスと呼ぶ。近年この技術を活用して、デバイス上に組織臓器を形成する「Organ-on-a-Chip」技術は近年大きな注目を集めており、世界各地で盛んに研究が行われている。特にiPS細胞とその分化誘導手法の進展により、近年ではOrgan-on-a-Chip技術を用いた創薬のための組織モデルや疾患モデルの開発、さらにはin vitro臨床試験といったことも議論され始めるに至っており、薬効毒性をin vitroでテストするプラットフォームとして大きく期待されているところである。
 本セミナーでは、筆者らのグループがこれまで進めてきた肝小葉様構造の再構築の試みや、複数種の臓器由来細胞を単一デバイス上に配置した多臓器モデルの構築とその薬物動態試験への応用等を交えながら、Organ-on-a-Chip技術ならびにその応用や課題について紹介する。

■受講対象者:
本テーマに興味のある企業の
・企業の研究者、技術者
・理工系のバックグラウンドを持つ新規事業企画担当者、リサーチャー、経営層
・その他、本テーマに興味のある方

■必要な予備知識:
この分野に興味のある方なら、特に必要ありません。

■本セミナーで習得できること(一例):
・マイクロ流体デバイスの基礎とその細胞培養応用
・Organs-on-a-chip技術の現状と将来性

セミナー内容

1.マイクロ流体デバイスの概要
 1.1 マイクロ流体デバイスの歴史
 1.2 マイクロ流体デバイス技術の概要
 1.3 マイクロ流体デバイスの作製技術
 1.4 マイクロ空間の物理学
 1.5 マイクロ流体デバイスの応用例

2.マイクロ流体デバイスの細胞培養への応用
 2.1 応用事例1
 2.2 応用事例2
 2.3 応用事例3

3.Organ-on-chipの研究事例
 3.1 研究背景と概念
 3.2 世界の研究動向
 3.3 日本の研究動向
 3.4 具体的な研究例紹介
  3.4.1 Gut-on-a-chip
  3.4.2 Liver-on-a-chip
  3.4.3 その他の臓器

4.Organs-on-a-chipの研究事例
 4.1 研究背景と概念
 4.2 多臓器システム

5.Organs-on-a-chipの実用性について
 5.1 ベンチャー企業の紹介
 5.2 実用化に向けた課題

6.まとめ

<質疑応答・個別質問・講師との名刺交換>


■ご講演中のキーワード:

マイクロ流体デバイス、Organ-on-a-chip、Body-on-a-chip、培養細胞、動物実験代替法

セミナー番号:AC200209

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.