異種材料接合 接着 接合 セミナー 自動車軽量化 ディスプレイ

サイトマップサイトマップ よくあるお問合わせよくあるお問合せ リクエストリクエスト セミナー会場セミナー会場へのアクセス リンクリンク
セミナーのメニュー
  ヘルスケア系
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜

化学・電気系 その他各分野
ライブ配信
5月
6月
7月
8月〜
出版物出版物
新刊図書新刊図書 月刊 化学物質管理Gmpeople
通信教育講座通信教育講座
LMS(e-learning)LMS(e-learning)
セミナー収録DVDDVD
電子書籍・学習ソフトDVD
セミナー講師のコラムです。講師コラム
  ↑2020/5/15更新!!
お申し込み・振込み要領お申込み・振込要領
案内登録案内登録
↑ ↑ ↑
新着セミナー、新刊図書情報をお届けします。

※リクエスト・お問合せ等
はこちら→ req@johokiko.co.jp



SSL GMOグローバルサインのサイトシール  


異種材料接合 接着 接合 セミナー 自動車軽量化 ディスプレイ

★自動車やディスプレイなど様々な製品に必要となる異種材料接合技術について
 基礎からわかりやすく解説。

ガラスが関わる接着・接合技術
〜自動車・ディスプレイ・電子デバイスを中心に〜

講師

Mirasolab 代表 竹田 諭司 先生

* 希望者は講師との名刺交換が可能です

講師紹介

■ご略歴:
 1992年旭硝子株式会社入社.中央研究所にて複数の新商品・新技術開発に従事.2002年より米国イリノイ大学留学,新材料開発に従事.
 2007年よりエレクトロニクス事業部の新事業プロジェクトリーダー, 複数の新ビジネスの企画・立ち上げ・事業化に従事.
  2017年9月旭硝子を退職.
 同年10月MirasoLab代表就任.

■専門および得意な分野・研究:
 技術の専門は,有機EL, LED, 太陽電池, エレクトロニクス&バイオサイエンス部品等の素材表面研究 (薄膜コーティング&表面改質技術, 表面解析)およびレーザー封止技術.
 ビジネスの専門は,新商品・新規事業創出のための効果的な戦略構築, イノベーションマネージメント&マーケティング.

■本テーマ関連学協会での活動:
 ・社団法人日本セラミックス協会ガラス部会役員 2004-2007.
 ・国際ガラス委員会技術委員 2000-2007.
  (International Commission on Glass, Technical Committee 19)

→このセミナーを知人に紹介する

日時・会場・受講料

●日時 2020年6月19日(金) 12:30-16:30
●会場 [東京・浮間舟渡]板橋区立企業活性化センター2階第1研修室 →「セミナー会場へのアクセス」
●受講料 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

 ●録音・撮影行為は固くお断り致します。
 ●講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
 ●講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
  場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。
  *PC実習講座を除きます。


■ セミナーお申込手順からセミナー当日の主な流れ →

セミナーポイント

●要 旨
 接着・接合技術は、高い品質と優れた信頼性を有する製品を支えるキーテクノロジーとして、自動車, ディスプレイ, 半導体・エレクトロニクス製品から我々の生活に密着した消費財に至るまであらゆる分野で用いられている。そして、今日においてはその重要性は益々高まっており (ex. 自動車マルチマテリアル化)、イノベーション実現の要と言っても過言ではない状況となっている。
 こうした状況を踏まえ、本セミナーでは、現在の我々の生活において欠かすことのできない存在となっている“ガラス”という素材を取り上げ、本素材を用いた接着・接合技術の特徴・基礎・応用について自動車, ディスプレイ, 電子デバイスなどの具体的事例を示しながらわかり易く解説するとともに、接着・接合技術の最新動向および今後の展望について述べる。また、これを踏まえ、当該技術を用いた新商品創出および新事業機会について考察する。

セミナー内容

1.被着体としてのガラスの特徴
  1-1  ガラス製造方法
  1-2  ガラス表面の理想と実態の違い

2.ガラスが関わる接着・接合のポイント
  2-1  接着・接合支配因子
   2-1-1 界面結合力;機械的・化学的・物理的結合
   2-1-2 ガラス表面の状態制御
    ・清浄表面を得る(洗浄:薬液・プラズマ・イオン照射)
    ・表面粗化(ブラスト,エッチング)
    ・表面平滑化(メカノケミカル研磨)

3.接着剤としてのガラスの特徴と接着技術
  3-1  ガラス接着剤
   3-1-1 低融点ガラス
   3-1-2 フリット・ペースト
  3-2  接着プロセス
   3-2-1 塗布(スクリーン印刷, ディスペンス)
   3-2-2 焼成
    ・全体加熱(電気炉)
    ・局所加熱(レーザー, IR加熱)

4.ガラスと異種材料との接着・接合技術
  4-1 ガラスとガラスの接着
  4-2 ガラスと樹脂の接着
  4-3 ガラスとシリコンの接合
   4-3-1 陽極接合
   4-3-2 常温接合
  4-4 ガラスと金属&セラミックスの接着・接合

5.ガラスの接着性評価
  5-1 強度評価法
  5-2 接着界面分析法

6.接着・接合技術の最新動向

7.接着・接合技術を用いた新商品創出および新事業機会

8.まとめ

セミナー番号:AC200642

top

注目の新刊

雑誌 月刊化学物質管理

AIビジネス戦略

医薬品・医療機器包装規制

食品・化粧品包装規制

CSV文書作成例

オミクス解析

藻類ビジネス

データ・プライバシー

自然言語処理技術

新時代植物工場

分野別のメニュー

化学・電気系他分野別一覧

  植物工場他

  機械学習他

ヘルスケア系分野別一覧

  海外関連

  医療機器

各業界共通
マーケティング・人材教育等

「化学物質情報局」

特許・パテント一覧 INDEX
(日本弁理士会 継続研修)

印刷用申込フォーム    

セミナー用

書籍用

会社概要 プライバシーポリシー 通信販売法の定めによる表示 商標について リクルート
Copyright ©2011 情報機構 All Rights Reserved.