生体接着材料 セミナー

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
2月
3月
4月
5月〜

化学・電気系 その他各分野
2月
3月
4月
5月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/2/14更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


生体接着材料 セミナー

生体接着材料の概論から分かり易く解説!
生体・医療用接着剤を研究したことが無い方の受講も大歓迎です。

外科・内科領域で使用可能な

生体接着材料の設計と機能

講師

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 機能性材料研究拠点
バイオ機能分野 バイオポリマーグループ グループリーダー
博士(工学) 田口 哲志 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年5月15日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・王子]北とぴあ 7階701会議室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■はじめに
外科手術後あるいは内科的処置後の創部の閉鎖・被覆は基本的な手技の一つであり、縫合糸や創傷被覆材により行われている。近年、手術・処置の低侵襲化、高度化に伴い、血液や浸出液が存在する環境においても生体組織に対して接着性を示す材料技術の開発が望まれている。本講演では、生体接着材料の概論、背景から材料の設計指針、生体組織に対する接着性・メカニズム・生体親和性について説明する。

・セミナー関連情報
がん手術後の炎症を抑える粒子状の被覆材を開発 (2019.07.30)
〜ブタゼラチン疎水化で接着力が大幅向上、内視鏡で噴霧も可能に 深刻な偶発症の予防へ前進〜
https://www.nims.go.jp/news/press/2019/07/201907300.html

呼吸しても空気が漏れない肺手術用接着剤を開発 (2019.02.19)
〜タラゼラチンの化学修飾により実現 ブタ摘出肺で実証し前臨床試験へ〜
https://www.nims.go.jp/news/press/2019/02/201902140.html

■受講対象
・接着剤・粘着剤メーカーの技術者・研究者
・生体・医療分野への参入を検討している新素材メーカーの技術者・研究者
 ※生体・医療用接着剤を研究したことが無い方の受講も歓迎します。

■本セミナーに参加して修得できること
・外科・内科領域における創傷被覆・接着材料開発の現状
・医療用接着剤への要求特性、開発指針、求められる生体適合性およびその評価法
・医療用接着剤の今後の技術展望、市場展望

セミナー内容

1.生体接着材料の概論
  1.1 歯科用接着材料
  1.2 硬組織用接着材料
  1.3 軟組織用接着材料

2.臨床で使用されている軟組織用接着材料の特徴
  2.1 シアノアクリレート系
  2.2 アルデヒド系
  2.3 フィブリン系
  2.4 その他

3.軟組織用接着材料の課題と開発ポイント
  3.1 軟組織用接着材料の要件
  3.2 生体内で用いられる化学反応
  3.3 イメージング技術を用いた生体親和性の定量化方法

4.研究中の生体接着材料および生体組織接着技術
  4.1 ゾル−ゲル型接着材料(呼吸器系、血管組織)
  4.2 噴霧型接着材料
  4.3 リン酸カルシウムによる生体組織接着

5.医療分野における生体接着材料の位置付け
  5.1 生体接着材料の市場構成
  5.2 生体接着材料の将来性


講師紹介

【講師略歴】
1999年4月 通商産業省工業技術院 産業技術融合領域研究所 博士研究員
       亜鉛含有人工骨の合成と評価に関する研究
2002年4月 独立行政法人物質・材料研究機構 生体材料研究センター 研究員
       インジェクタブル組織再生足場、多孔体に関する研究
2015年4月 国立研究開発法人物質・材料研究機構 外部連携部門 
       生体接着材料開発センター センター長
       外科用接着剤、組織再生多孔体、人工骨に関する研究
2016年4月 現職
       外科用接着剤、組織再生多孔体、人工骨に関する研究
2018年4月 国立大学法人筑波大学数理物質系 教授(連係大学院)
       外科用接着剤、組織再生多孔体、人工骨に関する研究

【専門】医用高分子化学/生体界面科学/ゲル

【本テーマ関連学協会での活動】
・日本バイオマテリアル学会 評議員
・日本人工臓器学会 評議員
・日本接着学会 評議員

セミナー番号:AC200534

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

動画配信 統計学入門

データ・プライバシー

自然言語処理技術

新時代植物工場

創薬スクリーニング

異常検知技術と応用提案

各社の化学物質管理

分散技術

中分子医薬品

5G

洗浄バリ 2019

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.