発明 聞き取り ヒアリング セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
1月
2月
3月
4月〜

化学・電気系 その他各分野
1月
2月
3月
4月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/1/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


発明 聞き取り ヒアリング セミナー

弁理士の方へ:<日本弁理士会 継続研修認定対象講座>
当講座は日本弁理士会の継続研修としての認定講座です。
研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として外部機関研修として3.5単位が認められます。
単位申請をご希望の方は「受講証明書の発行希望の旨」と「弁理士登録番号」をお申し込み時の備考欄にご記載下さい。詳細はこちら


★発明者(研究者・技術者)からどんな情報をどのように引き出したらよいのか?


強く広い特許を取るための

「発明の聞き取り(ヒアリング)」技術

〜知財担当者と発明者(聴く側と聴かれる側)、それぞれの留意点とテクニック〜


講師

ソナーレ特許事務所 代表 弁理士 右田 俊介 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

弁理士/特定侵害訴訟代理業務付記
国際TRIZ協会(MATRIZ)認定TRIZスペシャリスト/I-TRIZ(Ideation International Inc.)認定プラクティショナー
1974年 東京生まれ /1997年 東京大学工学部航空宇宙学科卒業
1999年 東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻 修士課程修了 専攻:高速空気力学
※電機メーカー勤務時には航行体および搭載機器の機械設計・構造解析に従事。 国内特許事務所勤務時には、機械分野や情報処理・画像処理分野を中心として、国内および外国での権利化業務や鑑定業務を数多く担当。 加えて、企業向けの特許セミナーのほか、製品開発の現場に入り込んでの開発支援や特許網の構築支援を長期間にわたり担当。
2012年 レゾナンス特許事務所開設/2016年 ソナーレ特許事務所に改称、代表に就任

→このセミナーを知人に紹介する

<その他関連セミナー>

2020年3月17日 <研究開発に関する>契約上の必須知識と実務ポイント〜共同開発契約書等の作成マニュアルつき〜

日時・会場・受講料

●日時 2020年3月19日(木) 12:30-16:30
●会場 [東京・新宿]新宿エルタワー22階RYUKA知財ホール →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーに際して

■講師より
 特許明細書を作成するにあたっては知的財産部の特許担当者や特許事務所の弁理士などが発明者にヒアリング(インタビュー)をしていることと思います。そしてどの企業も広い権利範囲で強い特許を取得したいと願っています。そのために発明ヒアリングでは発明者からどんな情報をどのように引き出したらよいのでしょうか。一般的な発明者ヒアリングではその発明を理解することに主眼が置かれていますが、それだけでは不十分です。
 従来の書籍やセミナーでは特許明細書の作成テクニックを伝えるものは多くありましたが、特許明細書に何を書くか、そのためにどうやって発明ヒアリングしたらよいかを伝えるものはあまり見かけません。これまで1000件を超える発明提案を受けて発明ヒアリングをしてきた経験と近年の知財高裁の裁判例から、広くて強い特許を取得するための発明ヒアリングのための留意点とテクニックを紹介します。講義の後半には事例演習も予定しています。

■受講対象
・企業の特許担当者または研究開発担当者
・技術者・研究者(発明者)に技術的内容をうまくヒアリングしてより「強い」特許にしようと考えている特許担当者
・特許担当者に技術的情報を伝える側の人(技術者・研究者)

■本セミナーを通じて身につけていただきたいこと
・強くて広い特許の意義・意味
・発明の聞き取りに際しての聴く側、聴かれる側双方にとっての留意点
・聴くだけでなく発明者とディスカッションするためのテクニック

▽歓喜の声、続々!(受講後のアンケートより)
「職場に帰ってから議論できるネタになりました。出願のアイデアがいくつか浮かびました。
5時間かけて受講しに来たかいがありました。面白かったです」(他社特許対応・出願業務)
「説明が非常にわかりやすく、理解の助けになりました」(バイオ研究)
「学生でもわかりやすかったです。ありがとうございました」(大学院生)


■講演中のキーワード
発明、ヒアリング、特許、クレーム

セミナー内容

1.はじめに
  (1) 「強く広い特許」を改めて考える
  (2) 「参入障壁と競争優位」その似て非なる関係

2.特許明細書の作成ノウハウ<知識編>
  (1) 特許明細書の構成と役割
  (2) ヒアリングする前に知っておくべきこと
  (3) クレーム解釈の基本
  (4) 特許明細書はどこから書くか
  (5) メインクレームの作成
  (6) 無駄のないサブクレーム
  (7) 大事な変形例

3.発明ヒアリング 〜7つのステップ〜
  (1) ステップ1 近年重要な「課題」とストーリー
  (2) ステップ2 ひたすら理解と突っ込み
  (3) ステップ3 広さの限界を見極めるために
  (4) ステップ4 ひと言で研ぎ澄ます
  (5) ステップ5 変形例を創作する二つの理由
  (6) ステップ6 落としどころで落とすためのコツ
  (7) ステップ7 「気づきの種」を与えたい

4.事例演習<実践編>
  (1) 仮想事例の説明
  (2) シミュレーション発明ヒアリング
  (3) クレーム・ディスカッション

5.まとめ

*質疑応答・名刺交換・個別相談

セミナー番号:AC200317

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

新時代植物工場

創薬スクリーニング

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.