車載ディスプレイ ディスプレイ セミナー タッチパネル 車載 OLED

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/12/6更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


車載ディスプレイ ディスプレイ セミナー タッチパネル 車載 OLED

★自動運転などの時代の変化に伴ってディスプレイの要求特性・材料はどう移り変わるのか?
★注目を浴びる車載ディスプレイやタッチパネル、イメージセンサに焦点をあて、今後の材料・部材開発に役立つ最新情報をお届けします。

車載ディスプレイ・タッチパネルの最新技術動向
―今後の材料・部材動向把握のために―

講師

Ukai Display Device Institute 代表 鵜飼 育弘 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 1968年:大阪大学卒業
     ホシデン(株)入社
 1979年:主にトップゲート型a-Si TFT-LCDのR&Dおよび事業化に従事。
 1989年:Apple Macintosh potableに世界で初めて10型モノクロ反射型のa-Si TFT-LCDが採用された。
     世界で初めて民間航空機(ボーイング777)コックピット用ディスプレイとしてTFT-LCDが採用された。スペースシャトルのコックピット用ディスプレイとしても採用された。
     Du Pontとa-Si TFTとSeによる直接変換型X線ディテクタ(FPD:Flat Panel Detectorを開発実用化。
 1999年:東京工業大学から工学博士号授与される。
     同年3月退職(退職時開発技術研究所参与)。
 1999年:ソニー(株)入社 STLCDにて技術部長としてLTPS TFT-LCDの量産立ち上げに従事。
     世界で初めてガラス基板上にLTPS TFTによるシステム・オン・パネルの量産。
 2002年〜:モバイルディスプレイ事業本部担当部長及びコーポレートR&Dディスプレイデバイス開発本部 Chief Distinguish Engineer として、技術戦略・技術企画坦当。In-Cell化技術を学業界に提唱し事業化を推進した。
 2008年3月:ソニー(株)退職
 2008年4月〜:現職
 2013年10月〜:大阪市立大学大学院非常勤講師

■専門および得意な分野・研究:
 フラットディスプレイ(FPD)全般。タッチパネル技術全般(特性、プロセス、応用など)。薄膜トランジスタ全般(デバイス物理、プロセス、特性、信頼性など)。FPD関連部材、製造装置、製造工程。

■本テーマ関連学協会での活動:
 応用物理学会正員 Society for Information Display 
 薄膜トランジスタ技術のすべて、実践ディスプレイ工学など著書多数

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年2月28日(金) 10:00-16:30
●会場 [東京・豊洲]豊洲文化センター8階第1研修室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■概要:
 人と車のインターフェース・デバイスとして、本セミナーでは車載用デバイスとして、ディスプレイとタッチパネル及びイメージセンサを取り上げる。まず、学会・展示会からみる車載ディスプレイの動向と今後の方向性を解説する。テレビやスマートフォンなど民生用と車載用の違いを、開発期間、信頼性、供給義務等の面から述べるとともに、人の命に係わるデバイスとの認識を新たに喚起する。
 車載用デバイスの市場は、今後大きく成長が期待される分野であり、部材メーカーにとって大きなビジネスチャンスを掴むために要求性能と開発状況の把握は必修である。どのように取り組めば付加価値が見いだせるかの秘訣も伝授する。
 著者は世界で初めて民間航空機(B-777)用コックピットディスプレイ及びキャビンエンターティメント用TFT-LCDのR&Dから量産まで従事した。過去、数十年にわたるこの分野での実践を通して得られた知識や知恵を基に、最新の技術を分かりやすく紐解く。デバイス開発技術者は言うに及ばず、装置・材料部材及び加工メーカーやの技術者や営業および管理等、幅広い分野の方々の受講を前提にプログラム等作成した。
 セミナーで取り扱う技術情報は、ディスプレイの国際会議SID2019およびIDW2019やインターネプコン2020等の展示会で公開された技術を中心に分かりやすく解説する。

★過去、本セミナーを受講された方の声(一例):
 ・話の導入,説明がやさしくて面白くて良かったです。
 ・元々技術的知識は少なかったがわかる範囲で理解できた。しっかり復習します。
 ・ためになるユーモアが多く、楽しみながら受講できました。
 ・知らないことが多かったので大変満足しました。
 ・今後の方向性がはっきり見えたように思います。ありがとうございました。
 ・各材料の特色、将来を含めてコメントを頂けて大変有意義に感じました。
 ・広い、新しい部分も含んだ資料でよかった。ハンドブックのように使いたい。
 ・情報の光と影、表と裏がよくわかった
 ・質問にもたくさん答えていただけて非常に頭を整理できた。今後の開発にいかしていきたい。
 ・効率的な進め方で非常に良い。
 ・現在のディスプレイに関する技術の課題がわかった。
 ・現在の動向を知れてよかった。会社のメンバーにも共有します。

セミナー内容

1. 学会・展示会から見る車載ディスプレイの動向と今後の方向性  
  1.1 車載用と民生用の違い
  1.2 コックピット用ディスプレイと要求性能
  1.3直射日光下での視認性対応技術
  1.4 HUD(ヘッドアップディスプレイ)
  1.5車載用AMOLEDの動向
  1.6フリーフォーム、曲面化対応
  1.7電子ミラーと材料
  1.8車載用ディスプレイの市場動向

2. 車載タッチパネルの開発動向と構成部材への要求機能
  2.1 車載用タッチパネルの要求性能
  2.2 車載用タッチパネルの実用化と開発動向
  2.3 構成部材への要求性能
    2.3.1 低反射化技術
    2.3.2 虹むら(rainbow)対策
    2.3.3 光学貼り合わせ材料とプロセス.
    2.3.4 モスアイフィルム
  2.4 フレキシブル化と構成部材への要求性能
  2.5 車載用タッチパネルの市場動向

3.フレキシブルディスプレイと求められるマテリアル開発
  3.1 フレキシブルディスプレイ比較
  3.2 薄膜トランジスタ(TFT)と基板材料の要求性能
  3.3 透明電極材料、配線材料としての導電性インク、薄膜トランジスタの要求事例
  3.4 バリア膜、封止材料の要求事項、開発動向
  3.5 現状のフレキシブルOLED製造法の課題

4.イメージセンサの開発動向と構成部材への要求性能
  4.1 イメージセンサからセンシングへ
  4.2 オンチップカラーフィルタ
  4.3 光学樹脂
  4.4 市場動向

5. まとめ

セミナー番号:AC200245

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

創薬スクリーニング

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.