光硬化 UV硬化 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
12月
1月
2月
3月〜

化学・電気系 その他各分野
12月
1月
2月
3月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2019/12/6更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


光硬化 UV硬化 セミナー

光硬化材料の設計、評価法、各種トラブルの原因と対策等、1日で基礎から実践までしっかり習得できるセミナーです!

光硬化技術を活用するための必須知識
〜基礎の理解から、開発に役立つTipsまで〜【名古屋開催】

講師

東亞合成 株式会社 R&D総合センター 専門主幹 博士 佐々木 裕 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年2月21日(金) 10:30-16:30
●会場 [愛知・名古屋]名古屋国際センター4階 第3研修室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■光硬化技術とは
光硬化技術は、コーティング、インキ等の表面加工技術から、エレクトロニクスや自動車関連等の部材などの幅広い領域や接着等の応用へと幅広く展開されてきています。
この技術は、省スペースでの高速硬化が可能であるため熱硬化に比べて経済的であり、また、環境保全の立場からもますます重要になってきています。
このように多くの利点を有していますが、実用化に当たっては、その硬化機構を理解しておかないと各種のトラブルが発生する場合も多く見受けられます。

■理解の困難さ?
この技術は、各種の要素技術の組み合わせから成り立っているため、その内容が多岐にわたり、一見複雑に見えるかもしれません。
そのため、この分野に興味を持たれた初心者の方たちの中には、習得するのが大変そうだなと思われている方も多く見受けられるようです。
しかし、個々の要素技術の基本をきちんとイメージとして捉えて全体像をザックリと捕まえることができれば、理解は一気に容易になるでしょう。

■本講座の進め方
本講座では、液体が固体と変化するという光硬化の過程について、全体を俯瞰できるように配慮して説明を行います。
最初に、基本的な事項である「液体と固体の違い」について、物質のミクロなイメージを模式図として理解できるような説明から始めます。
そのうえで、光硬化技術の実際に即した形で、各段階における評価に必要となる技術の説明を続け、個別の事案への理解を深めていきます。
最後に、演者のこれまでの経験に基づく「役に立つTips」等の具体的な事例についても説明を行います。
これらの説明においては、できるだけ多様な切り口からの説明を行い、図を多用することで直感的なイメージとして理解できることを目指します。

■対象となる方々
・光硬化型材料を設計したい方(化学系メーカーの技術者、研究者)
・光硬化プロセスにかかわる方(光源等の光硬化関連機器メーカーの技術者)
・光硬化技術を利用しようとしている方(各種ユーザー)
・知識としてこの技術を理解しようとしている方(上記以外の方々:例えば、営業の方)

■必要となる知識
・できるだけ、図解でのイメージとしての理解を狙うので、特定の基礎知識は必要ありません。
・化学構造式のようなものも少しは取り扱うため、化学に対するアレルギーが少ないことが望ましいが、羅列とならないように配慮します。

■得られる知見
1. 光硬化技術の原理の理解
・液状樹脂が固まるということ
・濡れと接着(密着)
2. 光硬化技術の実際的な具体例
・液状硬化型材料の設計のポイント
・硬化過程、硬化物特性等の評価法
3. 各種トラブルの原因理解とその対策
・硬化性向上へのポイント
・密着性等の不良対策

■キーワード
(全体)光硬化、光源の選択、硬化収縮、応力集中、硬化不良、酸素硬化阻害、密着不良(材料設計)液体の流動、濡れ、密着(硬化関連)ネットワーク形成、粘弾性、ガラス転移、パーコレーション、ラジカル硬化、カチオン硬化、アニオン硬化、チオール-エン反応

セミナー内容

1.はじめに
ここでは、講座全体のイントロダクションとして、光硬化技術の用途やメリットを示したのちに、この講座の進め方についてお話します。
 1.1.簡単な自己紹介
 1.2.光硬化の難しい点
 1.3.理解へのアプローチ
 1.4.本講座の進め方

2.液体と固体の違いについて
最初に、最も基礎的な事項である「液体と固体の違い」について、物質のミクロなイメージを模式図として理解できるような説明から始めて理解を深めます。
 2.1.結晶と液体の違い
 2.2.流れるということは?
 2.3.固体と液体の境目
 2.4.ガラス状態とは

3.液状樹脂が固まるということ
光硬化とは、「液状材料が、光の照射で硬化して、硬化物を生成」するという技術です。
ここでは、その全体像が理解できるように、液状樹脂が固まるということについて様々な視点から概観します。
 3.1.液状樹脂が固まるということ
 3.2.高分子とは
 3.3.光反応について
 3.4.重合反応のシミュレーション

4.光開始重合反応について
光硬化反応の一番重要なポイントである光開始重合について、光ラジカル重合を中心にまとめます。
 4.1.ラジカル重合について
 4.2.光開始ラジカル重合のポイント
 4.3.エン・チオール系のラジカル反応

5.光硬化型材料の構成要素について
実際の光硬化型材料の構成要素について、広く用いられているアクリレート類のラジカル重合型材料を中心に説明します。
 5.1.光ラジカル硬化に用いられる反応性材料
 5.2.光開始剤について
 5.3.その他の添加剤

6.硬化型材料の評価について
光硬化を行う際の各段階における評価方法について、ここで議論します。
 6.1.液特性の評価
 6.2.硬化特性の評価
 6.3.硬化物物性の評価
 6.4.その他の評価

7.UV硬化技術を有効に利用するためのTips
今後の開発に役立つTipsについて、これまでの経験に基づいて説明します。
 7.1.硬化反応を効率よく行うためには(例えば、暗所での硬化)
 7.2.硬化収縮と応力集中の関係について
 7.3.メゾスケールで考えることの意味

8.Q&D (Question and Discussion)
皆様の疑問を整理して理解していただく意味で、単純に質疑応答というわけではなく、質問と議論という形にできればと考えています。

【付録】
以下の事項については、時間の余裕があれば議論を行いますし、また、興味のある方がいれば簡単に説明を行う予定です。

1.光開始カチオン重合反応について
ラジカル型の材料とは異なる特性を有する光開始カチオン重合について、簡単にまとめます。
 1.カチオン重合について
 2.光開始カチオン重合のポイント
 3.ラジカル重合とカチオン重合の比較
2.レオロジーについて
材料の特性を評価する場合の基本となるレオロジーという考え方についての説明をまとめます。
 1.レオロジーの基本的な考え方
 2.物質の歪みと応力
 3.基本的なモデル
 4.緩和時間について
 5.粘弾性測定

セミナー番号:AC200288

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

創薬スクリーニング

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

日本語メディカルライティング

DI対応CSV 2019

プラスチック環境対応技術

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.