食品衛生法 包装材料 PL ポジティブリスト

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/5/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


食品衛生法 包装材料 PL ポジティブリスト

・6月から導入される器具及び容器包装のポジティブリストについて解説!
 企業対応のポイントも説明いたします。
・海外(米国、欧州、中国)の法規制と日本の状況を比較・解説いたします。

欧州・米国・中国食品容器・包装法規制
改正食品衛生法理解
 〜器具及び容器包装のポジティブリスト制度対応のために〜
<Zoomによるオンラインセミナー>

講師

塩化ビニリデン衛生協議会 専務理事  渡邊 寿弥 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
1986年電気通信大学大学院材料化学専攻修了。同年呉羽化学工業(現クレハ)に入社。
研究開発、事業企画・開発、研究管理業務に従事。PGA企画開発部長、研究管理部長を経て、2017年塩化ビニリデン衛生協議会に出向、専務理理事。

■専門および得意な分野・研究:
・材料化学
・高分子化学

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年5月14日(木) 12:30-16:30
●会場 [東京・東新宿]新宿文化センター 会場での講義は行いません。 
 本セミナーはZoomによるオンラインセミナーに変更となりましたので、お好きな場所で受講が可能です。
 ※PCもしくはスマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。

 ・Zoomアプリのインストール、zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
    →参加方法はこちら


●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。


 ・オンラインセミナー受講用のPC貸出について:
 受講用PC貸出希望の方は、1台 8,800円(消費税/送料込)でお貸出し致します。
 備考欄に『オンラインセミナー用PC貸出希望』とご記入ください。
 またPCの配送先がご登録住所と異なる場合、配送先のご住所も備考欄にご記載ください。
    →貸出PCに関する詳細はこちらをご確認ください。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

■セミナーポイント:
 2018年6月13日に改正食品衛生法が公布された。今まで衛生協議会において業界の自主基準のもとポジティブリストが運用されてきたが、国内においても国の法律のもとポジティブリストが策定され、運用が開始される。この国ポジティブリストは2020年6月1日に施行される。
 本セミナーでは、改正食品衛生法について概要を解説するとともに、今年6月に施行される器具・容器包装の制度改正についてのポイントもあわせて解説する。
 また、海外(米国、欧州、中国)の法規制を今回改正された日本の状況と比較しながら最新状況を紹介し、企業の対応・実務対応上のポイントを解説する。

■参加して得られる知識:
・食品用器具、容器包装に関する国内外の規制動向
・改正食品衛生法の概要
・ポジティブリストの見方、情報伝達およびGMPの対応等、具体的な対応策
・今後の動向と経過措置期間の対応

セミナー内容

1. 欧州における食品容器包装の法規制
 1-1 プラスチック指令
 1-2 プラスチック施行規則(PIM)

2.米国における食品容器包装の法規制
 2-1 食品申請認可(FAP)制度
 2-2 食品接触届出(FCN)制度

3.中国における食品容器包装の法規制
 3-1 食品安全法
 3-2 基礎標準、製品標準GB9685,GB4806
 3-3 方法標準 GB31604

4.日本における容器包装規制
 4-1 改正食品衛生法
  4-1-1 食品安全について現在の日本政府の考え方
  4-1-2 食品衛生法等の一部を改正する法律(平成30年6月13日公布)の概要
  4-1-3 技術検討会等における主な論点
 4-2 容器包装の制度改正のポイント
  4-2-1 改正後の食品衛生法(器具容器包装部分の抜粋)
  4-2-2 対象となる事業者と製品
   4-2-2-1 食品衛生法:器具・容器包装の定義
   4-2-2-2 容器包装・器具の製造事業者の定義
  4-2-3 製造管理基準及び情報伝達に関する省令及び骨子
  4-2-4 我が国と欧米における規制の比較
   4-2-4-1 米国と欧州のポジティブリスト(PL)制度の違い
  4-2-5 ポジティブリスト制度の対象範囲
   4-2-5-1 紙に使用される合成樹脂等について
   4-2-5-2 合成樹脂層(インキ・接着剤等)の取扱い
   4-2-5-3 機能性材料(アクティブ・インテリジェント材料)
  4-2-6 合成樹脂のグループ化方法
  4-2-7 ポジティブリストの形式と読み方
  4-2-8 追加収載の方法
 4-3 容器包装の規格基準および試験方法
  4-3-1 食品用器具及び容器包装に関する食品健康影響評価指針
  4-3-2 事中濃度区分で要求する試験項目等の概要
  4-3-3 既存物質の評価の基本的な考え方
  4-3-4 既存物質の暫定扱い
 4-4 経過措置
  4-4-1 経過措置の期間とポイント
  4-4-2 期間内の企業のアクション

5.企業の対応・実務対応上のポイント
 5-1 情報伝達対応
 5-2 製造管理規範(GMP)対応

-質疑応答-

テキスト資料は紙媒体で送付いたします。
お申込の際、「備考」にテキストの送付先住所をご記載ください。

なお、テキスト郵送のため早めのお申込をご検討ください。

セミナー番号:AC200599

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

化粧品処方

AIビジネス戦略

医薬品・医療機器包装規制

食品・化粧品包装規制

CSV文書作成例

オミクス解析

藻類ビジネス

データ・プライバシー

自然言語処理技術

新時代植物工場

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.